みなさまの声 ― こんなご感想をいただきました
みなさまの声

こちらは、記念館を訪れてくださった皆様に館の感想をお聞きし、当サイトをご覧の方々に、記念館の雰囲気の一端を感じていただこうというコーナーです。

写真を掲載させていただいている皆様には、撮影許可を頂いております。

【2015年 11月】

神奈川県よりご来館

PHOTO

「女」シリーズしか観ていませんでしたが、他の作品も視聴したくなりました。
今さらですが、惜しい人を亡くされたと感じます。もっと様々な映画を作ってほしかったです。

---

?よりご来館

PHOTO

伊丹さんの笑顔がこんなにステキだなんて。多芸で、才能あふれる人物だと知っていましたが、人が好き、又、アプローチをとても大切にされていたのを知りました。自分の今後の生き方にも参考にしたいと思います。閉館まぎわに入ったのですが、スタッフの方々の親切に甘えて、ゆったりと美しい時を過ごせました。又、ぜひ娘と来館します。
しょうが湯+十三饅頭、美味でした。ごちそうさま。 56才 主婦

---

埼玉県よりご来館

PHOTO

伊丹さんのエッセイ、料理本(と言っていいのかわかりませんが)が大好きで、センスを少しでも感じたくてやって来ました。本当に中庭でイタミさんが寝そべられてる様が見えるようでステキな所ですね。

---

大阪府よりご来館

PHOTO

マルサの女などの有名な作品のみ知っていたが、伊丹十三さんの背景やバックグラウンドにふれる事ができ興味が増しました。
もう一度あらためて、映画などは観直してみようと思います。

---

大阪府よりご来館

PHOTO

伊丹さんが桃の滴が好きだったとは。私もずっと飲んでいました。今日は松山なので梅錦にしたいけど...。 夫

TVでは明日の家族から、本はヨーロッパ退屈日記から、映画はお葬式から、とにかく、ずっと追いかけていました。一度、六本木の狸穴ソバでお見かけしたことあり、ドキドキしました。 妻

---

?よりご来館

PHOTO

展示方法が、斬新で面白かった。作品を観直します。

---

東京都よりご来館

PHOTO

ひとり旅をするにあたり、まずおとずれたかったのが伊丹十三さんの記念館です。
若い頃からの大ファンで、やっと再会が出来て感激してます。又来たいと思いました。

---

大阪府よりご来館

PHOTO

何年ぶりだろうか?3回目。大阪⇔松山高速バスを利用して伊丹十三記念館前を通る度に、うっとりながめ伊丹氏のことを思いながら通過しています。本日岩国からの友達の案内です。私もとても楽しみにしていました。二人でゆっくりじっくり見てまわり3時間はいたでしょうか...今日は人も少なくどっぷりと伊丹さんとふれることが出来ました。いつまでたっても色あせない伊丹カラー、どれをとっても最上級センスの良さはピカ一です。男性の色気も感じます。文庫本『ヨーロッパ退屈日記』の表紙は大好き。持っています。いつまでもかっこ良さが光ります。
宮本信子さんもステキ!!化粧品CM原田美枝子さんとの...とっても大好き。本日入口での映像の館長あいさつ。目力、凛としたお姿、友だちと二人思わず「ステキネー」と言ってしまいました。そして作品展示へぐいぐい~とひき込まれていきました。

作品見たあと
ケーキとお茶でとってもいい時間でした。まだまだ県外の友だちを案内していくつもりです。だってこんなステキな記念館が愛媛にあるんですから。ありがとうございました。

---

京都府よりご来館

PHOTO

ずっと来たかった場所。やっとやっとやっと来ました。実家の岩国から船で松山へ。友人に案内してもらってここへ来ました。
良かった!一つ一つの展示品に伊丹さんの心がひそんでいて、ささやきかけてきます。伊丹ワールド全開!!!良かったぁ~~!

---

新潟県よりご来館

PHOTO

愛媛県にはじめて来ました。一度訪ねてみたいと思っていた伊丹十三記念館に来ることができて嬉しく思います。
外にあるベントレーにうっとりし、入館直後のやぁいらっしゃいと言う監督の笑顔に感無量です。はるばる新潟からやってきて良かった。

---

鳥取県よりご来館

PHOTO

61才になります。若い頃から十三さんが大好きで、モノンクルも2回程買った覚えがあります。オランダお肉事件の記事でした。あんな素敵な人をつれあいにしたかったです。

---

京都府よりご来館

PHOTO

映画作品以外にも独自の切りくちのエッセイが大好きで来館しました。
久しぶりに映画も観たくなりました。
また新しい企画展の時には再訪します。

---

大阪府よりご来館

PHOTO

伊丹十三さんのバイク遍歴が気になります。子供の頃、私の父が "ハーレーに乗っている十三さんを見た" と申しておりました。その真偽を確認したく思っております。私のイメージでは、トライアンフもしくはノートンなので。

かねてより憧れていた記念館へおじゃま出来嬉しいです。思っていた以上に愛(伊丹さんへの愛、伊丹さんの様々な人やものへの愛、もてなして下さる方の愛、などなど)あふれる場所でオシャレで素敵なトコロでした。ありがとうございました。

---

大阪府よりご来館

PHOTO

80年代の思春期の頃に、伊丹さんのエッセイを夢中で読んでいました。彼は世の中をこうとらえて見てみれば?というガイドでした。バーチャルな父親というか。
人にどう扱われるか、人をどう扱うかということの因が律があると思いますが、ポストモダンを経て、人間存在が相対的なものであるということの無根拠性から生きる方向に向かうものごとは何なのかとフト思うこともあります。信頼と対人関係しかないのでしょうね。

---

大阪府よりご来館

PHOTO

伊丹さんの名前しかしらなかった私でも、思わず足を止めてずっとここに居たいと思う想いをいつまでも感じさせてくれる憩いの館です。

---

東京都よりご来館

PHOTO

映画から入りましたが、エッセイを読んでその才能と人柄に大ファンになりました。
ずっと来たかった記念館です。素晴らしい場所で、伊丹さんのセンスがあふれていて、時間が足りません!
本当に、伊丹さんがとなりに立って見てまわっているような気持になります。必ずまた来ます。

---

岐阜県、首都圏、ニューヨークよりご来館

PHOTO

夫と4年前、おじゃましましたが、とても楽しく中味の濃い会館で、伊丹さん父子の詳しい事を知る事ができました。
この感激をぜひ妹弟にも味わってもらいたいと姉弟4人で来ました。
万作さんの十三さんの誕生日の文や、戦争責任の文等、特にすばらしいです。
十三さんは、ほんとうに惜しい方を亡くしたと悔やまれてなりません。

---

東京都、大阪府よりご来館

PHOTO

みせ方がおもしろく、人柄も伝わって来てとても充実した時間になりました。鉄への興味が、私も湧いてきた程です。(A)(左)
---------------
1年前にここを訪れて、伊丹十三という人間の大ファンになりました。また来ます(B)(右)

---

京都府よりご来館

PHOTO

伊丹作品、スッキリとしていて大好きです。
宮本信子さんの味のある演技も大好きです。
松山へ学生時代の友人と来ました。時間やりくりしてかけつけました。思っていたイメージ通りでした。

---

東京都よりご来館

PHOTO

中学生の頃(50年近く前ですが...)、ポスターに入れる文字に、伊丹さんの明朝体を使わせて頂きました。母に見せてもらった雑誌か何かで目にした記憶があります。それ以降、エッセイなどを含め様々なジャンルで、伊丹さんは、とても"気になる人"でありました。
本日は、懐かしい映像やら写真を拝見できて、自分自身のこれまでの時の流れも共に振りかえるひとときを過せました。

---

東京都よりご来館

PHOTO

一度ぜひ伺いたいと思っていました。
やっと念願がかないました。
伊丹十三さんの多才な才能に感動いたしました。
すばらしい庭にも感動しました。

---

岡山県よりご来館

PHOTO

「ミンボーの女」という映画が暴力団との対峙をリアルに描写されているみたいなので、DVDをレンタルして観てみようと思いました。映画そのものは年間10本近く観にいくのですが、昔の作品も今とは違った世界観が広がっているでしょうから、伊丹監督、黒澤明監督、ジョン・ウェイン、などの作品も織り交ぜて観賞したいと思います。

---

英国・愛媛県西予市よりご来館

PHOTO

まあやっと来られました。とっても影響を受けて現在に至っています。私もデザイナーで、フィルムや文章や、自分と自分がお話をすることが大切な時間です。
5年前に英国で役者をしていた主人を亡くして宮本さんのお顔をはじめは見ることができませんでした。全部見終ってやっと拝見できた次第。
美しい秋の日に。感謝。

愛媛県西予市から
子供の頃から知っている「タルトのおじさん」の深い内面に触れる美しい「旅」でした。有り難うございました。

---

三重県よりご来館

PHOTO

はじめまして。今日は父と四万十川マラソンの帰りに寄りました。
伊丹さんの映画やエッセイ等いつも楽しく見ていましたが、その中に出てきたものの実物を見ることができて感激でした。
(とくにイラストがすきです)

---

愛媛県宇和島市よりご来館

PHOTO

ツインの桂の木がステキだな。
丸こいハートの黄色と黄緑の葉っぱをぬける風がここちよい。
遊子水荷浦の段畑も観に来てね。

---

岡山県よりご来館

PHOTO

カフェでお茶をいただいて(夫婦で)中庭を拝見しながら、ひとときを過ごしました。黒河さんと楽しいお話もしました。
以前、TVで、記念館の事を知り、機会が有ればと思ってましたが、実現しました。愛媛の出身なんで、松山は懐かしいです。伊丹さんの事も、色々知識を持て、楽しかったです。又、来ます。館長さんのファンでも有り、お会いしたいです。

---

福岡県よりご来館

PHOTO

建物や○○館(展示・空間等)に魅かれての来館でした。期待以上に素敵な時間・空間でした。建物も展示内容・方法も素晴らしかったです。映画や伊丹十三さんご本人の事は無知でしたが、非常に多才で素敵な方だったんだなと実感しました。作品(本・映画等)を色々と見てみようと思います!カフェや働いている方も素敵で、とても居心地が良く、一日過ごしてしまいました。ぜひまたお邪魔したいです!来て良かったです!!

---

京都府よりご来館

PHOTO

一度来ようと思いつつ、来られなかったのですが、法事で広島県三次市に帰る途中、立ち寄らせてもらいました。伊丹氏のエッセイは何冊か読み、映画も観ていますが、記念館を見学して、十三氏の父万作氏のことと偉大さ、十三氏の絵の上手さを改めて知り、多芸多才な人であったことを再認識することができました。猫好きであったのにも親しみを覚えました。

---

北海道よりご来館

PHOTO

伊丹十三ファンで、音楽担当の本多俊之さんのファンでも有ります。十数年前本多俊之さんのライブで直接声を掛け短い返事を貰ったことが記憶に残っています。勿論映画は全て観ています。本多俊之さんを選んだ理由等お聞かせ下さい。親御さんの俊夫さんと親交が御有りだったのでしょうか。

---

愛知県よりご来館

PHOTO

文学散歩の会

・暗くて、説明文が読み辛かったのが残念でした。
・伊丹十三さんの多才な面がよく分かりました。早くに亡くなられたのは大変残念に思います。
・信子さん、伊丹さんの分までご活躍を!

---

静岡県よりご来館

PHOTO

長いこと心にとめておいた四国へのひとり旅、念願かなって今日松山に来ました。
伊丹十三さんの記念館をふっとしたことで知りタクシーで真先に向いました。
俳優さんであり映画監督であったことを知っていましたが館内をぐるっと見て回ってとにかく多くの才能に秀でていらしたことに感動を新たにしましたとともに今もお亡くなりになったことを深く残念におもいました。
宮本信子さんも大好き。主演の映画は全部観ました。信子さんはどうかお元気でいてください。

---

兵庫県よりご来館

PHOTO

本日は阪急電車の運転士同期生5人でやって来ました。映画「阪急電車」の撮影時もチラリと横目で気にしながら運転していました。(本当はいけないのですが...)
今日はこちらに来て、また伊丹十三が好きになりました。

---

大阪府よりご来館

PHOTO

大好きな十三さん、そんな十三さんに愛された信子さん、そんな十三さんをいやした猫達、全てが楽しかった。
十三さんの"家"に来られて良かった。
そして、十三さんの残して下さった物全て...ありがとう!

---

東京都よりご来館

PHOTO

建物目当てで来たので、伊丹十三さんのお名前しか知らなかったのですが、常設展で一生をくわしく知ることができ、その人柄に好感を抱きました。宮本信子さんも映画によく出演されるなぁと思ったら奥様だったのも驚きでした。帰ったら映画をみてみようと思いました。パンフレットがあることでくわしく知ることができ、とても楽しかったです。
愛媛のよい思い出になりました。ありがとうございました。

---

岡山県よりご来館

PHOTO

展示の仕方が斬新で興味深かった。伊丹監督のマルチな才能に改めて驚きました。
グッズもすばらしい!!

---

滋賀県よりご来館

PHOTO

曇天の、10月にしては少しはだ寒い日でしたが、十三記念館の中はあたたかさがいっぱい感じられる、手書きの文字や絵がたくさんありました。どれもこれもただ、ながめているだけで、心がほっこりしてきました。来てよかったです。ありがとうございました。

---

徳島県よりご来館

PHOTO

伊丹十三監督がこんなに多才でアーティスティックな方だということをこちらに伺ってあらためて知ることができました。ありがとうございました。
僕は監督がバイオリンを弾かれていたのがとっても意外で親しみがわきました。

---

千葉県よりご来館

PHOTO

伊丹十三のエッセイで育った人間にとって、ここは聖地。やっと巡礼に訪れることができました。
又、5年後位に訪れると、全く違った印象を、持てるように思います。

---

長野県よりご来館

PHOTO

親戚の家に向かうバスに乗っている途中、偶然見つけ、『これは行かなくては!』と翌日に伺いました。観光なし、ここだけです。それくらい魅力的な所でした。
伊丹さんの直筆の原稿を読むのが、たまらなく面白かったです。豪快な印象の方なのに、文字は丁寧で緻密で、伊丹さんの一面を知れたように感じて、そしてまた刺激を受けました。帰ったら映画観ようと思いました。
遠いのでなかなか来れませんが、何度も来たい場所です。

---

東京都よりご来館

PHOTO

伊丹十三さんのイラスト、CM、映画、旅の軌跡などに触れて、伊丹さんの人生って面白い!と思いました。伊丹さんが宮本さんに旅先から書かれたお手紙には、しみじみと心打たれました。いいですね。
万作さんの、芭蕉カルタには感動しました。個人のちょっとした工夫一つで、世に流されずに感性を守れるのだなぁ、と。
宮本さんの、伊丹さんに対する温かい眼差しにあふれた記念館だと思いました。

---