みなさまの声 ― こんなご感想をいただきました
みなさまの声

こちらは、記念館を訪れてくださった皆様に館の感想をお聞きし、当サイトをご覧の方々に、記念館の雰囲気の一端を感じていただこうというコーナーです。

写真を掲載させていただいている皆様には、撮影許可を頂いております。

【2020年 10月】

愛媛県喜多郡内子町よりご来館

PHOTO

伊丹十三記念館に来てみて、今まで知らなかった十三さんの知られざる事も詳しく分かりました。
また今度、来てみたいと思っています。

---

愛媛県喜多郡内子町よりご来館

PHOTO

一六タルトのコマーシャルを見て懐かしく、伊丹十三の良さを改めて感じました。大江健三郎の奥さんが健三郎出版の本の挿し絵を描いていました。兄妹ともすばらしい才能の持主ですネ。映画の中に伊丹十三のすごさが生かされていることがわかりました。ありがとうございました。

---

愛媛県東温市よりご来館

PHOTO

すてきな記念館でした。

---

広島県、愛媛県松山市よりご来館

PHOTO

転勤していった友を訪ねた。コロナで身動きがきかない日々、近くにあるのに行けていない、というので一緒に来訪。展示品に、小鰯の刺身を作る道具についてのエッセイを見た。今はもう広島には居なくなった、街の魚売りのおばさんが伊丹十三氏の文章で活写されていたことに、胸が一杯になるひとときだった。

---

京都府よりご来館

PHOTO

伊丹さんのエッセイが好きで立ち寄りました。改めて非凡さを感じました。館はそれほど大きくないですが、充実しています。
カフェのみかんジュース飲み比べもおいしかった。

---

東京都よりご来館

PHOTO

出張で松山にきて、中村好文さんの建築を見にやってきましたが、伊丹十三さんの多才ぶりに驚かされ、展示に見入ってしまいました。
若い人たちへの雑誌を探して、読ませて頂きたいなと思いました。コロナ禍であっても十三さんの言葉は世間に響きそうな気がしました。

---

神奈川県よりご来館

PHOTO

父の本棚にあった「ヨーロッパ退屈日記」を読んだ小学生時代、NHK「峠の群像」吉良上野介の憎たらしさに歯嚙みした中学生時代、それがまさかの同一人物と知った時の驚き...!それからずーっとファンのまま今に至ります。
ここを訪ねるためだけに参りました。満足!(私も和光中・高卒です)

---

熊本県よりご来館

PHOTO

今年の3月、人生初めて観た演劇が「ピサロ」でした。それからずっと伊丹さんのことが気になって、本日ここに来ました。建築を勉強しているので中村さんが設計されたこの建物にも興味があって...どれも心がひかれる言葉、映像、写真ばかりで本当に来てよかったと思います。今日はあまりゆっくり見られなかったので、また改めて、ここを目的地としてやって来たいと思います。ありがとうございました。

---

神奈川県よりご来館

PHOTO

若いころから、あこがれのおじさんだった伊丹十三記念館に来ることができました。小さいけれど充実した内容で、満足しました。欲を言えば大江健三郎さん他の親しい友人のことも展示されていれば良かったな。

---

愛媛県松山市よりご来館

PHOTO

初めて訪れました。正直、伊丹十三さんのことはほとんど知らず、建物を見ようと訪れたのですが、展示を見て伊丹十三という人間に魅かれ、大変興味を持ちました。
個人の考えや生き方に思いを馳せることができ、大変充実した時間を過ごせました。ありがとうございました。

---

京都府よりご来館

PHOTO

伊丹十三さんの出身地の近くに勤めています。多芸な人とは知っていましたが、これほどとはと驚きました。
もっと映画を作ってほしかったなと思っています。

---

福岡県よりご来館

PHOTO

若くして亡くなったお父さんの思いを息子である伊丹十三さんが受けついでやりとげたという気がしました。
個性は大事。若い時に周囲が伊丹さんの個性を大事にしたから、すばらしい才能が開花したのだと思います。

---

愛媛県今治市よりご来館

PHOTO

とても良い展示で落ち着いて見学できました。カフェも素敵で文庫サイズのガイドブックをゆっくり読めました。

---

愛媛県松山市よりご来館

PHOTO

広島より単身赴任中で妻と来館。一六タルトのCMが色々な方言が聞けておもしろかった。妻は飲み比べみかんジュースを気に入った様子でした。

---

東京都よりご来館

PHOTO

エッセイが好きです。
デザイナーとしての仕事が見れて良かったです。「漫画読本」のポスターをあんなにやられていたの知りませんでした。
ミュージアム全体で伊丹さんの美学を表現しているようで、とてもくつろぎました。

---

愛媛県砥部町よりご来館

PHOTO

この記念館が出来て以来、何度、前の路を行き来したでしょうか。本日、やっと入館しました。なつかしさと新発見で、同行の兄嫁と、おしゃべりが止まりませんでした。人の生きた歴史って深いですね。

---

京都府よりご来館

PHOTO

エッセイが大好きで、一度記念館を訪れたかった。念願が叶ってやっと来ることができた。大学生の息子もとても気に入っていたようだ。帰りに「一六タルト」を買ってお土産にしよう。

---

高知県よりご来館

PHOTO

伊丹十三さんの事は、あまり知らなかったのですが、今回、家族の紹介で記念館に来ました。幼少期からのユニークな展示物を見て興味を持ちました。記念にTシャツを買って、家でDVDを観てみようと思います。

---

愛媛県松山市よりご来館

PHOTO

毎日の生活の内に何かひとつプラスされた様な思いがします。

---

福岡県よりご来館

PHOTO

伊丹さんのエッセイを面白く、また"なる程"とか、"ヘエッー"と視点の違い、感性の豊かさを感じながら読んでおりました。又、映画は全部観まして、そのキャスティングの面白さに目を見張るものがありました。主人と共に楽しませて頂いた伊丹作品でしたが、2年前に主人が亡くなり、また主人との会話を思い出しながら館内をゆっくり見て回りました。有難うございました!

---

長野県よりご来館

PHOTO

約50年前に「ヨーロッパ退屈日記」を読んで以来のファンです。文体や表現内容が面白く自分の人生の参考でしたが、昨夕松山に来て、初めてこの記念館のことを畏友に教えてもらいやって来ました。懐しい楽しい作品群! 特に一六タルトのCMは秀逸です、DVDを購入したい!

---

?よりご来館

PHOTO

10月1日に久しぶりで来た記念館はいごこち満点。
コロナうつにならないように、松山へ来たら伊丹さんに会いにおいでや。

---

愛媛県伊予市よりご来館

PHOTO

多才な人ではあるのだけれど、なにかひとつ、一貫したものがあるのだと感じました。それはきっと「向き合う力」なのだろうなと。今の私には刺激となる気づきでした。ありがとうございます。

---

愛媛県松山市よりご来館

PHOTO

最近、この界隈に引っ越してきて気になっていた記念館です。なつかしい伊丹十三監督の作品の数々や生い立ち、何故この地に記念館が建てられたかの理由がわかりました。

帰ったら「マルサの女」を観ようっと(^^)

---

皆様の声 BACK NUMBER