伊丹十三賞 ― 第4回受賞者(2012年)

受賞者

森本 千絵 (もりもと ちえ)
goen°主宰
アートディレクター・コミュニケーションディレクター

森本千絵
(c)kazumi kurigami
【プロフィール】
1976年4月26日 東京生まれ。
武蔵野美術大学卒業後、博報堂を経て 2007年「goen゜」設立。goen°主宰として「出逢いを発明する。夢をカタチにし、人をつなげていく。」を掲げ、広告・ミュージシャンのアートワーク、映画や舞台美術、保育園や動物園のトータルディレクションなど多岐に渡って活躍するほか、物語性を重視したプロダクトや空間デザイン「mono°goen°」、子どもたちとの想像力を育む場をデザインする「coen°」などを展開。
昨年は11月に「Pen」まるごと1冊森本千絵特集号が発売され、日経WOMAN「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」準大賞、東京ADC賞グランプリを受賞するなど、現在幅広い分野から注目を集めている。
はじめての作品集「うたう作品集」が誠文堂新光社より好評発売中。

HP http://www.goen-goen.co.jp/
http://www.monogoen.jp/

サントリーBOSS シルキーブラック

サントリー
BOSSシルキーブラック
広告(2009年〜)


Mr.Children 「SUPERMARKET FANTASY」

Mr.Children
「SUPERMARKET FANTASY」
CDジャケット(2008年)


mono°goen° 空と木のen°木

mono°goen°
空と木のen°木
(2011年〜)

授賞理由

子どもから大人まで、わかりやすく楽しく、こころの奥にまで届く独自の世界観と、ジャンルを問わない作品の可能性にたいして。

伊丹十三賞選考委員会

贈呈式レポート

贈呈式での祝辞、受賞者スピーチはコチラ