記念館便り ― 記念館からみなさまへ

記念館便り

こちらでは記念館の最新の情報や近況、そして学芸員やスタッフによる日々のちょっとした出来事など、あまり形を決めずに様々な事を掲載していきます。

2021.01.25 寒い景色の作り方

寒中お見舞い申しあげます。皆様、お変わりありませんか。
この冬の寒さは、やけに心身にこたえるような気がします。でも、もうすぐ節分。2月2日が節分となる暦は明治30年以来だそうです。つまり、今年は1日早く春が来る...はず! 暖かくなるまでしのいでまいりましょうね。

さて、伊丹映画にも、寒さが骨身に染みてくるような、冬のシーンがいくつかございます。

映画における季節の演出は、その場面の雰囲気づくりに大いに関わるものであるとともに、時間の経過を視覚的にあらわすのにも有効な手段でありますが、冬らしさを表現したい場面だからといって寒い季節・寒い土地で撮影できるとは限りません。カメラを回すにあたっては、さまざまな工夫が凝らされているのです。

一例を挙げますに、『マルサの女』(1987年公開)、ファーストシーンのファーストカット。

雪の日。ひどく陰気な病院にロールスロイスが到着し、男が二人(山崎努さん・室田日出男さん)降りてくる......という場面――



20210125_marusa_1.png20210125_marusa_2.png20210125_marusa_3.png

――ここで病室の窓越しに見えている雪景色は「作り物」なんです。
降る雪は発泡スチロールの粒、地面に積もった雪は樹脂に起泡液を混ぜてコンプレッサーで敷きつめたもの、手すりと窓の桟に乗っているのは、なんと塩。ついでに言うと、窓の桟も美術スタッフの手作りだとか。

このシーンの撮影は、1986年11月17日、今は新国立劇場が建つ場所にあった「東京工業試験所の跡地」で行われました。
撮影現場に密着したメイキング『「マルサの女」をマルサする』(構成・演出:周防正行さん)で、その様子をちょっと覗いてみましょう。

20210125_marusamaking_1.png窓から見える範囲にだけ雪景色をこしらえます。
「塀で視界を遮れば、雪を積らせるのはその手前だけでOK」
というわけで、塀も作り物。しかもとっても部分的!

 

20210125_marusamaking_2.png「料理に近いネ、どっちかと言えば」と
手すりに塩をまぶす伊丹監督、の図。

監督自ら撮影の一部始終を記録した『「マルサの女」日記』(1987年・文藝春秋)を紐解きますと、この日の撮影準備についてはこんなふうに記されています。

 自分は窓のすぐ外の階段と手すり、そして窓枠に積った雪を塩で作る。やはり自然現象を手で作るのはとても無理だ。非常に難しい。助監督久保田、装飾石田登両君と、まるで細工物を作るように、息をつめて塩を積む。(中略)
 結局、全午前中を雪、その他の準備に費し、昼頃やっと本番。
 雪を降らし、窓をヤカンの湯気で曇らせ、遠くのビルの煙突にスモークを焚いて煙を出して(暖房の排気の湯気のつもりである)すかさず本番。

「とても無理」「難しい」と降参したかのような書きぶりの伊丹監督ですが、メイキングビデオでは、この作業に夢中になっている姿(超・楽しそう)、そして「ほとんど芸術の域に達してる」との自画自賛発言(超・嬉しそう)もバッチリ捉えられていました(笑)

ちなみに、主人公の勤務先「港町税務署」のシーンも、同じ東京工業試験所跡地で撮影されたのだそうですよ。"映画の中の世界"がいかに作られているか、本編で、メイキングで、どうぞお楽しみください。

※伊丹映画のメイキングビデオは、「伊丹十三 FILM COLLECTION Blu-ray BOX Ⅱ」(23,000円+税)の特典ディスクに収録されています。

学芸員 : 中野

2021.01.18 伊丹さんについて語られたお話

突然ですが、皆さまは伊丹さんについて語られたインタビューの映像を観たり、文章で読んだりしたことはありますでしょうか。

仕事で、私生活で、伊丹さんとご縁のあった方々が具体的なエピソードを交えて話す「伊丹さん」は、映画や著書などの作品を通してイメージする「伊丹さん」とは、また少し違った印象を受ける方が多いと思います。

本日はそんなお話を聞ける(読める)商品を、記念館ショップから2つご紹介させていただきますね。

まずは「DVD『13の顔を持つ男-伊丹十三の肖像』」。
伊丹さんの生涯を142分にわたって紹介しているこのDVDには、数々の貴重な資料映像とともに、伊丹さんとゆかりのある18名のインタビュー映像が収められています。
伊丹さんの同級生のお話や、仕事や趣味、人となりについてなど、より等身大の伊丹さんをイメージできるようなお話を聞くことができますよ。

※詳細はコチラをご覧ください。

20210118-1.png

記念館ショップのDVDスペース

そして、特に伊丹映画を観たことがある方には書籍「伊丹十三の映画」(新潮社)もおすすめです。出演者、スタッフ、関係者など、伊丹映画に携わった総勢43名が、当時を思い出し伊丹さんや伊丹映画について語っています。
たくさんの方々の証言を通じて「映画監督・伊丹十三」が浮かび上がってくる、読み応えのある一冊です!

20210118-2.png

「伊丹十三の映画」(新潮社)

「伊丹さんってこんな一面もあったのね」と、新しい発見があるかもしれません。

ご紹介したDVDや書籍はオンラインショップでお求めいただけますので、ご興味のある方はぜひどうぞ!

スタッフ:山岡

2021.01.11 あけましておめでとうございます


新年あけましておめでとうございます。

今年も伊丹十三記念館をどうぞ宜しくお願いいたします。

今年も例年通り1月2日より開館しています。


210111-3.JPG


そして毎年、1月2日には宮本信子館長の記念館便りを更新しています。

宮本館長の記念館便りは年に一回、二回程の更新ですので、もしもまだご覧頂いていない方がいらっしゃいましたら、お見逃しのないようご覧下さい。

さて、わたくしの今年のお正月はと言いますと、去年のお正月に中野学芸員が記念館便りで紹介していた「一六本舗」の「花びら餅」を買いに行ったのですが、一足遅かったようで販売が終了していました...その時に貰って食べたら大変美味しくて感動したのです。1年間楽しみにしていたのですが残念。

しかし、店内に新年にふさわしいナイスなネーミングの別のお菓子を見つけたので代わりに購入しました。伊予柑味のマドレーヌその名も「いーよかんしかしない」 柑橘の爽やかな味がとっても美味しかったです!


210111-2.JPG210111-1.JPG


【画像:パッケージもハッピーでポジティブな伊予柑マドレーヌ「いーよかんしかしない」】



という訳で、良い予感しかしない2021年も伊丹十三記念館をどうぞよろしくお願い申しあげます。





スタッフ:川又

2021.01.02 館長・宮本信子から新年のご挨拶




akeome2018.gif

tanpopo2.png


今年もよろしくお願い申し上げます。


今の時期、私はなかなか松山に行けません。
いつかその日が来る事を願っております。


そして、受付に立ってお話ししたり、握手をしたり、
お写真を撮ったり~~(笑)
思いっきり笑ったりしたいですね。



私は暫く不在ですが、金曜日に更新される「みなさまの声」を
読むことをとっても楽しみにしております。


是非とも記念館に遊びにいらして下さいませ。


御来館をスタッフ一同、お待ち申し上げております。



              

館長 宮本信子

2020.12.21 冬至

本日12月21日は冬至だそうです。
夏の間は19時過ぎまで明るさが残る松山の空も、近頃は18時の閉館時間を前にトップリと暮れるようになりました。

 20201221_gaikan.JPG

日暮れが早いというだけでこんなにも気分が変わるものかと驚きますが、戸締りをして記念館を出ると、やけに物悲しい、うら寂しい、心細い気持ちになることもあり......そんなときは「家に着いたらあったかいものを食べてハッピーになってやる!」というのが、暗くて寒い帰り道の心の支えになりますね。

というわけで、この冬トライしてみたいと思っているホカホカ料理をひとつご紹介。
それは、伊丹エッセイではこのように書かれているのです――

 この間、菊正宗の工場からテレビ中継をするということがあり、その時、おみやげに大量の酒粕をいただいた。その酒粕を睨んでいるうちに、ふと、粕汁を作ってみたいという欲望がむらむらと沸き起こったのである。早速魚屋に電話して新巻きの頭を二つばかり取り寄せて調理にかかる。このとき、圧力鍋を使ったのが勝利の原因であった。私は玄米食者であるから当然圧力鍋を持っている。この圧力鍋で鮭の頭を三十分ほど煮て、粕汁へぶち込んだ。

 一口食べてみて、女房が「アレッ」と言った。私も「オッ」と叫んだ。うまいのである。まさに「ほっぺたが落ちそう」という味なのである。カンヅメの鮭のごとく新巻きの頭が骨までグサグサになっている。グサグサの骨と、とろりとした脂っこい皮! あとは「ウム」とか「エヘ」とか「オッホッホ」とか声にならぬ歓声をあげながら鍋一杯の粕汁を親子三人でむさぼるようにして平らげてしまった。

伊丹十三「正月料理」『ぼくの伯父さん』(つるとはな)より

――ねっ、試してみたくなりますでしょ?


忘年会なし、帰省なし、ションボリとお過ごしの方がたくさんいらっしゃることと思いますが、お家ごはんで「オッホッホ」と言えたら、それはそれで、いい年の瀬になるような気がいたします。

20201221_sakekasu.JPGシロザケの不漁で新巻鮭が手に入りにくくなっているので
エッセイとまったく同じにはできないかもしれない...と思いつつ
酒粕を2種類も購入するなど準備に余念のないわたくしであります(笑)

1年でもっとも夜が長い、ということは、今日を過ぎれば明るくあったかくなる一方、ということでもあります。
夜のあとは朝、冬のあとは春、それならば、災いのあとは福にちがいない! と期待して、2020年の記念館便りのしめくくりとさせていただきます。

みなさま、なおいっそうご自愛・ご用心いただきまして、よいお年をお迎えくださいますように。

学芸員:中野


<年末年始 休館・開館日のお知らせ>

2020年12月28日(月)~2021年1月1日(金)は休館いたします。
1月2日(土)3日(日)は開館時間を10時~17時(最終入館16時30分)とし、
1月4日(月)より通常開館いたします。