記念館便り ― 記念館からみなさまへ

記念館便り

こちらでは記念館の最新の情報や近況、そして学芸員やスタッフによる日々のちょっとした出来事など、あまり形を決めずに様々な事を掲載していきます。

2018.08.13 津川さんと伊丹映画

8月4日、津川雅彦さんが78歳でご逝去されました。

芸能一家に生まれ、若くして映画スターになり、出演作品・監督作品でエンターテインメントに身を捧げ、知的で気さくなトークでも、たくさん楽しませてくださいました。
スクリーンの中、テレビ画面の中の津川さんのお姿には、長年にわたって日常的に慣れ親しんできたので、寂しくて、まだちょっと信じられないような気もしています。

津川さんは、多くのご訃報のニュースで紹介されたように、伊丹映画の常連でいらっしゃいました。10本の伊丹十三脚本監督作品のうち、9本にご出演なさっています。

marusa_hanamura.jpg『マルサの女』ポスター(企画展に展示中)より

そして、インタビューをお受けになるたびに、転機になった作品として伊丹映画を挙げ、伊丹さんとの仕事について熱心に語ってくださった方でもあります。つい先日も、テレビでこんなふうにお話ししてくださったばかりでした。


「しつこい監督、でも、いい監督だから、(細かい注文に対応できるように)1シーンにつき2週間かけてセリフを臓腑に叩き込みました。そうすると芝居が自在になる、つまり、芝居が軽くなるってことが分かった」「だけど、上手くなればいいってもんじゃなくて、役者はやっぱり存在感。人間性を磨いていくのが大事。そういうことにも気付かされました」(2018年7月11日放送、BS朝日「昭和偉人伝 長門裕之/津川雅彦」)

 

shinchofilms_13dvd.jpgなぜ「臓腑に叩き込む」ほどセリフを練習する必要があったのか......
書籍『伊丹十三の映画、DVD『13の顔を持つ男』の
津川さんインタビューをぜひご覧ください。

フランス帰りの精神科医、老婆を追いかけまわす食料品店の店主、人間味で脱税者に迫る国税査察官、女次第で出世したり没落したりの銀行員、サミットの開催準備に頭を悩ませる外務省官僚、ワガママな癌患者に翻弄されて成長するエリート外科医、ダメスーパーを立て直していくダメ専務、愛する女優を守るため死を選ぶテレビ局の局長――


こうして書き並べてみるとオファーされた役の幅広さに驚くと同時に、伊丹さんが津川さんをどれほど頼みにしていたかがよく分かりますね。

劇場用パンフレットのキャスト紹介には、津川さんについてこのように書かれています。

「芸者にもてる役人」という注文が伊丹監督からあったというが、さして外側を作るでもなく、本人そのままのようでいて、いつの間にか役になりきってしまっているのがこの人の魅力でもありスケールの大きさだろう。森雅之亡きあとの大きな穴が、今、彼によって埋められようとしている。マルサの女』パンフレットより

 

「自然体の人」と伊丹が呼ぶように、実に自然でいて、大人の色気や可愛さを持っている。昔のスターは森雅之にしても池部良にしても佐田啓二にしても、佐野周二や上原謙にしても、実にきっちりと「しがない勤め人」がやれたもんだが、この人はそういう昔の映画スターの良き伝統をひいている。マルサの女2』パンフレットより

お別れは悲しいですが、津川さん亡きあとの大きな穴を埋める俳優が今後出てくるかもしれません。次のスターの到来をじっと待つことにいたします。

あちらへ到着したら、映画について、エンターテインメントについて、日本人について、伊丹さんと大いに語り合われることでしょう。
こちらに残る私たちは、津川さんの素晴らしいお仕事をずっと語っていきたいと思います。ありがとうございました。

学芸員:中野

2018.08.06 懐かしい言葉

お正月やゴールデンウィーク、夏休みなどの時期には、以前愛媛に住んでいて県外から帰省され、地元のご家族やご友人とのお出かけで記念館にお越しくださる方がたくさんいらっしゃいます。

今年はそんな方々から、「懐かしいですね~」というお言葉を特によくうかがいます。

ご覧になられたのは、昨年12月から開催中の企画展「おじさんのススメ シェアの達人・伊丹十三から若い人たちへ」 でご覧いただけるスペシャル映像「伊丹十三による正調松山弁シリーズ 一六タルトCMセレクション」。
伊丹さんが手がけた一六タルトのCMの中から成績篇、手洗い篇など7篇を紹介する約5分の映像では、伊丹さんが「もんたかや」等、昔ながらの松山弁で語りかけてきます。

CMが放映されていた時にリアルタイムでご覧になっていた方は「このCM覚えてる!」「学生時代に観た!」など、お連れ様と話が弾むことも多いそうです。
また、映像で流れる松山弁自体を懐かしむ方も少なくないようで、先週お越しになった、小さい頃松山に住んでいたという東京からのお客様は「両親や祖父母が話していた言葉を思い出しました」と仰っていました。

方言はそれを耳にしていた頃の記憶を呼び起こしますので、それをきっかけに、ご家族ご友人同士で当時の話をするのもいいかもしれませんね。

180806IMG_7906 (300x200).jpg180806IMG_7908 (300x200).jpg

ちなみに、CM自体が面白いので、観たことや松山弁を聞いたことがなくてももちろん楽しめますが、意味を推測してみるのも面白いと思います。特に、この企画展の映像には標準語の字幕がついているので、「答え合わせ」ができるんですよ!
地元の方でも知らない言葉があって、「こんな方言もあるんだなぁ」と思われるかもしれません。
記念館にお越しの際はぜひご覧になってください。

スタッフ:山岡

2018.07.30 猛暑

日本各地で猛烈な暑さが続き、熱中症による被害がニュースでたびたび報じられていますね。
この夏に松山への旅を計画していらっしゃる皆さま、炎天下を歩くときは特に、体調を崩されませんようお気をつけください。

旅の目的地が決まったら、各目的地までのルート・手段をあらかじめ確認しておくと移動もスムーズになることと存じますので、公共の交通機関で当館にお越しいただく際のポイントをご案内いたします。

松山市内中心部の伊予鉄道・松山市駅方面から当館へお越しいただく際は、バスが便利です。伊予鉄バス・砥部線に乗車し、記念館の最寄り停留所「天山橋」で下車、そこから徒歩3分ほどです。
松山市駅から郊外電車(伊予鉄道・横河原線)に乗車し、「いよ立花」駅から徒歩でお越しになるお客様もいらっしゃるのですが、いよ立花駅から当館までは徒歩20分ほどかかります。炎天下の20分は大変ですので、この時期はバスをおすすめいたします。

また、道後方面からお越しの方もいらっしゃることと存じますので、市内電車(路面電車)「道後温泉」電停から市内電車と路線バスを乗り継いで当館までお越しいただくルートをご案内いたします。


● 市内電車「道後温泉」電停 乗車
  ↓(乗車時間約11分)
● 市内電車「大街道」電停 下車
  ↓(徒歩約2分)
● 路線バス(伊予鉄バス「森松・砥部線」)「大街道」バス停 乗車
  ↓(乗車時間約15分)
● 路線バス「天山橋」バス停 下車
  ↓(徒歩約3分)
● 伊丹十三記念館


路面電車での移動はのんびりしていて楽しいですよね。水分補給をしながら、お時間にゆとりを持っていらしてくださいませ。

2018.0730_1.JPG国道33号線から見える焼き杉板の黒い外観と、この看板が目印です


記念館に到着して入館受付を済ませたら、まずは入館者様専用カフェ・タンポポでひと休みなさるのも、暑い日にはおすすめです。

2018.0730_02.JPGカフェ・タンポポ 夏の人気メニューのひとつ・ジンジャーペリエ(600円)


皆さまのお越しを、お待ち申し上げております。

2018.0730_3.JPGスタッフ : 淺野

2018.07.23 伊丹十三記念館はお盆期間中休まず開館しています

梅雨も明け、いよいよ夏到来ですね。
学生さんは夏休みが始まった方も多いのではないでしょうか。

伊丹十三記念館もいよいよ庭木に水遣りをする季節がやってきました。

普段はエアコンの効いた部屋で事務作業をしていることが多い記念館スタッフにとっては結構過酷な仕事となっていますが、記念館の木々を枯らさないためにと、日焼けと熱中症に気をつけながら今日も水遣りに励んでいます。

DSC_0467.jpg
ところで、今年の夏休みのご予定はお決まりですか??

お盆の前後に夏休みを取られる方も多いのではないかと思いますが、ご安心下さい。伊丹十三記念館はお盆期間中休まず開館しております。

ちなみに記念館の8月の休館日は以下の3日間となります。


8月  7日(火)
8月21日(火)
8月28日(火)

毎週火曜日を休館日としておりますが、8月14日の火曜日は先ほどお知らせしました通りお盆まっただ中ということで開館致します。

帰省の方にも、ご旅行に来られる方にも、一人でも多くの方にご来館いただきたく開館することにしております。


この機会に皆さまお誘い合わせの上、松山へ、そして伊丹十三記念館へ是非ご来館下さいませ。

スタッフ一同心よりお待ち申し上げております。




スタッフ:川又

2018.07.16 「新潮文庫の100冊」に選ばれました!

先日、入荷した書籍を粛々と検品中の山岡さん(グッズ担当)の横を通りかかりましたら、見慣れない色彩が目に飛び込んできました。

何やら、黄色い帯がついています。

 europe_kyunta2018.jpgeurope_kyunta2018_2.jpg
 
わあ、新潮社が毎年行っている夏のフェア・新潮文庫の100冊に伊丹十三の初エッセイ集『ヨーロッパ退屈日記』が選ばれたんですね! とっても嬉しいです!!

読書家には程遠い私でも、ラインナップを見ると、読んだことのある名作がそこかしこに......その中に『ヨーロッパ退屈日記』が加わっているとなれば、感激もひとしお。

近年、店主の厳選ぶりを楽しみながら本を探せる、お洒落でコンパクトなセレクト書店もずいぶん増えてきましたけれど、この季節、大きな書店のフロアの一角に、文庫本が揃いの帯をまとって並び、広告パネルが掲げられていると、条件反射的に読書欲をそそられます。出版各社の文庫フェアは、夏の風物詩として心身にしみついているところがありますね。

10代、20代の頃、夏のフェアがきっかけで手に取った本がいくつもあったことを思い返しつつ、『ヨーロッパ退屈日記』が今の若い方々の目にとまって、この一冊からどんどん世界を広げていってくださるといいな、生涯のお供にしていただけるといいな、と願っております。
もちろん、大人の方もぜひ。親御さんからお子さんへの贈り物にもぜひ。

cicada2018.jpg 


梅雨が明け、朝夕、記念館の庭ではセミの合唱が聞かれるようになりました。

このたびの大雨では、ご心配のお問い合わせもいただきましたが、幸いなことに被害はございませんでした。スタッフ全員、元気に勤務しております。
県内外で被害に遭われた方々への労りと応援を忘れずに、記念館はいつも通り開館して、お客様をお迎えしてまいります。ご来館を心よりお待ちしております。

学芸員:中野