記念館便り ― 記念館からみなさまへ

記念館便り

こちらでは記念館の最新の情報や近況、そして学芸員やスタッフによる日々のちょっとした出来事など、あまり形を決めずに様々な事を掲載していきます。

2017.09.18 鰹と時代

9月も半ば、皆様いかがお過ごしでしょうか。

winoshishimo.jpgこの三連休は台風ですね...どなた様もくれぐれもご用心を!

つい先日、帰りに寄ったスーパーで、生のカツオのお刺身を見つけました。しかも、宮城県産。
三陸を離れ、カツオといえばタタキが主流の西日本に住みながら「カツオはやっぱり生でなくちゃ」と言い張り続けて20年、三陸のカツオが生で手に入る日が来るとは......!
それはもう大喜びで買って帰り、物流の発展に感心感謝しつつ、故郷の味をいただきました。そんな時代になったのですねぇ。

食べながら思い出したのですが、カツオというと、『女たちよ!』にこんなエッセイがあるんです。伊丹さんが外国映画出演のためにロンドンに滞在していた頃のこと。

shavedfish.jpgこのような挿絵のついたエッセイです。
さて、イラストの意味は――??

 うちの家主はデリク・プラウスといって日本へもきたことがある評論家であるが、相当な日本通であるからして、うちの台所には常に好奇の目を光らせている。
 梅干や葉唐辛子の瓶を手に取って永い間小首をかしげていたりする。
 彼の趣味は、日本の商品に印刷してある英文の解説を読むことであった。その怪しげというか奇想天外というか、不思議千万の英文を熟読玩味するのが趣味なのである。
 (中略)ある時、彼がごく不思議そうな顔で、これはなんだという。見ると手に「削り節」の箱を持っている。
 つまりそれは固く干しかためたマッカレルを機械で削ったものさ、と説明すると彼はいきなり気が狂ったように笑い出した。
「だって、この箱には鬚を剃った魚と書いてあるぜ」
 そういってますます笑い転げるのである。私も仕方なく少し笑ったが、つまりこういうことなのだ。
 英語で、鉋(かんな)の削り屑を「シェイヴィング」という。鉋で削ることを「シェイヴ」という。それ故に――と鰹節屋の大学生の息子は考えたに違いないのだ――削られた魚は「シェイヴド・フィッシュ」であるに違いない、と。
 語学において三段論法を適用する過ちはここにある。「シェイヴド・フィッシュ」はあくまでも鬚を剃った魚であって「削り節」にはならない。
 強いていえば「フィッシュ・シェイヴィング」でもあろうか。これでも魚の鬚剃り、という印象を免れない。

「髭を剃った魚の話」『女たちよ!』(文藝春秋、1968年)より

このエッセイが書かれてから50年近くが経ち、日本の食文化も世界中で知られるようになりましたから、「カツオ節やカツオ出汁って、今はもう、当時のようにまったく馴染みのないものではなくなってるだろうなぁ」なんて考えていて、フと思いました。

もしかしたら、イギリス人にも日本人にも違和感のない「削り節」の英語表現、決まった言い方が、今はできているのかも!

それで、調べてみましたら――

kezuribushi.jpg

ひっくり返りました。

これは......ほんとうなのでしょうか!? ほんとうに、ケズゥリブシィで通じるのでしょうか......

「ホッホッ、そんな時代になったんですねぇ」と笑う伊丹十三を想像しつつも、単なるインターネット検索の限界のような気もしています。
海外にお住まいの方、ぜひ、試して、結果をお知らせくださいませ。

学芸員:中野

2017.09.11 写真

先日、あるカフェを利用したときのことです。隣のテーブルから「この角度で撮った方がインスタ映えするね!」という声が聞こえてきました。そちらの皆さん、そろってスマホを構えてテーブル上のドリンクやスウィーツを撮影しています。
"インスタ映え"とは、「インスタグラム(Instagram/写真を撮影・共有できるスマートフォン向けのアプリ)に写真を公開した時に映える」――ということですよね。
わたしは利用していないのですが、そういう様子を日頃見聞きするにつけ、多くの方にとってインスタグラムは欠かせないものになっているのだな、と感じます。

そんなインスタグラム、投稿写真に添える言葉に#(ハッシュタグ)をつけておくと、その言葉で検索した際に、タグのついた投稿写真が一覧表示されるのですね。「#伊丹十三記念館」で検索してみますと、記念館にお越しくださったお客様が、撮影ルールを守ったうえで、さまざまな写真を投稿なさっていることがわかります。
撮影場所・対象としては、建物外観や中庭回廊、カフェメニューの十三饅頭やチョコレートケーキが多いようです。

↓こちらは記念館で撮影した写真ですが、確かに十三饅頭とチョコレートケーキは見た目にも楽しいメニューです。

2017.0911_1.JPG十三饅頭
伊丹さんが書いた「十三」の文字を焼印にして押しています。


2017.0911_2.JPGチョコレートケーキ
記念館の外観を模したデザインです。


撮影ルールやマナーを守ることは必要ですが、素敵な写真を誰かと共有したい気持ちもわかります。
記念館では撮影可能な場所と注意事項を定め、受付と常設展示室内に案内パネルを設置し、ご入館なさるお客様にご説明しております。

ご来館時に撮影に関する疑問がありましたら、どうぞスタッフまでお尋ねくださいませ。

------≪お知らせ≫------


4月8日に伊丹十三記念館カフェ・タンポポで開催いたしました、第8回伊丹十三賞受賞記念イベント「是枝裕和×今野勉対談」の採録ページを公開いたしました(コチラからご覧いただけます)。
「伊丹十三とテレビ」をテーマにした貴重な対談です。ぜひご覧くださいませ!

スタッフ : 淺野

2017.09.04 伊丹さんの目撃情報

記念館で働いていると「生前の伊丹さんに会ったことがある」とか「見かけたことがある」とお話し下さるお客様が多くいらっしゃいます。やはり「有名人」ですから、いろいろなところで目撃されていたようです。

本日は数々の伊丹さんの目撃情報の中から特に印象に残っている話を二つご紹介致します。


【エピソード① 事務所に突撃したお客様の話】

そのお客様が十代であった数十年前、雑誌に当時ファンだった伊丹さんの事務所(兼自宅?)の住所が載っており(今では考えられませんね。)お住まいの高知県からお友達とはるばる尋ねて行かれたそうです。

玄関のチャイムを鳴らすと、伊丹さん自身が出てきたそうで「ファンです!四国から会いに来ました!」と伝えると、「今来客中だから、もう少し時間が経ってからおいで」と言われ、高知からお土産に持って行った饅頭を渡して帰ったそうです。
(その後、近所で時間を潰していたそうですが「もう会えたしいいか」ということになり、そのまま別の場所に観光に行ったとおっしゃっていました。お客様曰く「まだ若かったからね」とのことです。)

「嫌な顔一つせず普通に対応してくれたし、後から知ったけどその頃の伊丹さんは食べる物にこだわっていて、甘いものには否定的だったみたいだけど、饅頭も普通に受け取ってくれたよ~」とのことでした。


玄関に突撃されても普通に対応する、器の大きさを感じます。


【エピソード②蕎麦屋で突然伊丹さんに話しかけられたお客様の話】

そのお客様が二十代の頃、行きつけの蕎麦屋さんで、普段から他のお客さんが徳利に残したお酒を店主に頼んで譲ってもらい、飲んでいたそうですが、その日もテーブルに飲み残しの入った徳利をたくさん並べていたところ、来店した伊丹さんに「君は昼間からこれを全部飲んだの?」と突然話しかけられたそうです。

「いや、店主にお客さんの飲み残しをもらって飲んでいます」とお答えすると「君、面白いことするねえ」と感心されたそうです。


気になることがあったら、知らない人にも突然話しかける、好奇心がスゴイです。


以上、印象的なものをご紹介いたしました。なんだかほほえましいですよね。

生前の伊丹さんに会ったことのない自分としましては、このようなエピソードをお伺いすると、伊丹さんと親しい方からお伺いするのとはまた違う側面から伊丹さんの「人となり」が感じられるようで、なんだかとても得をした気分になります。

ちなみにですが、伊丹さんの目撃情報を教えて下さる方々から、否定的な意見は聞いたことが有りません。特別愛想が良かったというよりは、ごく自然に対等に周りに接していたのかな?と想像しています。


最後になりましたが、伊丹さんの目撃情報をお持ちの方は、ご来館の際には是非スタッフに教えて下さいませ。お待ちしています!

kesa.JPG【画像:今朝の記念館。本日の松山は曇空です。】

スタッフ:川又

2017.08.28 宮本館長の挨拶映像と伊丹十三監督作品特報セレクション

「伊丹十三」の名前にちなんで13のコーナーで伊丹さんを紹介している常設展示室。
その常設展示室に入ってすぐ左側に、42インチのモニターがあります。展示室に入るタイミングによって最初に目に入る映像は異なりますが、ここでは、宮本館長の挨拶映像と伊丹十三監督作品の特報セレクションを座ってご覧いただくことができます。
繰り返し観てくださるお客様も少なくないこの映像資料について、少しご紹介しますね。

まずは宮本館長の挨拶映像です。
「伊丹十三記念館にようこそお越し下さいました。館長の宮本信子です」にはじまるこの映像では、「伊丹十三は不思議な人でした」「ここは伊丹十三の家です」――など、ご来館の方に向けて、笑顔の宮本館長が伊丹さんや記念館について話しています。
この映像だけでも「伊丹十三ってこういう人なのか」「この記念館ってこういうところなのか」と感じていただけると思います。特に「伊丹さんってどんな人?」という方や記念館にはじめてお越しくださった方は、最初に観ることで、その後の記念館での時間をよりご堪能いただけるのではないでしょうか。13のコーナーを楽しむ前に、ご覧になってみてくださいね。

IMG_6305 (300x200).jpg

宮本館長の挨拶映像。現在は夏バージョンです(9月末まで)。

同じモニターで伊丹十三監督作品特報セレクションをご覧いただけます。「特報」は映画撮影開始前、または撮影中など、作品が完成していない段階で告知を開始するための映像です。映画館で、作品の上映前にご覧になったことがある方も多いのではないでしょうか。工夫を凝らした様々な特報がありますが、伊丹映画の特報は、なんと監督自身が出演し観客に語りかけるという手法で作られています。

IMG_6306 (300x200).jpg

ご来館のお客様から「伊丹映画を(また)観たくなりました」というお声をよくうかがいますが、その理由として「特報が面白かったので」と仰る方も いらっしゃるんですよ。現在は『タンポポ』(1985年)、『マルサの女2』(1988年)、『あげまん』(1990年)、『スーパーの女』(1996年)、『マルタイの女』(1997年)の5作品の特報映像をご覧いただいています(※特報映像の作品は変わる場合がございますのでご注意ください)。
映画を観たことがある方もそうでない方も楽しめる映像です。お見逃しなく!

ちなみに...
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、この館長挨拶と特報映像を流している同じモニターで、毎月13日の13時から伊丹監督映画作品を1本ずつ上映しています。この8月はお休みさせていただきましたが、9月は13日(水)の13時より、『マルサの女2』を上映いたします!

※詳細や今後の上映スケジュールはコチラ

当日は映画をさらに楽しんでいただけるよう記念館オリジナルのミニ解説もお渡ししています。
お誘い合わせのうえ、ぜひ足をお運びくださいませ。

スタッフ:山岡

2017.08.21 残暑お見舞い申しあげます

今年も暑いなぁ、とホカホカの溜息をつきながら指を折って数えてみましたら、2008、2009、2010......2017、松山へ来て10度目の夏です。
松山じゅうの方(特にご年配の方)が口を揃えて「昔はこんなに暑くなかったんじゃけどねぇ」とおっしゃるので、「"こんなに暑くない"松山はどんなにかステキだろう」との想像が止まりません。

冷夏の地域もあって農作物への影響が心配ですが、みなさまお元気でいらっしゃいますか。心よりお見舞い申しあげます。

さて、東北生まれで暑さに弱い私にとって、読むだにつらい伊丹エッセイがあります。
播州赤穂の「爺さん」に「僕」がインタビューをしている形式で、「入り浜式」時代の過酷な製塩労働が綴られている、ちょっと変わったスタイルのエッセイです。

爺さん:ツチ入れたら、また海水をかけんならんでしょう。海水かけるゆうたかて、あのダイ(高濃度の塩水を濾し取る装置)ちゅうもんは二た坪ぐらいありますがな、四畳敷きの風呂へ水汲むようなもんでっせ。しかもそれが毎日八十(の塩田)でっしゃろ。

僕:フーン――で、その作業は午後ですか。

爺さん:そうですなア、七八月頃でしたら、二時半か三時頃じゃろかなア、炎天の一番暑い時分に、その一番えらい仕事をしよったんですから、それでえらかったんですわ。

僕:足もとはどうしてるんですか?

爺さん:足はもうハダシです。

僕:熱いでしょうが?

爺さん:熱いんですがな。

僕:焼けてるんでしょ、下は?

爺さん:焼けとるんですがな。足がアンタ、どない言うてええんか、ヤケドしたら火ぶくれになりましょ? あないになるんですがな。(中略)夏やったらね、足の裏が白うなってね、ほいで穴があくんですわ。そいつがえらかったんですがな。足の裏にね、こういう、力が入るとこに穴があいたりしてね、それが辛いんですがな。

 

「塩田」『日本世間噺大系』(文藝春秋、1976年)より
初出は雑誌『話の特集』1975年2月号

sekenbanashi_shincho.jpg

この「塩田」は、現在は新潮文庫版の『日本世間噺大系』でお読みいただけるので、多くの方にお馴染みの作品だと思いますが、同じご老人から聞いたお話を元にした別のエッセイがあるんです。ご存知の方はあまりいらっしゃらないと思うので、一節をご紹介いたします。

この間、赤穂へ行って来た。
(中略)宿へ着いてね、出かけようと思ったら、ホラ、下足番っていうの? そのおじいさんが凄く体格がいいのね。で、ア、この人はもしかすると塩田で働いてた人じゃないかなと思って訊いてみると、この勘がピタリと当たったわけよ。五十年も塩田で働いてた人だったわけ。

(中略)いやあ、入り浜式の塩田での労働っていうのは、聞きしにまさる物凄さね。(中略)何が大変だというと、まあ、ともかく重いわけよ。なんたって土と水を扱うわけだからね。ともかく、掻き集めてきた山のような土をダイの中に入れるわけでしょ。しかも、それを毎日八十やるわけでしょ。入れたら今度は水を運んで、それへかけなきゃならんでしょ。(中略)水を入れたら、あとで、また用済みになった土を出し、その土をまた撒くわけだからね。で、土を撒いたら、またその上へ水を撒かなきゃならんでしょう。

これを、カンカン照りの中でやるわけだから、重い上に熱いわけよ。砂なんかもう焼けてるわけだからね。で、その上を裸足で働くわけでしょう。もう、足が擦りむけてさ、皮が破けて肉が出ちゃうわけ。それでもって、下は焼けた砂。しかも塩をまぶした砂よ。もう――なんていうかね。どうする? っていいたくなっちゃうわけよ。

 

大京観光広告『詩のあるまち』シリーズより(日本経済新聞1973年11月9日)

時期的には、こちらのエッセイのほうが1年3ヶ月ほど先に発表されています。塩田の重労働を新聞広告用のエッセイに記した後、今度は自身の雑誌連載で「爺さん」の言葉として伝えたい、と考えたのかな......というのは私の推測なのですが、真夏の炎天下にも真冬の冷たさの中でも、海水と、海水を浸み込ませた重い土を運び続けたご老人の話は、伊丹さんの心を強く捉えたようですね。

enden_nikkei.jpg

広告エッセイは、現在の企画展「ビックリ人間 伊丹十三の吸収術」で紙面ごと展示しております。塩田のお話、文庫で、展示で、ぜひお読みください。

朝夕の空の色や空気に秋を感じるようになってきましたが、少し涼しくなってきた頃が、夏の疲れの出る頃です。みなさま引き続きご自愛くださいませ。

学芸員:中野