記念館便り ― 記念館からみなさまへ

記念館便り

こちらでは記念館の最新の情報や近況、そして学芸員やスタッフによる日々のちょっとした出来事など、あまり形を決めずに様々な事を掲載していきます。

2020.09.21 原画もお楽しみください

記念館便りをご覧の皆さま、こんにちは。まだ暑い日が続いていますが、朝晩には少し肌寒さを感じるようになりました。夏の疲れが出始める頃ですので、皆さま、どうぞご自愛くださいね。

さて記念館に来られるお客様には、伊丹エッセイを読んだことがあるという方がたくさんおられます。
多くの方々に親しまれ、読まれ続けている伊丹さんのエッセイですが、その文章だけでなく、添えられたイラストもいい!という方がたくさんいらっしゃいます。

0921.jpg『女たちよ!』(新潮文庫)掲載の「二日酔いの虫」より

どことなくユーモラスなイラスト、緻密なイラスト等々。
ご存じの方が多いと思いますが、エッセイをより味わい深くする伊丹エッセイの挿絵は、イラストレーターとしても活躍した伊丹さん自身が描いたものが多くあります。伊丹エッセイを読むと、エッセイストとイラストレーター、両方の伊丹さんを一緒に味わえてしまうんですね。

ここ記念館には、そのイラストの原画がいくつか展示されています。伊丹さんは裏返した原稿用紙にイラストを描くことが多かったそうで、そんな原画ならではの感じもご覧いただけます。印刷されて書籍の中で文章と一緒に楽しむイラストと、また違った印象を持たれるのではないでしょうか?
記念館にお越しの際は、ぜひ原画もご堪能ください!

0921-1.png

常設展示室(六)イラストレーターのコーナー
(※2020年9月時点の展示です)

そして原画を楽しまれたら、グッズショップでマグネットや缶バッジ、ゴム印、Tシャツなど、伊丹さんのイラストを使用したグッズもご覧ください。もちろん記念館のオリジナル商品です!オンラインショップでもお求めいただけますので、ご興味のある方はチェックしてみてくださいね。

0921-3.png0921-4.png

0921-2.png

オンラインショップはコチラをクリック

スタッフ:山岡

2020.09.14 しそとちりめんじゃこのサンドウィッチを作ってみました!


ある日のお昼休み。

私はお腹が減ったので伊丹十三記念館の南を流れる小野川を渡ったところにあるスーパーマーケット「セブンスター石井店」にお買い物に行きました。

買って来たのは、まずマヨネーズ。

20201914-1.JPG

ちりめんじゃこにパン。


20200914-2.JPG

そして決め手はコレです。しその葉っぱです。


20200914-3.JPG


パンにマヨネーズを塗り、


0914mayo.JPG


しそとちりめんじゃこをのせて、さあ出来上がり!


0914hiraki.JPG



はい、美味しいです。

この美味しさを、記念館便りをご覧の皆様にご報告いたします!




・・・という訳で、この度、先月「記念館便り」にてご紹介させて頂いた伊丹さん出演の「味の素マヨネーズ」のコマーシャルに登場する「サンドウィッチ」を実際に作ってみたところ、大変美味しかったので、伊丹さんのコマーシャル風にご報告させて頂きました。

マヨネーズとしそとちりめんじゃこ。
この組み合わせ。
それは美味しいに決まっています。



皆様も機会がありましたら作ってみて下さい。
そして繰り返しになりますが、伊丹さん作のこの『味の素マヨネーズ サンドウィッチ編(1985)』のコマーシャルもDVD『13の顔を持つ男』や記念館の常設展示室にて是非ご覧下さい。



0914dvd.JPG

【写真はショップのDVD『13の顔を持つ男』売り場。
『13の顔を持つ男』には、味の素だけでなく一六タルト、西友、
ツムラなど、
伊丹さん制作のCMの数々が収録されています。】




0914cm.JPG【写真は常設展示室 十二「CM作家」のコーナー。
CM映像に加え、絵コンテやメモ、
ナレーション原稿等を展示しています。



スタッフ:川又

 

 

 

2020.09.07 『松山百点』掲載のご案内

『松山百点』2020年錦秋号で伊丹万作・伊丹十三・記念館についてご紹介いただきました。10ページもの大特集です!

伊丹十三との出会いから記念館設立までを語った玉置館長代行のインタビューも、2ページにギッシリ凝縮されています。記念館リピーターの方、まだの方、どちら様もぜひぜひお読みくださいませ。

20200907_hyakuten.JPG年6回、隔月(奇数月)発行です。

『松山百点』はA6判64ページの小冊子なんですが、松山や愛媛の町の歴史、偉人伝、産業、伝統工芸、おいしいもの、それらに携わっている方々のお話などなど、文化情報がギュッと詰まっていて、わたくし実は、毎号、愛読しております。(「送りたいね!松山のポストカード」のページがこのところのお気に入りです)

特集テーマが実に多彩でして、最近のものを挙げてみますと――

「お茶」「砥部焼」「地域の大学」「古道具屋」「鯉のぼり」「松山鮓」「とべ動物園」「夏祭り」

全国的に知られている名物・名所だけでなく、日常生活でおなじみのものも取り上げられていますよねぇ。「へえ、そうだったの~」と感心しながら読み終えると、「今度あのお店にいってみよう」「あの界隈は時々行くから次はちょっと寄り道してみよう」と、街歩きしたくなるんです。

表紙に「松山の伝統と文化の再発見」とあるとおり、松山の方が"わが町"への興味・理解を深めるのにうってつけの冊子であると同時に、「観光スポットをたくさん廻るよりも、ゆっくり歩いて町全体の空気や地元の人の生活を感じるほうが好きだな」という旅行者の方にも、大いにご参考になると思います。

20200907_hyakuten2.JPG

さて、この、気軽に手に取りフムフムと読める『松山百点』。どうすれば手に入るかと言いますと......なんと無料なんです!

発行元・松山百店会に加入しているお店や市役所・観光案内所・文化施設など(詳しくはこちら)で配布されていますので、見つけたら1冊もらっておきましょう。
何しろA6判ですから、かさばるものではありません。カバンに入れておけばさえ、電車やバスの中、何かの待ち時間、ティーブレイクのお供に、あるいはゴロゴロしながら、いつでもどこでもサッと取り出してフムフムできます。

ウェブ版ではバックナンバーも公開されています。
2020年錦秋号をお楽しみいただいた後は、ご興味のあるジャンルの記事を探してみてください。

20200907_yukuakiya.JPG― 行く秋や 手をひろげたる 栗のいが ―
『松山百点』でご紹介いただいた「伊丹万作の手作りかるた」は
企画展示室で秋の句の札8組をご覧いただけます。

学芸員:中野

2020.08.31 手書きのメッセージ

最近、テレビ番組やニュース記事などで、手書きの手紙や(絵)葉書を送る方が増えていると目にしました。

手書きの文字はそれだけでオリジナルですし、使用するペンや貼る切手、選んだ便箋や葉書のデザインからも、書いた人の人柄や表情が伝わってきますよね。そこに、気軽な対面でのやり取りが難しくなってしまっている現状も加わって、手書きのメッセージを送ろうと思う方が多くなっているのだそうです。デザインを選んで、書いて、投函して、配達されて――と時間を要しますが、確かに、送る側にも送られる側にも、手軽にメッセージを送りあえるメールやSNSとはまた違った楽しみがある気がします。
この便りをご覧の皆さまの中にも、この夏、手書きの暑中お見舞いや残暑お見舞いを送ってみた、もしくは受け取らたという方がいらっしゃるのではないでしょうか。

さてそんな手書きのメッセージを送るグッズとして、記念館ではポストカードと一筆箋があります。
 
 
20200831-1.png
 ポストカード売り場
 
一例ですが、以前ショップで、「友人にすすめられて観た映画『タンポポ』が面白かったので、これに感想とか書いて送ります!」と仰って『タンポポ』の映画ポスターをプリントしたポストカードを買われたお客様がいらっしゃいました。早速その場でメッセージを書き込んでおられましたが、そんなポストカードを受け取るのも楽しそうですね!
 
映画ポスターや伊丹さんの写真、描いたイラストなどデザインをいろいろ取り揃えていますので、ご自分の気に入った、また、相手の方の反応を想像しながら選んだポストカードで、手書きのメッセージを送ってみるのはいかがでしょうか。 
 
また、可愛らしいタンポポがプリントされている一筆箋は、ちょっとした一言を伝えるのにおすすめです。優しい手触りのアラベール紙を使っており、厚手の紙ということもあって2つ折りにしてカードとしてもお使いいただけます。
同じくタンポポ柄の封筒もございますので、ぜひ日常でやり取りする物や書類に添えてみてください。
 
 
20200831-2.png
 一筆箋と封筒
 
どちらもオンラインショップで取り扱っていますので、ご興味のある方はチェックしてみてくださいね。
 
スタッフ:山岡

2020.08.24 味の素マヨネーズを使った簡単レシピをご紹介します


本日は、夏にぴったりのとある簡単レシピをご紹介します。


「まずマヨネーズ、ちりめんじゃこにパン。そしてなんと言っても決め手はコレです。しその葉っぱね。
パンにマヨネーズを塗り、しそとちりめんじゃこを手巻きにしてパクリ。」


簡単!


これは実は伊丹さんが出演していた「味の素マヨネーズ」のコマーシャルの一部です。


 

20200823cm1.jpg20200823cm2.jpg

【「味の素マヨネーズ サンドウィッチ編」(1985年)】

 


伊丹さんがお友達と長電話をしながらこの手巻き風サンドウィッチを作り上げるという設定のコマーシャルで、電話しながらあちこちに移動し、この料理を片手でちゃちゃっと作り上げ、最後に「電話の向こうの友人は私のこの快挙にまだ気が付いていない。」と締めくくります。



電話をしながらできるぐらい簡単手軽に美味しそうな料理を紹介されると「じゃあ作ってみようかしら」から「じゃあ味の素マヨネーズを買ってこようかしら」となりますよね。



このCMは記念館の常設展示室でもご覧いただけますし、DVD「13の顔を持つ男」にも収録されています。機会がありましたら是非ご覧下さい。撮影は数々のCMの舞台となった湯河原の住まいです。


そして、しそとちりめんじゃこのサンドウィッチも是非作ってみて下さい。

 

スタッフ:川又