みなさまの声 ― こんなご感想をいただきました
みなさまの声

こちらは、記念館を訪れてくださった皆様に館の感想をお聞きし、当サイトをご覧の方々に、記念館の雰囲気の一端を感じていただこうというコーナーです。

写真を掲載させていただいている皆様には、撮影許可を頂いております。

【2012年 12月】

兵庫県よりご来館

PHOTO

道後温泉からバスを乗り継いでやってきました。バスの運転手さんが地図まで書いて下さり、乗客の方が色々教えて下さり、松山のあたたかさにふれた思いです。
伊丹映画のあたたかさもこの町で育まれたものなのでしょうか。
カフェでいただいた十三饅頭としょうが湯もおいしかったです。

---

新潟県よりご来館

PHOTO

(十三さんのお父さまの万作さんの)「戦争責任者の問題」を読むと、世の中は(日本は)あれが書かれたころから進歩したのかしら?との思いが胸をよぎりました。
お父さまの感じられた想いは十三さんの胸にもあって、様々な映画が生まれたのかなと思いました。
改めて、十三さんの著書を読み直してみたくなりました。おしい人を亡くしました。
限られた命の中での十三さんへのお父さんの思い(言葉)に胸を打たれました。

---

大阪府よりご来館

PHOTO

3年前の約8か月間、父が転勤族だったので松山が一時期実家でした。
伊丹十三映画が好きで、次回、松山の実家に帰ってから行こうと思ったら、半年後に父が関東へ転勤になり、行く機会を失いました。
子供の頃観た「タンポポ」や「スウィートホーム」。意味はわからなかったけど、大人になって意味が少しわかった気がします。

約2年ぶりに来れて、とても嬉しかったです。

---

広島県よりご来館

PHOTO

やっと、やっと念願の訪問です。
ゆっくり、たっぷり十三ワールドを味わいました。
ありがとうございました。

---

松山市よりご来館

PHOTO

尊敬する十三さん。
十三さんが敬愛する万作さん。
父と子の関係を見つめられる良き時間となりました。丁寧に対応して下さるスタッフの方々ありがとうございました。
31才男性

---

鹿児島県よりご来館

PHOTO

友人の結婚式出席のために松山を訪れました。
素敵なパンフレットのデザインにひかれて、こちらに来たのですが、展示のクオリティに大満足。
イラストの仕事をしているのですが、伊丹さんのような、枠におさまらない活動にとても憧れています。

---

奈良県よりご来館

PHOTO

伊丹さんのエッセイのファンで、今日は思いたって、奈良からやって来ました。
ゆったりとした時間の中でくつろげました。伊丹さんの多才さを再確認しました。

---

松山市よりご来館

PHOTO

全然詳しくなかったのですが、来てみて伊丹十三作品を観てみたいと思いました。

伊丹十三のことは松山に来て初めて存在を知りました。
作品や映像を見るうちに彼の人柄を知ることができました。
最後の父・万作の十三へのコトバを書いた日記が印象に一番残りました!
つもり10ヶ条! byあっくん

---

福岡県よりご来館

PHOTO

エッセイスト・俳優・猫が好き。色んな顔があるのを初めて知りました。
楽しかったです。

伊丹映画は最近初めて観たのですが、とてもおもしろくてファンになりました。
記念館も静かでとても好きです。また来たいです。

---

香川県よりご来館

PHOTO

以前より一度訪問したかった「伊丹十三記念館」、三連休の初日にやっと念願かなってまいりました。
伊丹十三さん、宮本信子さん、池内万作さん(息子さん)のお顔を思い浮かべながら展示品を見させて頂きました。
感動しました。ありがとうございました。

---

愛媛県伊予市よりご来館

PHOTO

近くに住んでいながら、なかなか思いつかず早や5年。やっと来る事ができました。
伊丹さん、デザインや、お料理される事を初めて知りました。すごく多才でいらして素敵な方。
もっと早く来ればよかったと後悔しながらカフェでゆっくりさせて頂きました。

---

鹿児島県よりご来館

PHOTO

お昼をまたいで、のんびりしました。
居心地が良くて違う季節や雨の日にも、
いい時間を過ごせる素敵な所だと思います。

---

【2012年 11月】

岐阜県よりご来館

PHOTO

伊丹映画をほとんど見ていましたが、テレビCM一本一本に、その原点を見たような気がしました。

イラスト・デザイン・随筆・原稿等どれをみても全てが伊丹十三であり、瞬時にあの時代に戻ったようでした。

---

神奈川県よりご来館

PHOTO

誕生日の記念に来ました。
「十三の顔」をもつ、本当に多彩な方だったのだと、おどろきました。
建物の造りもとても良く、今度はゆっくりカフェ「タンポポ」にも寄りたいと思います。

---

東京都よりご来館

PHOTO

こんなにも静かで、小さくて、その中で伊丹さんのさまざまな面を見て、感じてすごせる、とてもしっかりと展示と向きあえる素敵な場所!
この数年、十年にもない、はじめてかもしれない、穏やかな充実感を感じています。
そして、館長、スタッフのみなさんの愛にも感銘を受けています。ありがとうございました。 

---

東京都よりご来館

PHOTO

これまでも、十三さんのエッセイや映画が好きでしたが、この館に訪れてますます好きになりました。あらためて文章が読みたくなりました。
館の空気がとても心地良く、館長のメッセージもとても素敵でした。

---

広島県よりご来館

PHOTO

広島始発のフェリーに愛用のバイクと共に午前8時10分に着きました。
道後温泉本館で一風呂浴びた後、石手寺から始まり、6ヶ寺を巡った後、やっと伊丹十三記念館にたどり着きました。
私は宮本信子様の大ファンですが、十三氏の天才ぶりに感服しました。

---

東京都よりご来館

PHOTO

とてもモダンで居心地のいい空間でした。
展示内容も伊丹十三の直筆の絵やイラスト、文章、どれもユーモアがあって洗練されていて、ニクイなーと思いました。
誰もが文句なしに「カッコイイなー、ずるいなー」と思う人ですよね。

---

神奈川県よりご来館

PHOTO

松山の友人を訪ねて東京、神奈川から3人で来ました。
親子で多彩な才能にあらためて驚きました。
モノンクルが実際に復刻版で買えればよかったです。

---

島根県よりご来館

PHOTO

念願の伊丹十三記念館に来館する事が出来ました。すばらしい作品、すばらしい建物最高です!

---

東京都よりご来館

PHOTO

何か遠くの場所と昔の時間を思い出しました。
伊丹さんが六本木の「クローバー」で背中合わせにすわり、しきりにフランス映画のある俳優の話をしていたのを立ち聞きした15才の秋を思い出しました。

---

愛知県よりご来館

PHOTO

実を言えば、僕が伊丹十三について知っていることと言えば「宮本信子のダンナ」ということだけで、多分世間の認識とは逆だったのでしょう。
ぼんやり映画監督のような人と思っていましたが、ここに来て余計によく分らなくなりました。
でも多分それがこの人の魅力なんだろうな ということは分りました。

---

東京都よりご来館

PHOTO

時間があれば伊丹映画を何度となく観ています。
ほとんどのセリフは覚えてしまうくらい観てますが、結論がわかっていても、やっぱり面白い。
松山の旅行を決めた際、必ずここを訪れようと思ってました。
今日やっと念願がかない満足しています。
東京に帰ったら、また伊丹映画をみちゃうんだろうな。

---

愛媛県愛南町よりご来館

PHOTO

一度来たいなと思っていたので良かったです。
万作さんの資料とかが多く見ることができ身近に感じることができました。

---

東京都よりご来館

PHOTO

入り口の宮本信子さんのビデオ、とても良かったです。
ゆっくり拝見して伊丹十三さんの多才さにあらためて感動です。
そして、お父様の万作さんとの家族の愛情にも心打たれました。
スタッフの方々も皆さんご親切で、ありがとうございました。

---

大阪府よりご来館

PHOTO

私自身、正直あまり知らなかったのですが、母に勧められて来館しました。
帰ってDVDをかりて見たいと思います。

---

オーストラリアよりご来館

PHOTO

念願叶ってやっと来ることができました。
25年前にオーストラリアに移住しましたが、引っ越し荷物のなかの十三さんの本10冊ほどは宝物のひとつでした。
映画も日本にいた間に上映されたのは全て観ていました。
全く惜しい。あんなに早く亡くなってしまうなんて。

---

愛媛県砥部町よりご来館

PHOTO

ずっと気になっていたのになかなかこれなかった伊丹十三記念館に今日やっと来ました。
父が伊丹十三さんのエッセイを持っているけど自分自身まだ読んでなかったり。
伊丹十三さんの多才で独特な人柄を知り、まだ読んでいないことを後悔。
帰ったら早速読みたいと思います。

---

北海道よりご来館

PHOTO

この記念館の良さは、素通り(通過)のツアー客には判らず気の毒に思います。
創られた映画の全編を改めて鑑賞を心に決めました。(お葬式・マルサ・ミンボー・タンポポは観ました)
父万作氏の戦争責任者を問う長文は一人の人間の有り方を考えさせられた。

---

岡山県よりご来館

PHOTO

伊丹十三さんはテレビや映画で物事をリアルに表現されています。
こちらに伺って、絵を拝見して輪郭をはっきりとなおかつ繊細に描いておられます。
その伊丹さんの特徴がこの建物にも表現されていると感じました。

---

岡山県よりご来館

PHOTO

映画館で知り合い、映画館で結婚式をした映画好きの夫婦+息子です。
(結婚式の時には、【無法松の一生】をスクリーンに映してもらいました。)
伊丹十三さん直筆の原稿+絵が見られたこと、また、伊丹万作の展示も充実していたことが印象に残りました。
特にカルタの初めて知り、子供を持つ身としても色々考えさせられる展示でした。

---

大阪府よりご来館

PHOTO

出張で松山に初めて来ました。
伊丹さんの作品は平成生まれの私でも知っている作品ばかりです。
愛媛のみかんジュースも甘くてとてもおいしかったです。

---

【2012年 10月】

香川県よりご来館

PHOTO

来たしるしに出来れば手形を残したい。
ゆっくり時間をとって、また来ます。
``伊丹十三``ファン

---

福島県よりご来館

PHOTO

スタッフの方の丁寧さが印象に残りました。
ありがとうございました。

---

福岡県よりご来館

PHOTO

伊丹十三、伊藤大輔氏ら好きな作家です。
「無法松の一生」原作者、岩下俊作氏にも一度語った事思いだしました。
愛媛大学古代鉄セミナー参加のついでに参覧!
松山は父の出身地でもあります。

---

神奈川県よりご来館

PHOTO

私が伊丹十三という名前はじめて目にしたのは、雑誌「ミセス」での連載からです。
[何としゃれた文章とイラストなんだ]と感心したのを覚えています。それ以来、様々なエッセイを読ませていただきました。
たぐいまれな才能の持ち主だったと思います。13のコーナーで、その一つ一つがとても面白くしつらえていて大満足です。建物もとてもシンプルで趣きがあって素晴しいです。

---

兵庫県よりご来館

PHOTO

十三さんのセンスや世界観を見事に表現している。

おもてなしの心が宿った素晴らしい空間でした。

ヒロ&ヒロ

---

大阪府よりご来館

PHOTO

伊丹十三さんと、建築家中村好文さんのコラボレーションが楽しみで来館しました。
伊丹さんの脈々と積み上げられた人生と、中庭形式を採用した一筆書きプランでの表現が見事にはまっていてとても素敵だなあと思いました。

---

神奈川県よりご来館

PHOTO

最近、伊丹さんの書いたエッセイを読んで、その内容がとても40年も前のものとは思えない程新鮮で驚きがいっぱいでした。
今日は記念館に来て伊丹さんのいろいろな面を見る事が出来て、楽しく過ごす事が出来ました!

---

東京都よりご来館

PHOTO

学生時代から伊丹氏のエッセイを読みあさり、その才能あふれる存在感に圧倒され、敬愛している大ファンです。
今日は仕事の合い間に訪れ、大変満喫しました。
また、訪れたいと思います。

---

神奈川県よりご来館

PHOTO

伺ったのは二度目です。
その時は宮本さんにもお会い出来ました。
是非、お友達にも見せたくて今回は一緒にお連れ致しました。
もちろんみんなで大感動です。
ありがとうございました。

---

広島県よりご来館

PHOTO

実は伊丹十三さんをあまり知らずに看板をみてふら~っと立ち寄ってみました。
なんだか僕に似てるところがあって親近感を感じました。
伊丹サンのセンスもさることながら、この展示の工夫をされた方も素晴らしいですね。

---

和歌山県よりご来館

PHOTO

念願の中村好文さんの作品に会いに来ました。
伊丹さんをつつみこむ心地よい空間でした。

---

上海よりご来館

PHOTO

祖母の家(壬生川)を訪れるついでに、立ち寄りました。
随所に十三さんの遊び心が感じられ、スミからスミまで楽しむことができました。

---

高知県よりご来館

PHOTO

三度目の来館です。
訪ねるたびに伊丹さんの生き方、才能に圧倒されます。
そして癒される雰囲気があります。

---

神奈川県よりご来館

PHOTO

「伊丹十三」をお名前だと知らないとき、【伊丹】と【十三(じゅうそう)】だと思って、良からぬことを考えていました。
才能がある人だっただけに、その失礼を詫びつつ、この記念館で偲ぶことができました。
多くの思い出をありがとうございます。

---

大阪府・松山市よりご来館

PHOTO

記念館ができているという情報をつい最近知り、帰省した折に是非行ってみたいものだと思っておりました。
市内の友人と私の妹と三人でまいりました。
以前より、十三氏の作品や夫人の宮本信子さんのファンですが、今回何よりも万作氏の「戦争責任」の文章は深く心にしみ入るものがあり、現在にも通じるものがあると感じ入りました。

---

東京都よりご来館

PHOTO

大好きな伊丹監督の記念館にやっと来館。
落ち着いた空間とユニークな展示!もうたまりません!

---

【2012年 09月】

広島県よりご来館

PHOTO

松山旅行のついでにふと立ち寄ったのですが、とても伊丹十三さんに興味がわきました。
映画やエッセイ等みなおしたいと思いました。

---

広島県よりご来館

PHOTO

秋風の吹く頃 海を渡ってやって参りました。
伊予の国に生まれ育った十三監督の息吹を浴びる事が出来ました。
本日はありがとうございました。

---

岡山県よりご来館

PHOTO

自由に生きる厳しさ、優しさ、難しさ 親子代々伝わる精神。
豊かな土壌に万作さんの才能が開花したのですね。
小学校の友人たちと古希同窓会の翌日に来ました。
再度参ります(岡山在住)

---

東京都よりご来館

PHOTO

コンパクトだが、想像していたより、はるかに良かった。
とても面白かった。

---

兵庫県よりご来館

PHOTO

バイクで、道後温泉に来て、記念に「伊丹十三記念館」に寄りました。
大変ゆっくりと、館内を見学しました。

---

福井県よりご来館

PHOTO

念願だった伊丹十三記念館。
一歩足を踏み入ればスリガラスの向こうに、僕の大好きな伊丹十三のPhotoが出迎えてくれて、大感激。
今日は一六タルトを食べよう。

---

??よりご来館

PHOTO

中村好文さんの建築を目当てに来ました。
伊丹作品は昔、「スーパーの女」を見たきりだったのですが・・・ここで伊丹さんの多才ぶりにふれ、これからドップリとはまりそうな予感がしています。

---

愛知県よりご来館

PHOTO

1935年生れ。伊丹さんとほぼ同世代の鈴木です。
当時はタブーとされていた「お葬式」の話しを映画の題材に選んだのは、流石だと思います。
また、民放に34年勤務していましたので、彼が手掛けたCMは、特に興味を持って拝見しました。

---

愛知県よりご来館

PHOTO

伊丹十三記念館の看板を見てとび込んで来ました。
ポスターをみて伊丹映画のストーリーを鮮明に思い出しました。
もっともっと面白い映画を作って欲しかったです。

---

北海道・島根県・愛知県よりご来館

PHOTO

レンタカーで走行中、偶然こちらの記念館を見つけ、見学させていただきました。
万作氏の息子を思う日記に心を打たれました。
十三氏の映画を帰ってから観直してみようと思いました。

---

東京都よりご来館

PHOTO

子供の時、家に伊丹十三さんの本があり、最初は文章、次に絵、さらにその暮らしぶりがかっこよくて興味を持ちました。
伊丹万作さんについての展示や書きものを見たことがなかったので、とても面白かったです。
自分なりにひとつ思うところがありました。

---

松山市よりご来館

PHOTO

イラストを描かれるのをここに来て初めて知りました。
タンポポ出演者の方のイラストもとても似ており、ポスターに使われたのもびっくりしました。
多才な方だったんですね。
改めてその才能に驚きました。

---

東京都よりご来館

PHOTO

台風一過、遅めの夏休み。
ようやく来ることができました。
夏の陽射しはまだまだ強いけど、カフェから眺める中庭は優しく、伊丹親子に包まれている様です。素敵な時間をありがとうございました。
また来ます。

---

兵庫県よりご来館

PHOTO

昨日は、八幡浜市立真穴小学校の同級会(女子会)があり、道後に泊まりました。
さっき解散して、旅行好きの私は一人、ここに来ました。
朝日新聞て゜、伊丹万作さんの事を知り「伊丹十三記念館」にぜひ行きたいと思っていて、実現でき満足です。
愛情いっぱいに育った十三さんは、幸せだったと思います。
宮本信子さんの今後のご活躍を期待しております。

---

群馬県よりご来館

PHOTO

以前から伊丹十三さんの不思議な魅力に引き付けられていましたが、理由も分からず時は過ぎ・・・
たまたま十三さんが嫁の出身校の先輩にあたり記念館が松山市にあると知り、嫁が幼なじみの結婚式に出席している待ち時間に訪ねさせて頂きました。
十三さんと父である万作さんとの互いの想いに触れ感銘を受け、僕の足を向けさせたのは、これだったのだなと思いました。
ありがとうございました。

---

東京都よりご来館

PHOTO

夫婦そろって伊丹監督のFANなので、気になっていたmuseumでした。
ようやく来館出来、カントク のユーモアと可愛いセンスにプッと笑ってしまいました。(妻)
また映画、ゆっくり観てみたいと思います。

---

京都府よりご来館

PHOTO

伊丹十三は現代のダ・ヴィンチである。
刺激的だ。

伊丹万作さんの手作りのかるた。愛情にあふれ、とても感動的なものでした。

---

和歌山県よりご来館

PHOTO

時間の経つのも忘れてしまう程展示品に見入ってしまいました・・・。
楽しい時間が過ごせました!

---

東京都よりご来館

PHOTO

伊丹十三の精神を受け継げていければと思います。

---

松山市よりご来館

PHOTO

市内に住んでいますが、初めて来ました。
時間や日常を忘れて、伊丹十三さんの世界を想像しながら楽しみました。

---

愛媛県宇和島市よりご来館

PHOTO

女性2人、宇和島からやって来ました。
伊丹さんは、映画監督のイメージが強く、ここに来て拝見して多才さにはおどろきました。
グラフィック・絵画・料理・執筆など、どの分野でも一流だと思いました。
展示も楽しくとても良かったです。
黒の外観、カフェも素敵でした。

---

松山市よりご来館

PHOTO

「近くなのでいつでも来られる」と思い、なかなか来るチャンスがなく、今日やっと来る事が出来ました。
改めてスゴイ人だ!と感心しきりでした。中でも、イラストがとても気に入りました。
おサイフの中味のある時にTシャツを買いに来ます。

---

東京都よりご来館

PHOTO

伊丹作品が大好きで、特に「タンポポ」は、撮影場所を探し当てに行くくらい好きです。
伊丹好きの集大成として、こちらに来る事が出来て、とても嬉しいです。

---

香川県よりご来館

PHOTO

以前から気になっていた場所でした。
開館時間を調べずに、1時間ほど早く着いてしまったにもかかわらす゜、親切な対応で、即入館させていただき、とてもありがたかったです。そんなお客様を大切にしてくだる伊丹さんの心遣いが、細部に行き渡り感激!
もう一度来たいです。

---

大阪府よりご来館

PHOTO

伊丹十三氏の豊かな才能に感動しました。
もう一度伊丹監督作品をみたくなりました。
お父様の伊丹万作氏の子を思う文章も胸にしみ入りました。

---

東京都よりご来館

PHOTO

40代まで雑誌の写真記者などをつとめさせてもらった。
十三さんの本は、私の手本でした。
また多才な趣味も。
今でも恩師である。

---

群馬県よりご来館

PHOTO

mon oncle(モノンクル)にあった
人間理解の第一原則は"汝 裁くなかれ"・・・
今も大切な言葉です。
裁かれないので、妻はとっても「楽」・・・???です。
次回はもっとゆっくり見学したいと思いました。

---

高知県よりご来館

PHOTO

以前から知っていましたが、伺う機会がなくやっとこれました。
子供時代のスケッチの素晴らしさやCMで見る十三さんのユーモラスな姿、そしてお父さんの十三さんへの思いなど様々な感動がありました。
来て良かったです。ありがとうございました。
(みかんジュースの飲み比べも美味しかったです。)

---

岡山県よりご来館

PHOTO

大学時代を愛媛で過ごしましたので、時折愛媛に"里帰り"しています。
昨年、「伊丹十三記念館」ができたことを知って、やっと来ました。
大好きな宮本信子さんのVTRによるご挨拶や、伊丹監督の幼少期、俳優時代、そして素敵なイラストを見られてとても嬉しかったです。
猫好きというところでますます伊丹監督が好きになりました。
もう一度、映画を観直してみようと思います。

---

東京都よりご来館

PHOTO

高校の大先輩ということで伊丹さんのことは既知でしたが、昨年「お葬式」をDVDで観てからとてもハマッてしまい、一気に全作観てしまいました。
帰省の度に訪れたいと思っていた記念館にやっと訪れることができて感激しています。松山で生まれて、育って、伊丹さんに出会えてよかったなァ~。

---

愛媛県砥部町よりご来館

PHOTO

ずっと気になりながら来館できず、今日やっと訪れることが出来ました。
ホッとして、少し涙して、なんだか少し昔に返ったような・・・そんな気分でした。
50才代の姉妹でまた来ますネ!
中庭の木洩れ日がステキでした。

---

神奈川県よりご来館

PHOTO

興味深い展示で、つい長居してしまいました。
6(イラストレーター)と12(CM作家)のコーナーが特に楽しかったです。
毎年、松山の実家に帰省するたびに来ようと思っていたのが、ようやくかないました。
中庭をゆったりながめながらの梅こぶ茶と十三饅頭、とてもおいしかったです。

---

三重県よりご来館

PHOTO

中村好文さんの建物が好きで今回訪れました。
伊丹十三さんの多才さに驚きました。一六タルトのCMがおもしろかったです。【夫】

好文ファンの夫にムリヤリ?!連れてこられましたが伊丹十三さんのユニークさにどっぷりはまってしまいました。帰ったらさっそくDVDを借りてみたいと思います。【嫁】

---

東京都よりご来館

PHOTO

学生時代から社会人になる頃、ひたすらイイ女を目指して試行錯誤していた頃、出逢った本が伊丹十三氏の「女たちよ」。何回も読んではひとつひとつウ~ンとうなずきながら、少しづつ理解して、今日に至った気がします。
上辺だけ飾っても本当のイイ女とは言えない。ランジェリーにまで心配りのできる女、何事にもこだわって生きることこそが大切なのだと巨匠に学びました。
天国でも皆のことを叱っていることでしょう!
大好きです。

---

徳島県よりご来館

PHOTO

伊丹十三氏の多彩な才能に改めて感服しました。
私達も短い人生を大切にしたいと思わされました。
ありがとうございました。

---

兵庫県よりご来館

PHOTO

先日のNHKの伊丹さんの番組から、「お葬式」を改めて観て、伊丹さん・宮本さんご夫婦の大ファンになりました!
時間を経ても、平成2ケタ生まれの子供たちにも届く伊丹映画。全作品を観ていく楽しみができました!これを機に出会った著書の楽しさにもびっくりです。
今日は夏休みに、初めて松山に来ました。
伊丹映画のように、やさしい町でした。
記念館も最高!万作さんの手作りカルタ、すばらしいです。このカルタで育った子供が十三さん。納得でした。
また来たいと思います。

---

神奈川県よりご来館

PHOTO

伊丹万作さんの企画展を新聞で見かけ初めて参りました。
映画以外の伊丹十三さんの顔も、お父様の生き様とだぶっている様に見え、大変興味深かったです。「父親の役目は・・・」の言葉には、自分も父親として考えさせられました。
十三さんのエッセイに触れてみたくなりました。

---

【2012年 08月】

松山市よりご来館

PHOTO

伊丹作品がどれも好きで、今日来られて感激です!!
懐かしくて、またお葬式から映画見直そうと思います。
義弟の大江健三郎とのコラボ展示も増やしていただけたら嬉しいですネ。
カフェで愛媛のみかんジュースを頂きました。美味しかったですよおぉ・・・

---

大阪府よりご来館

PHOTO

エッセイのファンです。
人柄を表すような絵がたくさん見られて楽しかったです。
もっと本や映画に触れてみたいと思いました。

---

神奈川県よりご来館

PHOTO

小学生の時から、伊丹さんのことを映画「スーパーの女」を通して知っていました。
今日は、伊丹さんの様々な姿を見る事ができて非常に楽しかったです。まるで、伊丹さんがそばにいて語りかけてくるような感じがしました。
ますます、好きになりそうです。

---

大阪府よりご来館

PHOTO

万作さんから十三さんへの親子の絆の深さに感動いたしました。
盆休みを利用しての伊予路での親子三代での旅の中での、この館でのすばらしい心のつながりを、改めて感じさせていただきましたこと、心から感謝いたして、次の高知へと、行かせていただきます。有難うございました。

---

千葉県よりご来館

PHOTO

伊丹家のすばらしいDNAを受け継いで行ってほしいです。
でも、宮本信子さんが一番伊丹十三をすばらしい一生に導いたと思います。

---

香川県よりご来館

PHOTO

帰省中に来ました。
伊丹さんの多彩な才能に驚きました。
様々な事に興味を持つことが彼の功績の原点だと感じました。

---

神奈川県・松山市よりご来館

PHOTO

「今度帰省したらぜひ」という主人と主人の姉(松山在住)と三人で来ました。
濃く豊かな想念を堪能、カフェでの時も貴重な余韻を味わう場となりました。

---

大阪府よりご来館

PHOTO

伊丹十三氏の生き様が、多分今もって存命なら映画監督からまた新たな14、15と多才な【顔】が見えてくる素晴らしい記念館でした。
友人曰く、次回また松山に来訪する時、あればいいなと思ったのが【タンポポラーメン】ができないかと?カフェでイートイン。又は、即席カップ麺でも販売してもらったら、是非購入したいものです。

---

岡山県よりご来館

PHOTO

昭和47年春 私は伊丹十三さんとテレビ番組の取材でご一緒させていただきました。伊丹さんはリポーター、私はカメラマン助手でした。19才でした。
番組の内容は、岡山に新幹線が開通したのを記念した番組でした。私はカメラマン助手として最後の仕事にしようと決心してロケに同行しました。
きつく、きびしい世界に向かないと思っていたのです。ロケが終わり宿で伊丹さんが、「今日一番良く仕事をしたのはカメラマン助手のMさんだ」とほめて下さいました。
私の仕事ぶりを認めて下さった伊丹さんの一言が私の人生を報道カメラマンへと導いて下さったと感謝しています。地方局の報道カメラマンとして40年間、現場に立てた事は伊丹さんの一言だと思っています。
ありがとう伊丹さん。

無名の報道カメラマンより

---

愛知県よりご来館

PHOTO

中村好文さん設計の建物という事で伺いましたが、伊丹さんのとても魅力的なお人柄や、多才さに驚きました。
宮本信子さんの愛情も感じます。

---

長野県よりご来館

PHOTO

伊丹十三さんの「十三の顔」は多様であり、色々な可能性を教えてくれています。
「遠くに行きたい」でも飯田市下栗の里の映像が残っていて、是非、全編を見てみたいと思いました。

---

大阪府よりご来館

PHOTO

伊丹さんの映画ファンの建築設計者です。
以前から来たいと思っていて、やっと来れました。
建物はもちろん素晴らしいですが、展示設計がとてもいいなと感じました。
楽しみすぎて、手まわし式イラストをまわしすぎました。

---

香川県よりご来館

PHOTO

中村好文さんの建物を拝見したくて初めて来館しました。シンプルで心地良い温かみを感じました。
正直、映画監督の十三さんしか知りませんでしたが、生い立ちや若い頃の映像を見てその多才さに驚きました。

---

群馬県よりご来館

PHOTO

伊丹万作、十三には関心があり、来館しました。万作も十三も生きることに苦しんだと思いました。

---

松山市・石川県よりご来館

PHOTO

十三のかくれた姿をみられて大変勉強になりました。(85歳・男)
CMがおもしろかった。(9歳・男)
父と子のつながりを見る事が出来てよかった。万作と十三の産み出した作品の子供達がおもしろおかしく未来に伸びていると思いました。(40歳・女)

---

東京都よりご来館

PHOTO

大学の卒論で、映画監督伊丹十三をとり上げるので、そのフィールドワークとして来ました。
数々の作品を観て、読んで、底が知れない伊丹十三という人を少しでも知れたら、と思いましたが、更にその深みにハマっていきそうです。
良い論文が書けるよう努力してみます。


---

松山市よりご来館

PHOTO

近くに住んでいながら、やっと来館することができました。
伊丹万作さん、十三さん、お二人共才能豊かですごいです。
建物もきれいで落ち着きます。
また来たいと思います。

---

東京都よりご来館

PHOTO

伊丹十三さんのデザイナーとして、文筆家としてのお仕事が、現在主流となっている様々なスタイルの基本、源流であることを改めて確認することができました。
またゆっくりと再訪させて頂きたいと思います。ありがとうございます。

---

松山市よりご来館

PHOTO

久々に来ました。
CM、ドキュメンタリー、何度見てもやっぱり楽しい!
伊丹万作の企画展は親子の情愛がこもっていて泣けました。この父にしてこの子アリですね。

---

福岡県よりご来館

PHOTO

伊丹十三のユニークな個性と才能であふれた記念館です。
古いテレビ番組の上映やイラスト等、伊丹さんを知らない人々にも楽しめる工夫がたくさんなされています。
またゆっくり見学に来たいです。
建物も和モダンで大変見ごたえがありました。

---

埼玉県よりご来館

PHOTO

一遍さん 真民さん 子規さん 万作さん 十三さん 松山ゆかりの人々の偉大さ、奥深さを改めて感じる良い機会となりました。
十三さん出演の映画や作品を観たくなりました。
館長さんのご挨拶、心にしみました。
開館をありがとうございました。いつかお会いしたいです。

---

熊本県よりご来館

PHOTO

父親として、子供として、何を受け止め何を伝えるのか、必死に考えていた万作さんと十三さんの関係がとても伝わってきました。二人のように生きることができたら、もっと世の中を(自分を)良く、そして楽しく変えることができるかもしれないと思ったことでした。

---

神奈川県よりご来館

PHOTO

砥部焼見学・体験で松山に来ました。
伊丹十三記念館かあるというので、めっけ物という感じで、ラッキーの出会いでした。
「マルサの女」は大々好きな作品、宮本さんのファンです。
今度はかみさんと来ます。

---

東京都よりご来館

PHOTO

「やあ、いらっしゃい」と迎えられ、伊丹さんのお宅のたくさんのお部屋を遠慮なく拝見させていただきました。どの部屋も素敵で、まぎれもない伊丹さんのお姿とお仕事に触れることができました。
でも、とうとう最後まで、ご本人にお目にかかることはかなわず・・・。主(あるじ)不在のお宅を後にしますが、今度はきっと伊丹さんにお目にかかれると信じています。

---

香川県よりご来館

PHOTO

愛媛出身で幼い頃に「もんたかや」のCMを見、高校時代に「女たちよ!」を読み、大人になってからは映画からたくさんのことを教えていただきました。
Cafeからの風景はなんともいえない幸福感でした。

---

岩手県よりご来館

PHOTO

天才とは天より舞い下りる。「表現」とは人間の自由と尊厳を表すこと。
だから人間同志が交わいあえる。
永遠に輝く天才伊丹十三さん。

---

福井県よりご来館

PHOTO

多彩(才)で繊細な所が、親子共に感じられるすてきな空間でした。

---

熊本県よりご来館

PHOTO

十三の生涯が良くわかり父親の教育、子育てに感動しました。

---

岐阜県よりご来館

PHOTO

松山出身で母校の先輩でもある伊丹さん、宮本さんご夫妻には昔から関心を抱いていました。
ふさわしい記念館が出来てぜひ訪れたいと思いました。うれしく思っています。

---

岐阜県よりご来館

PHOTO

中村好文さんの建物と伊丹十三さんの作品、人物像に興味があり訪れました。
映画を予習して二作品観ましたが、映画だけでない才能をこちらで沢山知る事が出来ました。帰ったら、エッセイも読んでみたいです。
カフェのドリンクもケーキも十三饅頭もどれも大変美味しくて、全て良かったです。
じっくり見学して帰ります。

---

愛媛県よりご来館

PHOTO

今回初めて来ましたが、とてもおもしろく勉強になりました。またカフェでゆったりとした時間も過ごすことができてよかったです。(飲み物、食べ物おいしかったです!)

今回勉強させていただいたことは今年の夏休み課題の参考にさせていただきます!
本当に楽しかったです。ありがとうございました!

---

長崎県よりご来館

PHOTO

30年ぶりに松山に来ました。この伊丹十三記念館は初めてですが、ほっとする空間でゆっくり見学させてもらいました。
伊丹作品はお葬式から全作品観ていると思います。他の作品と違う意外さがとても好きでした。

---

愛知県よりご来館

PHOTO

「遠くへ行きたい」をライブで観てました。当時は随分、理屈っぽい人だなぁと思っていたものでした。最近は、その理屈に納得しているのですから不思議です。歳をとったのかな。
初めての松山。ぜひ訪れてみたかったので喜びもひとしおです。

---

東京都・愛媛県よりご来館

PHOTO

すごく充実した展示で見にきた甲斐がありました。松山にはまた来ることになりそうなので、その時また訪れたいです。

もう何度も来館しておりますが、何度来ても見入ってしまう。新しい発見があります。さすが伊丹十三氏。また来ます。

---

大阪府よりご来館

PHOTO

やっと来館できました。
大好きな伊丹さん、木の下で私達親子に気づいてくれたかな?

---

東京都よりご来館

PHOTO

あまり知らなかったけど、今日、妻が好きということもあって来てみてよかった。伊丹十三監督の作品やエッセイを観てみたいと思います。(ご主人様)

「ほぼにち」の記事をみてから、来たい!と思っていました。大満足です。(奥様)

---

神奈川県よりご来館

PHOTO

銀婚式の記念旅行でたまたま松山に来て、どここかおもしろそうな所はないかと探していて偶然知り来ました。
映画はほとんとど観ていました。CMも何本か覚えています。本当に多才な人だったのですね。生きておられて、今の日本の現状を鋭く切り取って作品にしてほしいと願っているのは私だけはないでしょう。
素敵な中庭を眺めながらのジンジャーティーで癒されました。ありがとうございました。

---

香川県よりご来館

PHOTO

建物のオシャレなデザインは素敵です。さくら会一同最高の研修会となりました。
伊丹十三先生の生き様にカンパイ!

---

石川県よりご来館

PHOTO

本日は、パナソニックさんの中部メディカ会のメンバーと来ました。(名古屋から来ました。)
伊丹十三さんの才能と奥深さに感銘しました。良い経験となりました。奥様、お元気で頑張って下さい。

---

東京都・兵庫県よりご来館

PHOTO

著者と編集者の間柄で、出版の構想を練りに訪ねました。
展示も空間もとてもすばらしいですね。どっしり構えた十三さんの人柄のようにゆったりした空間でしばしのんびりした時間を楽しみました。
帰りの飛行機で、「伊丹十三の本」を読むのが楽しみです。

---

高知県よりご来館

PHOTO

少年のころの夢と希望を生涯忘れず、厳しい仕事を通じて一つ一つ叶えていった伊丹十三氏の生き様の一端に触れることができ、感動しました。
この記念館の立地条件については、やや不満というか、マーケティングの不利を感じながら来館したのですが、実は十三氏自らがご尊父の万作氏のためにこの場所を選ばれたことを知り、自らの無知を痛感しました。

---

東京都よりご来館

PHOTO

伊丹十三さんのあらゆる事に対する好奇心と集中力に感銘を覚えました。中村好文さんの建築にも、それと同様の感性を感じました。ここには、展示物にも建築にも、幸せな"場"がありました。

---

京都よりご来館

PHOTO

タクシーで到着したのですが、運転手さんが心配そうに「開いてないのでは?」と、私が建物に入るまで、立ち去らず待っていて下さいました。それくらい控え目な印象の記念館です。(笑)
でも、中に入るとゆったりとした時間が流れる居心地のいい記念館でした。

---

香川県・高知県よりご来館

PHOTO

建物の設計がスッキリしているのであきがこない素晴らしい!音楽や絵、料理にまで、感性の豊かさを感じました。
映画作品も展示されているものを見て、改めて、また一つ一つ観てみたいと思います。前回観た時ときっとちがった鑑賞ができるはずです。
猫好きな事を知り、猫と一緒に写っている写真が猫ともどもリラックスした良い表情でこちらも癒されました。

---

神奈川県よりご来館

PHOTO

万作さんが十三さんにあてた日記がとても印象的でした。カフェルームの山崎努さんの似顔絵ととてもよかったです。

---

滋賀県よりご来館

PHOTO

万作さんが十三さんに贈った誕生日のコトバ、グッときました。この父がいたから「伊丹十三」という人間、そして作品に出逢えたのだと感じました。また来館します。

---

兵庫県よりご来館

PHOTO

落ち着いた雰囲気がとても気に入りました。監督以外にいろいろな顔を持っていたと初めて知りました。

---

福岡県よりご来館

PHOTO

思いがけず、松山に伊丹十三記念館があることを知り訪れてみました。伊丹十三の多才さに圧倒されました。また、父万作のDNAが受けつがれていることを、強く感じました。

---

山梨県よりご来館

PHOTO

初めての松山訪問でしたが、記念館があることは全く知らず、たまたま見たガイドブックに紹介されていて立ち寄りました。
以前から伊丹十三監督の作品の大ファンでどんな方なのか、作品のルーツなどを知ることが出来、大満足でした。改めて、監督の作品を拝見したいと思います!

---

島根県よりご来館

PHOTO

「マルサの女」を見てからファンになりました。十三さんの映画がもっと観たかったです。

---

【2012年 07月】

高知県よりご来館

PHOTO

念願でした。4人で来た時、火曜日が休館日と知らず(チェックミス)シックな建築外観に伊丹さんの(宮本さん)ポリシーを感じ、又次回と想いを残し帰りました。
今日やっと! 
これから知人を案内できます。
我が家の愛猫を亡くしましたが、展示室にひょっこり、招いてくれていましたよ~♪
又会いに来ます。

---

千葉県よりご来館

PHOTO

祖父母の墓参りのため福山巡りで、しまなみ海道を渡って松山まで来ました。
初めての松山で、大好きな伊丹十三監督の記念館があることを知り、入りました。今日は今年一番の暑さ(38℃)とのことで、この館でゆっくり避暑の時間を楽しみました。
伊丹十三監督は実に人間らしい人で改めて大ファンになりました。
家に帰ったらTUTAYAで全巻DVDを借りて見直しま~す!!

---

奈良県よりご来館

PHOTO

本当に見応えのある楽しい展示でした。
僕たちも、いろいろなことを楽しんでやっていこうと思いました。
あと建物も素敵でした。
映画を全部見たら、もう一度来ます。

---

神奈川県よりご来館

PHOTO

映画「お葬式」以来、伊丹映画の大ファンです。また、心理学・精神分析学にも興味を持っていますが、伊丹さんの作品、文章表現にも共鳴するものがあります。
湯河原のご自宅に近い所に住んでいることもあり、時々、伊丹さんを想い出します。一度、是非来てみたいと想っていましたが、やっと叶い嬉しい気分です。

---

香川県よりご来館

PHOTO

中村好文さんの作品はいつ見てもディテールまでいい感性です。
今回で四回目です。

---

大分県よりご来館

PHOTO

伊丹監督の映画作品を全て劇場で観て、ホレ込んでおりました。
今回は長年の願いがかない来館しました。
監督の社会に対する広く、するどい視点を改めて感じることが出来ました。
ありがとうございました。

---

愛知県よりご来館

PHOTO

かねてより一度訪れてみたいと願っていた記念館をやっと訪ねる機会を得ました。何よりもびっくりしたのは、小学低学年当時に描いた十三氏の卓抜な絵です。彼の才能はここから開いていったのだと思わされました。

---

岐阜県・千葉県よりご来館

PHOTO

古いCMをみてクスッと笑ったり、愛媛みかんの飲みくらべさしたりなかなか楽しかったです。
イラストの可愛らしさで楽しい気持ちになりました。
なんとも居心地の良い所です。

---

東京都よりご来館

PHOTO

伊丹十三という「才能」と、それに引き寄せられた方々の「才能」。
それを一気に学ぶことができる記念館。
素敵です。

---

徳島県よりご来館

PHOTO

伊丹十三さんと言えば、『マルサの女』くらいしか知らなかった私。でも館内を見ていくうちに伊丹さんの多才さ、おもしろさにふれて楽しい時間を過ごすことが出来ました。
映画『眉山』以来、宮本信子さんのファンでもあります。桂の木が色づく頃に又、来たいです。

---

広島県よりご来館

PHOTO

映画しか知らなかったので、伊丹さんの才能の多彩さに驚きました。
建物もカフェも素敵で来てよかったです。
エッセイを読みたくなりました。

---

熊本県よりご来館

PHOTO

"マルサの女"宮本信子の権力に立ち向う芸の鋭さが強烈でした。
第2の伊丹十三が出て来ることを...
説明文の字が小さくちょっと残念です。大きく見やすくしてもらえれば。

---

大阪府よりご来館

PHOTO

三連休を利用して高知、愛媛の旅に。
レンタカーで走っていると記念館を発見。伊丹作品の映画は独特な作風で強く心に残っているので来館致しました。お父様が映画監督だったことも初めて知りました。
また久しぶりに映画を観たいです。

---

茨城県よりご来館

PHOTO

伊丹十三の映画が好きと思っていました。観ていない作品がまだまだ沢山残っていました。
楽しみが増えたことが希望となり良い旅の思い出となりました。

---

大阪府よりご来館

PHOTO

映画監督だけでない、伊丹さんの多様な才能の世界に包まれるような感覚を味わいました。
細かい所まで作りこまれた展示、光の降りそそぐ中庭、スタッフさんの温かい心配り...。
この場所に来て本当に良かったと思える素晴らしい記念館です。

---

大阪府よりご来館

PHOTO

伊丹十三の大ファンです。
幼心にマルサの女を見て衝撃を受けました。
貴重な展示品ありがとうございました。

---

広島県よりご来館

PHOTO

前から気になっていたのですが、内田樹さんの講演会の話に触発されて、やっと来ることができました。
常に自分を表現し続けた伊丹さんの人生に、少しでも触れることができたような気がして、嬉しい一日になりました。

---

福岡県よりご来館

PHOTO

学生時代に「ヨーロッパ退屈日記」を読んで以来、いろいろな著作に接してきましたが、本からだけでは知ることのできなかった新たな魅力を知ることができました。
楽しかったです。

---

兵庫県よりご来館

PHOTO

中学生の頃「映画の友」で、伊丹さんのエッセイとロータスに乗った写真に魅せられて以来の大ファンです。
「北京の55日」「ロード・ジム」「執炎」そしてテレビ「源氏物語」の光源氏等々も観ているのは、同じ伊丹ファンの友人に自慢しています。
記念館はとても良い雰囲気です。

---

大阪府よりご来館

PHOTO

雨のバイク四国旅にて立ち寄りました。
ずっと雨で、足摺岬は滝の雨、四万十川は茶色、大野ヶ原はまっ白で、最後にこちらです。
伊丹さんの仕事への熱が感じられて、来て良かったです。

---

東京都よりご来館

PHOTO

湯河原のスーパーで宮本信子さんとお会いしたり伊丹十三さんは高校の先輩だったり映画も色々拝見して楽しませて頂いたりお二方にはとても親しみを持っています。
久し振りに当館で多くのことを思い出し、又十三さんが亡くなってしまわれたことが哀しくもなりました。コマーシャルを見て思わず笑ってしまいました。色々な面から故十三さんの才能をあらためて実感しました。
ありがとうございました。

---

奈良県よりご来館

PHOTO

一昨日から、松山を初めて訪れて、松山城、道後温泉、子規記念館を見学し最後に当記念館を見て...外観からでは想像もつかない内装でとてもさわやかな気持ちになり、今迄、 "インテリなおじ様"といだいていたイメージがはずれではないですが、もっと多岐にわたる才能に満ちあふれた方でとても魅力的です。
私自身、映画は全て観ていますが、今一度見直したいと思いました。
お父様の子供への愛情あふれるメッセージにも感動。
最後にチーズケーキ、チョコケーキ、タンポポコーヒー、豆乳紅茶おいしかったです!! 十三饅頭はお土産にしま~す。

---

東京都よりご来館

PHOTO

伊丹さんへ。
温泉も好きなまんま。
マヨネーズも好きなまんま。
ですよ! 以上。
P.S.
キューピーにはねがえってません。一度も。

---

東京都よりご来館

PHOTO

感度、急上昇!!
ここに住みたいです。

---

香川県よりご来館

PHOTO

父の影響で伊丹十三さんの作品に出会いました。
僕はリアルタイムで映画館で作品を観る事はできませんでしたが、DVDで何作品か観ていくうちにどんどん吸い込まれていき、ここに辿りつきました。とても貴重な暮らしの記録や、資料、ユニークなグッズ、とても楽しませていただきました。

---

兵庫県よりご来館

PHOTO

伊丹十三記念館をめざし松山へやってきました。
改めて伊丹さんの魅力を感じています。ありがとうございました。
受付の方、カフェの方、展示内容もさることながら、運営される方もしっかりしておられて、すがすがしく過ごせました。
これからもガンバッテください。

---

大阪府よりご来館

PHOTO

私の憧れの人にやっと逢い(?)に来ました。
「北京の55日」から、映画、テレビ、エッセイそして映画へと彼のダンディーなたたずまいと共にその作品達は、今も私の心の中に憧れと共にあります。

---

滋賀県よりご来館

PHOTO

伊丹十三さんは天才だと改めて思い、人生の意味を深めたいと思いました。

---

山口県よりご来館

PHOTO

仕事の合間のせわしない時に来てしまったので、ぜひ次回ゆっくり見たいのですが。。。
すごく見ごたえがありました。
伊丹十三さんはすごく多才な方で、人間味あふれる方なのですね!
あらためて、映画の全作品を見なおしたいです。

---

松山市よりご来館

PHOTO

近所の者です。近すぎて、逆に来られませんでした。(いつでも来られると思うので...。)
今日初めて足を運び、どうしてもっと早く来なかったのかと...後悔しました。
伊丹親子の業績、才能があまりにも興味深く、ただただ驚くのみです!! 天才とは、このような方たちのことを言うんですね~! お2人が偉ぶっていないところもステキです。
カフェのジンジャーティー、チーズケーキもとってもおいしかったです! ありがとうございました。

---

広島県よりご来館

PHOTO

2度目の来館。
今日は福岡、山口、徳島の友4人で来館。
溢れる才能とふところ深いやさしい伊丹十三氏を垣間見られうれしい梅雨のひとときでした。
また秋おたずねします。
本当に有難うございました。

---

香川県よりご来館

PHOTO

掲示されていたパネルの中の伊丹十三の次の言葉がとても印象的でした。
「これまで自分が様々に取り組んできたことはすべて、映画監督になるための準備、用意だったのだ」
この言葉に出会えたことが、本日の最大の収穫でした。
ありがとうございました。

---

京都府よりご来館

PHOTO

黒い板塀とゆるりとスロープを降りてゆく入口が優しい。
父万作あっての十三氏の開花は、いかにもと納得しました。
中庭のタンポポが雨で程よくしっとりと印象的。

---

愛媛県東温市よりご来館

PHOTO

生まれた家が地域の人達の娯楽にと、芝居や映画を見れるような建物「名越座」を建てていました。物心がついた頃には無くなっていましたが、芸能的な事は代々受け継がれているのか、映画、芝居、音楽とか大好きです。
この記念館にも、是非来たかったので、今日はとても楽しかったです。

---

愛媛県東温市よりご来館

PHOTO

NHKの深夜の放送を見ました。
懐かしい映画が映っていました。
思わず目がぱっちり。
しばし若かったあの頃にタイムスリップしたような感情がこみあげてきました。
自然と泣いてしまいました。
ずっと気になっていました「記念館」。40年来の友人と来てよかったです。

---