記念館便り ― 記念館からみなさまへ

記念館便り

こちらでは記念館の最新の情報や近況、そして学芸員やスタッフによる日々のちょっとした出来事など、あまり形を決めずに様々な事を掲載していきます。

2022.05.21 ズッパ・ディ・ヴェルドゥーラ

2022年5月15日、伊丹十三記念館の開館15周年を迎えました。

みなさまのご愛顧とお力添えに心よりお礼申し上げます。

5月15日に更新いたしました記念館便りにて、<宮本信子館長のメッセージ>を載せておりますので、まだご覧になっていない方がいらっしゃいましたら、ぜひご覧ください。

 

ちなみに、この開館記念日の最初のお客様は猫でした。自動ドアが勝手に開いたのかと思うと、入り口で焦げ茶色の猫が鋭い目をして中庭を見つめておりました。声を掛けるとすぐに立ち去ってしまったのですが、猫が好きだった伊丹さんの誕生日をお祝いに来たのかな、と少し嬉しくなりました。あっという間に立ち去ってしまい、その様子を写真でお伝え出来ないのが残念です。

 

段々と気温があがり、日中は汗ばむような季節になってまいりました。食欲が失われていくのに危機感を感じる中、読み返していたエッセイにとても良いものを見つけました。

『女たちよ!』より「スパゲッティの裏に伏兵あり」の中で紹介されているズッパ・ディ・ヴェルドゥーラです。

イタリア料理におけるズッパは、野菜をふんだんに使用したスープを指します。トマトソースで味をつけるもの、カボチャを使用するものなど、種類は様々ですが、作り方はそれほど変わりありません。以下は本文から抜粋した作り方です。

 

 まず、野菜を賽の目に切る。野菜は普通じゃがいも、人参、玉葱、それにセロリを使う。スープ鍋で、細かく切ったベーコンを炒め、これに野菜を加えてざっとかきまわし、野菜が軟くならぬうちに水を加え、塩胡椒し、あとはとろとろと煮込むだけのことである。ただし、野菜の形がなくなってしまうまで煮てはよくない。やはりじゃがいもや人参の小さな賽の目がごろごろしていないとおもしろくないのである。

(『女たちよ!』より「スパゲッティの裏に伏兵あり」p.248)

 

とてもシンプルかつ野菜もたくさん取れるので、さっそく作ってみようと思い冷蔵庫を開けましたが、あいにくセロリが無かったのでキャベツにて代用しております。

 1.png

まずは野菜たちを賽の目に。

2.png

次に細かく切ったベーコンを炒めます。

 3.png

野菜を加えてざっとかきまわし、

 4.png

塩胡椒で味をととのえて、とろとろと煮込む。

なかなか美味しそうなズッパ・ディ・ヴェルドゥーラが出来上がりました。

 

パルミジャーノというチーズをおろしたものを大匙三、四杯も振って食べるのであるが、熱くてよし冷くてよし、朝食によし、深夜飲みあきて、ちょっとひと休みという時によし、保存はきくし、こんな便利なものはない。

(『女たちよ!』より「スパゲッティの裏に伏兵あり」p.248)

 

どんなときにも役立ちそうなこのズッパ・ディ・ヴェルドゥーラ。ぜひ、これから暑くなる時期に、作ってみてはいかがでしょうか。

 5.png

パルミジャーノ・レッジャーノを入れると、かなり本格的な味になります!

 

 

この『女たちよ!』の中には、挑戦してみたいと思うような料理がたくさん載っております。サラダ菜のサンドウィッチや手作りのドレッシング、スパゲッティなど。食卓にエッセイに出てくる料理が並ぶとき、伊丹さんの文章がより身近なものになるのではないかと私は思っております。

 6.png

今回ご紹介しました『女たちよ!』は、記念館にて販売しております。オンラインショップでもお買い求めいただけますので、気になった方はぜひお手に取ってくだされば幸いです。

 

スタッフ:橘

2022.05.15 5月15日・伊丹十三記念館が15周年を迎えました!

  

0515.jpg

若葉の色が綺麗で、まぶしいくらいですね。

今年のゴールデンウイークは、多くのお客様にいらしていただきました。

とても嬉しかったです!特別な思いを感じております。

やっと~~やっと~~(笑)よかった!

玉置さんから送られて来た記念館の写真を何度も見ました~~。

中庭の桂の木やタンポポも、なんだか嬉しそうでぇす~~!

5月15日は伊丹十三の誕生日。

「伊丹さん~~今年はよい誕生日になりましたネ~~

オメデトウ~~89歳~~!?(笑)」

よい季節です。

中庭のベンチに座って、桂の木をご覧下さいませ。

風が吹いて、揺れる葉を見ていると、ホントウに~~気持ちよくなります!

スタッフ一同、お待ち申し上げます。

皆々様、どうかお身体大切に御自愛下さいませ。

又~~今度はいつ松山に行けますか~~。

お目にかかれる日を楽しみにしております!

感謝    

宮本信子

2022.05.09 5月の伊丹十三記念館の様子と伊丹十三記念館のロゴについて


来週、開館15周年を迎える伊丹十三記念館です。
開館月の5月の記念館は毎年すごくいい感じです。

シンボルツリーの桂が美しい時期だからでしょうか。

0509-1.JPG中庭の桂。今年も元気に芽吹きました。

0509-2.JPG落葉樹特有の薄い葉が美しい。

0509-3.JPG回廊のベンチに腰掛けて過ごすのも気持ちよい季節です。

さて、こちらはエントランス。

0509-4.JPG

この玄関ポーチの庇とガラス部分には伊丹十三記念館のロゴが入っています。

0509-5.JPG0509-6.JPG
この記念館のロゴ、実は・・・伊丹十三がレタリングした明朝体をもとにデザインされています。



0509-7.jpg




どういうことかと申しますと、1961年に伊丹十三の父・万作の「伊丹万作全集」(筑摩書房)が刊行されました。
この全集の明朝体による題字のレタリングを手掛けたのは伊丹十三自身で、記念館のロゴの文字は、その「伊丹万作全集」のレタリングをもとにデザインされているという訳です。
「伊丹万作全集」は常設展示室でご覧いただけますので、ご来館の際はぜひお見逃しなくご覧ください。





スタッフ:川又

2022.05.02 次回「毎月十三日の十三時は記念館で伊丹十三の映画を観よう!」は『タンポポ』です

記念館便りをご覧の皆さま、こんにちは。

先月、芽吹いたばかりの中庭の桂を写真でご紹介しましたが、その後あっという間に葉っぱが大きくなっていき、木陰ができるくらいになりました。
風が吹くとみずみずしい若葉がさわさわと揺れて、見ているだけで気持ちがいいです。

0502-1.jpg

さて、展示でコーナーが設けられるほど(常設展示室「料理通」コーナー)料理通であった伊丹さん。
調理方法や調理道具、食事の仕方など、伊丹さんが書いた料理や食に関するエッセイを読んだことがある方も多いと思いますが、5月13日の「毎月十三日の十三時は記念館で伊丹十三の映画を観よう!」では、そんな伊丹さんの監督映画作品から、「食」にちなんだ映画『タンポポ』を上映します!

海外の方のファンも多いという、ラーメンを題材に選んだ伊丹さんの2作目の映画です。
観たことがある方も初めての方も、お時間ございましたらご鑑賞にお越しくださいね。

0502-2.png

合わせて、『タンポポ』に関連した展示もお楽しみください。

常設展示室では映画ポスターのパネルとパネル大にしたチラシの裏面をご覧いただけます。
続く企画展示室には、映画パンフレット(スクラップブックにまとめたものです)があります。映画のキャスト・スタッフの方々の『タンポポ』にまつわるお話が載っていて、本編とはまた違ったところから『タンポポ』を楽しめると思います。

0502-3.jpg

映画ポスターパネル

0502-4.jpg

パネルのもう一方(チラシ裏面)

0502-5.jpg

映画パンフレット

また、カフェ・タンポポには、『タンポポ』制作中に伊丹さんがシャープペンシルで描き、のちに映画ポスターにも起用されたキャストの方の似顔絵があります。
こちらもどうぞお見逃しなく。

IMG_1533 (300x200).jpg『タンポポ』キャストの似顔絵

スタッフ:山岡

◆◆◆◆ お知らせ:5月3日(火)は開館します! ◆◆◆◆

明日5月3日は火曜日ですが、ゴールデンウィーク中ということで開館いたします。
お出かけの際はぜひお立ち寄りくださいませ。ご来館をお待ちしております。

2022.04.25 【第11回「伊丹十三賞」受賞記念 玉川奈々福 独演会】

【第11回「伊丹十三賞」受賞記念 玉川奈々福 独演会】

 

去る4月12日(火)、第11回伊丹十三賞受賞者である玉川奈々福さんをお招きし、独演会を開催いたしました。ご応募・ご来場くださったみなさま、誠にありがとうございました。当日は約400名のお客様がご来場くださり、たくさんの方にご鑑賞いただきました。

 

イベント当日の様子は こちら でもご覧いただけます。

 

本日の記念館便りでは、奈々福さんの記念館来訪、独演会の様子をお届けしたいと思います。

 

奈々福さんは、曲師の沢村美舟さん、お弟子さんの玉川奈みほさんと共に午前中に松山へ到着されました。朗らかで温かく、優しいお人柄がにじみ出ているようでした。独演会前のお忙しい時間帯にも関わらず、熱心に展示をご覧くださいました。

 

 

俳優.jpg

[資料を熱心にご覧くださっている様子]

 

 

ひとつひとつ文章や映像をご覧くださり、美舟さんや奈みほさんと「面白い」、「すごい」と話しておられました。

 

猫.jpg

[「可愛い~」と猫のイラストを観ておられました]

 

企画展示室.jpg

[丁寧に文章を読んでくださっています]

 

 

カフェもご利用くださり、当館でも人気メニューのみかんジュース飲み比べセット、期間限定の豆乳イチゴをご注文くださいました。

カフェ.jpg

[カフェでの1枚]

 

和気あいあいとしたご様子でグッズもご購入くださり、収蔵庫も見ていただきました。

 

売店.jpg

[売店の様子]

 

パネル.jpg

[お葬式の企画展示にて使用した顔はめパネルを見るみなさま]

 

独演会は、松山市総合コミュニティセンターのキャメリアホールにて行いました。

会場外.jpg

[キャメリアホール入り口]

 

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、座席は1席ずつ間隔を開けてご案内いたしました。

 

会場内.jpg[座席]

 

 

しつらえ.jpg[しつらえ]

 

演目は古典「仙台の鬼夫婦」、新作「金魚夢幻」の2本をご披露いただきました。

 

仙台の鬼夫婦 引.jpg[古典 「仙台の鬼夫婦」にて]

 

初めて独演会に来られた方のために、演目に入る前に"浪曲とは何か"について詳しくご説明してくださいました。また、浪曲ならではの掛け声もご紹介くださいました。登場する際の「待ってました!」や、前口上あとの「たっぷり!」、演目が終わった後には「日本一!」と言うんだとか。ぜひ、気兼ねなく声を張れるようになりましたら、浪曲をご覧になる際は掛け声も楽しんでみてください。

 

仙台の鬼夫婦 寄.jpg

 

浪曲が始まると、力強い唸りで圧倒され、細かく演じ分けられる男女の声や、目に浮かぶような情景に、あっという間に引き込まれました。伸びやかな声は、会場の外にいてもはっきりと聞こえるほどで、美しい語りでした。

金魚夢幻 引.jpg[新作 「金魚夢幻」にて]

 

美船さんの息の合った合いの手も見どころで、浪花節にぴったりと寄り添う合三味線も素晴らしかったです。

美船さん.jpg[曲師の沢村美舟様]

 

お客様が思わず笑っておられる場面が多々あり、何度も割れんばかりの拍手が聞こえておりました。お客様がとても楽しんでくださった様子で、帰り際に「ありがとうございました」「楽しかったです」と口々に言ってくださったのが印象に残っております。浪曲の素晴らしさ、玉川奈々福様の素晴らしさを会場で感じていただけたのではないでしょうか。

 

また、会場に来ることが出来なかった方も、この記念館便りとイベントページにて、独演会の空気を少しでも感じていただけていれば幸いです。

 

これを機に、玉川奈々福様のブログやYouTubeチャンネルをご覧いただき、各地で開催される公演から、浪曲の魅力を追いかけてくださる方が増えることをお祈りしております。

 

最後となりましたが、ご応募・ご来場くださったみなさま、登壇くださった玉川奈々福様、沢村美舟様、舞台を支えてくださった玉川奈みほ様、松山市総合コミュニティセンターのみなさま、ITMグループのみなさまに深くお礼申し上げます。誠にありがとうございました。

 

今後とも伊丹十三賞そして伊丹十三記念館をよろしくお願いいたします。

 

スタッフ:橘