みなさまの声 ― こんなご感想をいただきました
みなさまの声

こちらは、記念館を訪れてくださった皆様に館の感想をお聞きし、当サイトをご覧の方々に、記念館の雰囲気の一端を感じていただこうというコーナーです。

写真を掲載させていただいている皆様には、撮影許可を頂いております。

【2019年 06月】

東京都よりご来館

PHOTO

中村好文さんの建物という印象のみで来館したのですが、伊丹さんの魅力があふれていて、とても面白かったです。映画監督さん、という知識しかなかったので、デザイナーだったり、エッセイストだったことに驚きました。
もっと深く知ってみたいと思ったので、本とか読んでみようと思います。

---

?よりご来館

PHOTO

松山は2回目ですが、こちらには初めて来館させていただきました(次男のすすめで是非行って来たらと言われて)。
伊丹十三さんの映画をまたゆっくり観てみたいと思いました。夫婦の絆をとても感じました。

---

愛媛県松山市よりご来館

PHOTO

初めて来たのですが、建物も展示もとても良くて、面白かったです。近所に住んでいますので、また来たいと思います。

---

千葉県よりご来館

PHOTO

若い頃、伊丹さんの映画が好きでした。機会があれば訪れたいと思っていたので、良かったです。雨の日でしたが、中庭を眺めてゆっくりとお茶もできて満足です。

妻に同行して鋭い感性と才能を見せて頂きました。お父さんの才能をなぞるような生きざまで、お父さんからの愛情ゆえの尊敬があったのかと思いました。

---

愛媛県松山市よりご来館

PHOTO

バイオリンやギターなどの愛用品が見られて良かった。
はじめて飲んだタンポポコーヒーもおいしかったです。

---

大阪府よりご来館

PHOTO

一人のヒトとしての伊丹十三氏への興味が、強まりました。会ってお話してみたかった。
残された作品、全て触れてみたい。

---

香川県よりご来館

PHOTO

母と松山に旅行に来て、どうしてもはずせない場所が「伊丹十三記念館」でした。私は子供の頃 "タンポポ" を映画館で観てから、マルサの女、あげまん、スーパーの女と次々観に行っていました。記念館にきて、伊丹さんのマルチな才能に驚きました。"一六タルト" のCMは、愛媛県民ではない私には字幕がなければわかりませんでした。あのCMを全国で流してほしかったなと思います。今日は本当に楽しい一日でした!!

---

アメリカよりご来館

PHOTO

この記念館に来るのが夢でした。
「ヨーロッパ退屈日記」から始まり、何から何まで伊丹さんに教わり男になった様な気がします。
有難うございます。

---

東京都よりご来館

PHOTO

素敵な建築、たたずまいの記念館で、私も八ケ岳の山荘に植えている大好きな桂の木もすてきです。
宮本信子さんのファンですし、伊丹十三監督の映画もすばらしい、やはり凝り性で多才な人でしたね。
50年ぶりの松山です。夫の大学のサークル仲間の会が平成元年から奥道後のホテルで行われており、初めて私も参加。当時住んでいた松山東高校の隣の社宅6棟が高層マンションになってしまったのを見に行ったり、2泊3日で明日帰ります。東京は梅雨ですのに快晴の2日間で、とても楽しい滞在でした。2日目の今日は松山城に上り見学、下りてこの記念館に。3種オレンジジュースの飲み比べもとてもおいしくいただきました。

---

愛媛県松山市よりご来館

PHOTO

タルトのCMが、とてもなつかしかったです。
初めて来ましたが、すごく楽しめました。

---

愛媛県松山市よりご来館

PHOTO

一年余りの松山勤務の最後に是非寄ってみたくて来ました。堅苦しさがなく、自分に合った雰囲気だと思いました。珍しく長居したくなる記念館です。これで心おきなく大阪に戻れます。

---

福島県よりご来館

PHOTO

会津若松城の城主加藤様は、松山城の城主であったので松山城下町を見たくてやって来ました。パンフレットで伊丹十三記念館を知り、見学に来ました。入館前建物全体を見、シンプルであるが重みある建物と思いました。館内は伊丹十三ワンダーランドでした。また、友を連れて来たいです。

次回来館は、サントリーバー露口夫妻からの、ハイボールを飲みながらの会話を書きます。

---

千葉県よりご来館

PHOTO

一六タルト隣の伊丹十三記念館、真っ黒だが品があり、館内はエッセイ集の挿絵の様。無駄なくスッキリ、エスプリも。

彼が(生きていて)設計しても同様になるかも。

---

愛知県、愛媛県松山市よりご来館

PHOTO

松山に着いて真っ先に記念館を訪れました。一六タルト、味の素のCMがすごく懐かしかったです。おしゃれな空間に話が弾みました。

---

香川県よりご来館

PHOTO

6年ぶりの記念館です。天気がよくて中庭が気持ちいいです。映画は観ていますが、本はまだ読んだことがない。ショップで買ってみようかな。

---

愛媛県松山市よりご来館

PHOTO

松山に引っ越してきたばかりで、偶然この記念館をみつけました。子供の頃に映画を観て、伊丹十三さんは、とっても気になる不思議なおじさんでした。今日は、ここに来て、十三さんの命いっぱいに生きてらしたあとを見ることができました。伊丹万作さんのことも少し知ることができて、うれしいです。

---

愛媛県松山市よりご来館

PHOTO

愛媛県南予の出身ですが、主人の転勤で20年松山を離れており、2年前に松山に戻って来ました。子供の頃に繰り返し見た一六タルトのCM。大人になってから全て映画館で観た伊丹作品の数々。松山の事を少し見直しました。

---

岡山県よりご来館

PHOTO

伊丹十三さんの映画とエッセイが好きで初めて来訪しました。建物や展示、カフェ、中庭、十三饅頭をはじめとしたグッズなど魅力的なものばかりで楽しかったです。

企画展Ⅳ「おじさんのススメ」では、展示品と解説パネルとの距離が近くて、作品により集中できるようなつくりになっていて新鮮でした。

---

東京都よりご来館

PHOTO

天才、伊丹十三

憧れ、信奉しています。

今を生きていないのが残念です。

切ないです...

---

徳島県よりご来館

PHOTO

昨日5/31に松山市で井上陽水さんのコンサートがあり、MCにてこの記念館に行ったことに触れていて来た次第です。実際に来てみたら、伊丹さんの言葉やイラストの繊細さ、感性に驚くばかりでした。また、お父様・伊丹万作さんの作品やメッセージにも大変心を打たれました。伊丹さんの作品のルーツは万作さんなのですね。カフェや中庭も居心地がよく(音楽もよかった)大変充実した心温まる時間を過ごすことができました。ありがとうございました。

---

愛媛県松山市よりご来館

PHOTO

昨日(5/31)井上陽水さんが記念館にいらっしゃったみたいですね。昨夜のコンサートのMCで言われてました。「一六タルト」や「お葬式」のことも出ましたよ。「お葬式」と言えば、陽水さんは電報配達員で出演されていました。どんな経緯で出演されたのか?ぜひ知りたいですねえ。
今日は楽しかったです。ありがとうございました。

---

香川県よりご来館

PHOTO

前日、井上陽水さんのコンサートに行ったら陽水氏がこの記念館のことを言っていたので、ああそういえば、と思い出して来てみました。かつて抱腹絶倒した「ヌケミン」の原画が見られて良かった。恐るべき、丁寧で力強いイラスト(最近「ぼくの伯父さん」で見たばかりでした)の原画も見られて良かった。美術を勉強している娘に見せてやりたいけど見せたら絶望しそうですね。

---

?よりご来館

PHOTO

伊丹十三さんの映画もエッセイも大好きで、人生の一番忙しい時期に追いかけるように読んだり観たりしてました。今では宮本信子さんが大好きです。この様なすてきな記念館も作られ、いつも元気ですてきな様子に励まされています。

---

滋賀県よりご来館

PHOTO

本、映画をすべて読んで、観ておりますが、伊丹十三氏の誕生からすべて、上手にわかりやすく、貴重な資料が満載、集約されており、非常に面白く楽しい時間が過ごせました。伊丹十三記念館、本当に来て良かった。

---

新潟県よりご来館

PHOTO

高校生の時から15年ほど、何度となく伊丹さんのエッセイを読み返してきました。企画展では、伊丹さんの「見識」「プリンシプルを持った大人」の面がよく現れていて、エッセイファンにはたまらないものでした。また別の企画展でぜひ伺いたいです。

---

福岡県よりご来館

PHOTO

記念館を見て、伊丹さんの映画作品が、伊丹さんのこのような内面から出てきたものなんだとよくわかる気がしました。本当の事、物事の本質を見抜いておられた伊丹さん。もっと長生きしてもっと作品を残して頂いたり、いろんな言葉を今の日本の社会に言って頂いたりしたかったと思います。

---

?よりご来館

PHOTO

ゆったりと幸せな時間でした。
ありがとうございました。

---

兵庫県よりご来館

PHOTO

高校生の頃から愛読してきたエッセイに影響された頃もありました。以来、半世紀が過ぎ、今回は妻と訪れました。妻に伊丹さんのことを知ってもらう良い機会になりました。

---

神奈川県よりご来館

PHOTO

松山に行くことがあったら、是非訪ねてみたいとずっと前から考えていました。今回初めて松山に来るチャンスがあり、夫が仕事の間、1人で訪ねました。改めて「伊丹十三」という人の才能を再認識しました。また本も読み直してみたいと思います。とても居心地の良い空間でした。

---

京都府よりご来館

PHOTO

映画監督としては知っていたのですが、これほどマルチな才能を発揮していた人とは知りませんでした。そのことを知る機会をいただき感謝しています。あと、京都ともゆかりが多いんですね。伊丹十三さんがYoutuberだったら何をするのかなあと少し想像しました。

---