記念館便り ― 記念館からみなさまへ

記念館便り

こちらでは記念館の最新の情報や近況、そして学芸員やスタッフによる日々のちょっとした出来事など、あまり形を決めずに様々な事を掲載していきます。

2018.09.17 伊丹さんに驚かされること

先日、ご来館のお客様から「映画の特報に映画監督自身が出てくるってなかなか面白いですね!」とご感想をいただきました。

現在常設展示室において伊丹さん自身が出演する、伊丹映画の「特報」を流しており、それをご覧になられてのご感想です。

ちなみに特報とは、映画の完成前に劇場で流す告知映像のことです。


tokuhou0916.JPG


【画像:「マルタイの女」の特報の一部】



伊丹映画の特報の多くは、伊丹さん自身が登場し、「こんにちは、伊丹十三です。今度の映画は~」などと自分の映画についての見どころを語りかける手法で撮られたものとなっています。

映画を観に行くと上映前にいろいろな映画の宣伝が流れますが、そんな中で突然スクリーン上に映画監督自身が登場して、自分の映画の見どころを説明し始める、と想像すると、なかなかシュールな光景ですよね。


この度お客様にご感想をいただき改めて「それにしても伊丹さん、画期的なことしていたのねえ・・・」と感心させられました。




さて、記念館のカフェには伊丹映画「タンポポ」の出演者のデッサン画が飾られているのですが、これらは伊丹さん自身が描いたものです。

実際に映画のポスターの原画として使用されたものなのですが、大変上手に描かれているのでポスターに使われたと聞いても特に驚かなかったのですが、こちらも改めて考えると「映画監督が描いた絵を映画のポスターに使う」というのは、あんまり聞いたことがない話ですよね。

伊丹さんの才能の前では一般的な常識が通用しないことがよくわかります。


yama0916.JPGyaku0916.JPG

「伊丹さんはマルチな才能を持っていて、様々な方面でプロであった」ということをもう十分知っているはずなのに、時折このようにびっくりさせられることがあります。

ということは、伊丹十三記念館にご来館されたお客様には、もっと大きな驚きや発見があることと思います。

機会がありましたら是非、伊丹十三記念館に「伊丹さんに驚かされに」いらして下さいませ。お待ちしています。


pos0916.JPG





スタッフ:川又

2018.09.10 菅井きんさんの名演技

8月10日、菅井きんさんが92歳でご逝去されました。
津川雅彦さんのご逝去から1週間後だったんですね。ご訃報が続き、悲しい夏でした。

"必殺シリーズ"の姑が中村主水をやりこめる「ム・コ・ど・のッ!」があまりにも強烈で面白くて、テレビを見ている最中はもちろん笑ったし、家族みんなで事あるごとに真似してはお腹を抱えて笑ったっけなぁ......というのが、菅井さんに関するもっとも古い記憶なのですが、それとはまったく対照的な『お葬式』でのさりげない演技も、同時期のお仕事だったのですね。

1985年、『お葬式』と『必殺!THE HISSATSU』の演技で、第8回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞をご受賞なさっています。

『お葬式』での菅井さんの名演技といえば、何といっても喪主挨拶の場面。

ososhiki_speech1s.jpg『お葬式』(1984年)
伊丹十三の監督デビュー作です


大人しい、ごく普通のおばあちゃんの4分ほどのスピーチが、葬儀のドタバタをすべて包み込んでしまう、という重要なシーンなのですが、「『お葬式』日記」(1985年、文藝春秋)によりますと、撮影期間中に梅雨入りしたために、このシーンを撮る頃には天候に恵まれず、リハーサルをしては後日に延期、テストをしては延期、カメラを回すと天気が変わって光量が足りず撮り直し――と、なかなかすんなりといかなかったようです。

妻としての心残り、参列者への感謝、これから一人で暮らす覚悟を「きく江」が述べる、そのしみじみとした語りと表情、背景の木々の緑が実に見事なので、難航したなんて信じられません。菅井さんの確かな演技力あってこそですね。撮影現場では、カットがかかったあとに菅井さんと伊丹さんは抱き合って喜び、スタッフ・キャストからは拍手が起こったそうですよ。

ososhiki_speech2s.jpgちなみに、きく江の挨拶に聞き入る面々の「反応」は
別の日に撮影したカットがつながれています

『お葬式』は、菅井さんにも印象的なお仕事だったそうで、上映用パンフレットにこんな言葉を寄せていらっしゃいます。

 台本を読ませていただいて、今までにやったことのない役柄に惹かれまして、自分なりに精一杯やらせていただきました。他の作品に比べて非常に抑えた芝居をしてみましたが、その部分が皆様のお目にとまれば、大成功だと思います。
 この配役を決めて下さった監督さんに、とても感謝しております。

自分が映画を見る楽しさを覚えてから20年ほどになりますが、初めて見る作品に菅井さんが出演していることがたびたびあって、「この映画にも出ていたのね」「こんな役もやってらしたのね」と未知の菅井さんに出会い続けています。これからも、きっとそうだと思います。
菅井きんさんの長いキャリアとお仕事の数々に、感謝をお伝えしたいと思います。
淋しいですが、私たちにこれからの楽しみまで残してくださって、ほんとうにありがとうございました。

*************

伊丹十三記念館では、ご来館くださったお客様へのアンケートを実施しております。


 

enquete2018.jpg



お住まい、ご来館回数、記念館をお知りになったきっかけやご来館の目的など、今後、より多くの方に伊丹十三と記念館を知っていただくための分析材料とさせていただきたく、9月1日に開始いたしました。

ご入館時に少しお手数おかけいたしますが、ご協力いただけますようよろしくお願い申しあげます。

学芸員:中野

2018.09.03 ショップでのお買物

記念館便りをご覧の皆さま、こんにちは。
少しずつ秋の気配を感じるようにはなりましたが、まだまだ暑い日が続いています。夏の疲れも出てくる時期ですので、体調にはくれぐれもお気をつけください!

さて、今年の夏も、本当にたくさんのお客様に記念館にお越しいただきました。

特に7月下旬からお盆を含む8月は、夏休みなどで松山に帰省された方やご旅行の方、ご家族ご友人でのお出かけなどで県内外から多くの方がご来館くださり、展示だけでなくカフェでのひと時やショップでのお買い物を楽しんでくださいました。
本日は、そんなお客様に人気だったショップの商品を少しご紹介させていただきますね。

IMG_8024 (300x200).jpg


まず...先々週の記念館便りでご紹介させていただいた十三饅頭は、やっぱり人気でした!
お土産にと買われる方が目立ちましたが、ご入館されたお客様に限らず、「親戚が来ているのでお茶請けに」「これから帰省で県外に行くので持っていきます」と、以前十三饅頭を召し上がったことがある記念館近くにお住いの方が、十三饅頭を買おうとショップに立ち寄られることも少なくありませんでした。

同じく人気だったのはポストカードやマグネット、缶バッジ、クリアファイルなどの、普段使いにもお土産にも適した商品です。
伊丹さんの描いたイラストや写真などがプリントされたこれらのグッズは、それぞれ絵柄の種類がいくつかあり(例えばマグネットは5種類あります)、楽しみながら選ぶお客様が多くいらっしゃいました。
小中学生の方が親御さんといっしょに選んでいる姿をいつもよりたくさん見るのも、この時期ならではです。お盆に来館された缶バッジ集めが趣味という小学生の女の子が、お母さんに「買うのは2個まで!」と言われ(缶バッジは7種類あります)、長時間「どれにしようかな~」と悩んでいた姿はたいへん微笑ましかったです。

また、「記念館に来て伊丹さんに興味がわきました」という方の多くが、伊丹十三記念館ガイドブックをお買い求めくださいました。中には「伊丹さんのファンの友人へプレゼントします」という方もいらっしゃいました。

十三饅頭をはじめ、ご紹介した商品はすべて記念館オリジナルのものばかりです。ショップだけのご利用でお越しくださる方もたくさんいらっしゃいますので、お近くに来られた際は、ぜひのぞいてみてくださいね。

スタッフ:山岡

2018.08.27 夏の終わりに

処暑を過ぎて8月も終わりに近づくと、まだ暑い日はあるものの、晴れた日には随分空が高くなったように見え、少しずつ秋が近づいているように感じます。
夏の終わりによく思い出す伊丹さんの文章があります。エッセイ『ヨーロッパ退屈日記』の最後に収められている、伊丹さんと音楽の関わりを綴った二章「古典音楽コンプレックス」「最終楽章」からの一節です。


"(前略)その夏のある日、わたくしの「音楽的生涯」における画期的な大事件が持ち上った。
 放浪の旅に出た、一人の無名のピアニストが、わたくしを訪ねてきたのである。"


「古典音楽コンプレックス」『ヨーロッパ退屈日記』(1965年)より


"その日わたくしは縁側に寝そべって、例の、手で捩子を巻く仕掛けの蓄音器で「クロイッツェル・ソナタ」を聴きながらランボーの詩集を読んでいた。
 夏の盛りには、時間はほとんど停止してしまう。たぶん一年の真中まで漕ぎ出してしまって、もう行くことも帰ることもできないのだろう、とわたくしは思っていた。あとで発見したのであるが、人生にも夏のような時期があるものです。"


「最終楽章」『ヨーロッパ退屈日記』(1965年)より


こうはじまる、松山で暮らす高校一年の伊丹さんを訪ねてきた「無名のピアニスト」が夏の終わりに去っていくまでのエピソードが印象深く、この時季によく思い出すのです。
また、「最終楽章」には伊丹さんが描いた蓄音機の挿画があるのですが、こちらも緻密な描写が心に残ります。

2018.0827_1.JPG「最終楽章」 蓄音機の挿画


描かれている蓄音機は、父・万作の形見で、京都から松山に移るときも大切に持ち運んだそうです。
記念館の常設展示室にある「二 音楽愛好家」の文字にも、このイラストが添えてあり、ご覧になったお客様から、「エッセイを読んだことを思い出しました」とお声をかけていただいたことがあります。

2018.0827_2.JPG常設展示室「二 音楽愛好家」コーナー


『ヨーロッパ退屈日記』は、オンラインショップでも取り扱っております。未読の方は、ぜひどうぞ。


スタッフ : 淺野

2018.08.20 松山のお土産に「十三饅頭」はいかがですか?

いよいよお盆も終わりましたね。お盆の記念館は帰省やご旅行のお客様で賑わいました。

記念館の売店では、お盆やお正月は特にお土産向きの商品のお買い上げが目立ちます。


その中でも人気なのはやっぱり「十三饅頭」!



まず、十三饅頭は伊丹十三記念館でしか販売しておりません。
松山で一番有名なお菓子「一六タルト」で知られる「一六本舗」で製造されていますが、販売は記念館限定です。
ということは、まず味に間違いはありませんね。お土産で渡す時も「あの一六タルトの会社で作ってるんだよ~」と付け加えるとより松山感が増してよいですね。

中にはしっとりとした漉し餡が詰まっています。甘い物が苦手な方もご安心下さい!餡の甘さが控えめで大変食べやすいと評判です。

08201.JPG

また、パッケージにも拘っています。

パッケージの黒い部分は外壁の焼杉板をイメージしています。
そしてこの黒い部分は一部くりぬかれていますが、これも記念館の中庭をイメージしているデザインなのです。

08202.JPG

中身は個包装されているので職場などで配るのにも向いていますね。

08203.JPG

あと、よく観光地で偉人の名前が入ったTシャツやらお土産やらというのを見かけますが、それらの字というのは「それっぽくデザインされた字体」を使っていることが多いと思うのですが、この十三饅頭の「十三」という字はなんと伊丹さんの自筆の字を焼印にしているんですよ。

08204.JPG

と言う訳で、配りやすく、味も間違いなく、「松山に行ってきました」感もあり、「十三饅頭」というインパクト大なネーミングも影響して、皆さまがお土産に選ばれるのも納得ですね!

松山でちょっと変化球のお土産をお探しの方は記念館の売店で是非チェックしてみてくださいませ。

スタッフ:川又