みなさまの声 ― こんなご感想をいただきました
みなさまの声

こちらは、記念館を訪れてくださった皆様に館の感想をお聞きし、当サイトをご覧の方々に、記念館の雰囲気の一端を感じていただこうというコーナーです。

写真を掲載させていただいている皆様には、撮影許可を頂いております。

【2018年 04月】

?よりご来館

PHOTO

昔、映画を観ましたが、又観たくなりました。才能のある方はすべてに才能があるものと感心致しました。瀬戸内少年野球団の中で、軍人の閣下の役で出られていて、お部屋の中でキリッと座してらした姿が、それだけで閣下という姿が今も目に焼き付いております。お嫁さんと二人楽しい時を過ごさせて頂きました。

---

兵庫県よりご来館

PHOTO

麗らかな春の陽気に誘われて夫婦で十三さんに会いに参りました。ますますお頑固のご様子を拝見し、心が優しくなりました。十三さん、又遊びに来ます。時を超えていつでも気に入った時に十三さんにお会いできるのは、信子さんのお陰ですね。お見事なり 記念館。

---

栃木県よりご来館

PHOTO

昭和と平成の初頭を生きた巨大な才人のひとりであったことを、本記念館の展示で再認識しました。

---

大阪府よりご来館

PHOTO

愛媛出身なので、一度寄りたかったところです。今日来れてよかったです。庭もとてもステキです。

---

東京都よりご来館

PHOTO

「ヨーロッパ退屈日記」や「女たちよ!」を愛読しています。以前より周りの方々に「松山に行ったら訪れるといいわよ!」とすすめてもらっていたのですが、本当に来てよかったです。おしゃれで繊細な伊丹さん、シェアの達人だったんですね。今を生きる姿も見てみたかったです。
そういえば、「マルサの女」を作られる時、元査察官の祖父に話を聞きにいらした写真が家に残っていることを、今、思い出しました!

---

福岡県よりご来館

PHOTO

伊丹十三さんを知ったのは、2人の息子さんを、自然の豊かな湯河原で育てておられるという雑誌の記事です。
記念館で、十三さんの絵や文字を見ることが出来て良かったです。監督映画は「マルサの女」だけしか観ていませんが、他の作品も観ようと思いました。

---

広島県よりご来館

PHOTO

尾道の向島から来ました。建物のデザインと中庭が見えるカフェ。伊丹さんの人生がとても良くて、感激しました。

---

東京都、広島県よりご来館

PHOTO

10年程前に松山に来る用意があり記念館による予定にしていましたが、所用により、よれませんでした。10年来の希望で伊丹十三記念館に来ることを目的に、松山に来ました。もっといい作品を残せた方なのに残念です。

---

大阪府よりご来館

PHOTO

なつかしかった。ひたすらなつかしかった。
伊丹映画のTOP3は、「お葬式」「マルサの女」「あげまん」です。

---

大阪府よりご来館

PHOTO

伊丹映画の大ファンです。高校生の時に「マルサの女」を観て、「あぁ、世の中にはこんな職業があるのか」と驚き、その影響を大いに受けて、結局大学卒業後、国税の職場へ進みました。以前から来館したいと思っていましたが、ようやく念願が叶いました。
一六タルトのローカルCMが笑えましたね。

---

愛媛県西条市よりご来館

PHOTO

伊丹さんの一六タルトのCMの声が懐かしく、ほっこりしました。
子供の頃から絵が上手だったことに驚きました。多才な " おじさん " の十三さんを知ることができました。

---

兵庫県よりご来館

PHOTO

たんぽぽの咲く時期に運良く来られ、芽吹いたばかりの新緑の桂の木を見ながらタンポポコーヒーをいただきました。伊丹さんの多才ぶりにただただ驚くばかりです。

---

広島県よりご来館

PHOTO

2回目の来館です。以前訪問して、伊丹監督のマルチな才能にただただ圧倒され、こだわりを持った生き方に憧れました。いつ来ても、また訪れたいと思う記念館です。

---

大阪府よりご来館

PHOTO

母と二人で来館しました。
ゆっくりとした時間を過すことが出来ました。
苺のタルトおいしかったです。

---

宮崎県よりご来館

PHOTO

昨日、松山市内に泊り、石手寺から高松市へ向かう途中、たまたま記念館が目にとまりました。娘の10年前の大学の卒業式以来の松山で、伊丹十三ワールドに触れることができ感動しています。
退職したばかりで、あちこち旅行を計画しています。すばらしい出会いに感謝!!

---

東京都よりご来館

PHOTO

エラクなろう

新婚旅行で念願の記念館に、初松山に来ました。河原町のバス停前のコンビニで、たまたま見つけた新刊「POPEYE」が伊丹さんをフィーチャー、特集していて、もう感動してしまいました。映画監督としての伊丹さんから入り、エッセイも経て、今では僕のファッションアイコンとなっている元祖シティーボーイの伊丹十三。全ての要素がその"人"を形成していく事を教えて頂きました。

---

東京都よりご来館

PHOTO

松山に訪れたのは25年ぶりです。今回は、松山城より伊丹十三記念館だろうと念願の来館です。
映画の伊丹作品はリアルタイムで劇場で鑑賞している年代ですが、他の才能も新たな発見がありました。「一六タルト」のCM集は思わず吹き出しました。

---

佐賀県よりご来館

PHOTO

伊丹十三さんのユーモアと好奇心溢れる姿に、脳をわしづかみにしてマッサージされるような感覚を覚えました。 

父上、万作さんの芭蕉カルタのグッズがあれば嬉しいなあ!と思います。

---

?よりご来館

PHOTO

中庭の"タンポポ"が見渡せる、とても落ち着くカフェです。
エッセイやシナリオ、絵を拝見して、今、ご存命なら、どんな映画を撮られるんだろう...と思いました。

---

神奈川県よりご来館

PHOTO

2回目の来館です。以前は父と今回は妻と。私は中村好文さんのファンですが、十三さんと好文さんは似ているところが、多々あると感じました。又、次回は娘と来てみたい!

---

大阪府よりご来館

PHOTO

まだまだ、伊丹さんのセンスの良さを理解しきれていない奴です。それでも、伊丹監督の映画を観ると、単純にカッコいいなとか、おもしろいなとかを今まで感じてきました。そして、展示や写真、文章に触れて間違いなくカッコいい「おじさん」で、私もいづれ、誰かのそういう存在になれたらと思いました。

---

京都府よりご来館

PHOTO

建築学生で、中村好文さんの設計と知り、見に来ました。建築が美しいのも感じれましたし、伊丹十三さんの人生観も知れて勉強になりました。来て良かったなと心から思いました!

---

香川県よりご来館

PHOTO

伊丹十三さんのイラストは、とても特徴をとらえている上に、ユーモアにあふれる作品で魅せられました。イラストに見入ってなかなか出てこない娘を待つ間に飲んだタンポポコーヒーは、気持ちがほぐれるホッとする味でした。

---

大阪府よりご来館

PHOTO

展示も建築も細部までこだわりが感じられて、雰囲気もよくて、いつまででもいられるような空間が素敵でした。内容もわかりやすく楽しく拝見しました。帰ったら伊丹映画観ます。

---

神奈川県よりご来館

PHOTO

映画の特報やCMを改めて観ることができ、常識やルールにとらわれない、純粋で自由な発想、手法に驚きました。色んな分野で多才な人ですが、どの作品からも楽しんで作られたという思いが伝わってきました。貴重な時間をありがとうございました!

---

東京都よりご来館

PHOTO

伊丹十三監督作品をくり返し観ていますが、映画以外にも多くの素晴らしい作品を世に送り出していることを知りませんでした。展示品から伝わってくるセンスは、今も色あせない普遍性があってとても感動しました。私が何故、伊丹映画に引き寄せられるのか分かった気がします。十三まんじゅうを食べるのも目的でした。やさしい甘さでおいしい。

---

東京都よりご来館

PHOTO

大学生の頃に十三さんの本やエッセイを読んで、おしゃれな世界があることや本物を追求する好奇心にあこがれました。久々に来館して子供のころからの本物志向にあらためて感銘をうけました。楽しかったです。

---

千葉県よりご来館

PHOTO

伊丹十三氏の生前からのご活躍に感心をもっておりました。松山市を訪れる機会があったので立ち寄らせていただいて、改めて氏の多才さに感服いたしました。中村好文氏の建築も内容と良く調和した設計になっていると思います。

---

愛媛県越智郡よりご来館

PHOTO

市内の建築竣工写真撮影の合間に来ました。中村好文さんの設計すばらしいですね。展示の方もとてもいいキュレーションでした。小さい子供がいるので、万作さんのタケチャンにむけたメッセージにじんわり来るものがありました。十三さんのエッセイも読んでみないとです。

---

神奈川県よりご来館

PHOTO

伊丹十三記念館が松山市に在ると、テレビで宮本館長が話されており、たまたま松山に来る機会があり訪ねてみました。映画監督、俳優の十三さんしか存じませんでしたが、多才であった事を知り、良い思い出となりました。

---

東京都よりご来館

PHOTO

私にとって伊丹作品は、伊丹にとっての猫の存在と同じです。あのエッセイをよんだ時は自分は何をしていた、もしくはあの映画を観た時の自分は何をしていた...というように。記念館で展示してあるもののほとんどは、目になじみのものであり、それらを肉眼でみて確認しながら、なぞっていくような作業でした。ものづくりの天才。そして決して妥協を許さない人。それでいて、ちょっとひねった考えで、人を笑顔にする人。私は、個人的に「女たちよ!」の石鹸で体を洗って、5分程風呂場で何もしない先生のことを書いた部分から、セルロイドの舟が海原へすべりでていく部分を、いつも感動をもって読んでおります。

---

東京都、愛媛県松山市よりご来館

PHOTO

伊丹さんの切れの有る、台詞、文章などなど、映像も含め楽しみ、そして惜しみました。私の在籍した高校の先輩でもあり、親しみも感じます。来館出来て良かった、ゾナモシ!!

---

愛媛県松山市、宮崎県、愛知県よりご来館

PHOTO

星野源さんのラジオを聞いていてやっと来れました!
建物も、展示内容も、カフェも全てとても素晴らしかったです。作品もまたきちんと見直したいと思いました。
信子さんの愛を感じ、温かい気持ちになりました。

---

京都府よりご来館

PHOTO

映画が好きでよく観ていましたが本当に多才な方だったのだなあ、ということと、監督デビューが高齢だったことを知りびっくりしました。小規模ながら濃い記念館で、とてもよかったです。

---

愛媛県今治市よりご来館

PHOTO

岳ちゃんの絵が幼い時からあまりにも上手なので、びっくりしました。大人になってからの絵も画家顔負けで。ユーモアと知的センスのにじみ出る文章にも!!こんなに才能あふれる方だったんだなぁと、今まで知らなかった十三さんのことが分かってとてもうれしいです。我が愛媛、松山に居てくれてよかったなあ!!

---

神奈川県よりご来館

PHOTO

はじめ黒い外景をみて、ラシイなと思いました。中庭は長方形でこれも意外、桂の木一本がとてもいい。じっくり時間をかけて読んだり見たりしたいものの、展示で急いで終わることにジコケンオ。特に「遠くへ行きたい」はみたいな!とつよく思った。万作さんの映画も十三さんの映画も好きです。

若い頃、エッセイを読んでスパゲティのゆで方を習得しました。絵がとてもステキで、ここに来てネコの絵をたくさん見て、又、魅了されました。

---

愛媛県松山市よりご来館

PHOTO

キッカケは、日本映画専門チャンネルで伊丹十三特集をしていて、一気に観たからです。
衝撃と笑いとシュールさと登場人物それぞれの人間臭さ、観たもの全部面白かった。
映画で流れるサックスが頭をループしています。
豆乳珈琲飲みに、また来ます。

---

兵庫県よりご来館

PHOTO

川沿いの菜の花を見てから黒の建物の外観が目に入り素敵でした。入口の車に添えられていた車のエッセイに、おしゃれだけでない伊丹十三さんのポリシーをまず感じました。館長の宮本信子さんのごあいさつの表情からじっくり見たい気持ちにさせられました。私の好きなのは「静かな生活」ですが、昔みた主人公が渡部篤郎さんだったとは今日知りました。好きな俳優さんです。色々な面がわかりましたが、なかでも精神分析啓蒙家という面が面白かったです。話し言葉のそんな雑誌を読んでみたいです。時代を先取りされていたのだろうと思います。

---

兵庫県よりご来館

PHOTO

もう一回映画を観てみたいと思いました。
今からクライミングに行ってきます!

---

東京都よりご来館

PHOTO

初めての四国で立ち寄らせていただきました。伊丹さんの事はほとんど知らず、建築家の中村好文さんの建物ということで伺いましたが、それを忘れてしまうほど伊丹さんのファンになりました。これから少しずつ知っていくのが楽しみです。

---