記念館便り ― 記念館からみなさまへ

記念館便り

こちらでは記念館の最新の情報や近況、そして学芸員やスタッフによる日々のちょっとした出来事など、あまり形を決めずに様々な事を掲載していきます。

2018.10.27 記念館を知ったきっかけ

10月に入ると、お店の飾りつけや広告が「お歳暮!」「クリスマス!」「おせち!」と訴えかけてくるせいか、年末、年越し、来年を意識してしまい、気持ちが妙に急かされます。

181028yamaboushi_l.jpg181028yamaboushi_c.jpgヤマボウシも日に日に色づいてます。深秋、ですねぇ!

記念館へお越しくださるお客様はゆったりと過ごしてくださる方ばかりで、そういう不必要なアワアワを感じさせない雰囲気にしていただいていることがとても嬉しく、心の中で手を合わせております。


さて、9月に開始したアンケート、皆様、好意的にご協力くださり、まことにありがとうございます。

このアンケートを始めたのは、「どんな方が、どういう機会にこの記念館を知って、どんな動機で来てくださっているのか」を知りたい、つまり「これまでのPR活動の効果を分析して今後の参考にしたい」というのが目的でした。
集計してみるといろいろと具体的に分かり、継続して実施したいと考えております。引き続きご協力いただけますよう宜しくお願いいたします。


ところで、「記念館を知ったきっかけ」という質問で、あらかじめ設けていた選択肢は
・テレビ番組
・新聞雑誌ウェブ記事
・SNS
・他施設に設置されていたリーフレット
・その他(       )
の5つでしたが、圧倒的に多かったのは「その他」。想定が粗すぎたということですね、反省。
せっかくご回答いただくからには精度の高いデータが得られるように、質問や選択肢を見直そうと思います。

「その他」をご選択された上で( )の中に詳しく記入してくださった方も多くいらっしゃいまして、それを拝見しますと、「家族や友人から聞いて知った、勧められた」という方が続々と......なんと「テレビ」以上の数でした! 口コミの効果の高さはよく言われることですが、やっぱりすごいものなのですね。
それと同時に、ご来館くださった方が「こういうところに行ったよ」「よかったから行ってみたら」と、どこかで誰かに言ってくださっているなんて、とてもありがたいことです。

まだ記念館をご存知ない方に届くお知らせの仕方を考えつつ、日々お越しくださるお客様をお迎えすることを大切にしていきたいと改めて感じました。

yukuakiya.JPG「行く秋や 手をひろげたる 栗のいが」
伊丹万作手作りの芭蕉いろはかるた、
秋の句は11月中頃までの展示です。

秋のひととき、気分転換にぜひお越しくださいませ。

************* 出版のお知らせ *************


「伊丹十三選集」全三巻が岩波書店から刊行されます!

第一巻 日本人よ! 2018年12月20日発売
第二巻 好きと嫌い 2019年 1月18日発売
第三巻 日々是十三 2019年 2月19日発売
各巻 本体3,300円

181028senshu_pamph.jpgステキな内容案内パンフレットを作っていただきました!
三つ折りでA5サイズになります。

詳しくは、伊丹十三記念館、全国の書店で設置・配布されている内容案内パンフレットでご覧いただき、発売を楽しみにお待ちください!!

学芸員:中野