記念館便り ― 記念館からみなさまへ

記念館便り

こちらでは記念館の最新の情報や近況、そして学芸員やスタッフによる日々のちょっとした出来事など、あまり形を決めずに様々な事を掲載していきます。

2017.11.20 映画『お葬式』シナリオつき絵コンテノート

記念館便りをご覧の皆さま、こんにちは。
一気に冷え込んできましたね!外出される際はあたたかくして、風邪などひかれませんようお気を付けください。

さて、ひとつの映画を好きになると、好きなシーンを中心に何度も観かえすと同時に、関連書籍を読んだり、メイキング映像を観たり、「ちょっと違うところ」からその映画を楽しみたくなってきませんか?
ここ「伊丹十三記念館」にお越しになるということもあって、ご来館のお客様には「伊丹監督映画作品のファンです!」と仰る方が本当にたくさんいらっしゃいます。その中でも、特に『お葬式』がお気に入りですというお客様にご好評いただいているのが、映像作品である『お葬式』を「読んで」楽しむことができる、「映画『お葬式』シナリオつき絵コンテノート」です。

ちょっとご紹介します!

IMG_6702 (300x200).jpg

映画『お葬式』シナリオつき絵コンテノート。
中身は同じで表紙が2種類(タイトル明朝タイトルゴシック)あります。
ショップ店頭のほか、オンラインショップからもお求めいただけます。

ご存知の方も多いと思いますが、映画『お葬式』は1984年11月に公開され、キネマ旬報ベストテン第一位、日本アカデミー賞最優秀作品賞・最優秀監督賞等々、多くの賞を受賞した伊丹さんの初監督映画作品です(内容はコチラのページから、赤文字の『お葬式』をクリックしてください)。

伊丹さんは撮影にあたり、膨大な絵コンテ(シナリオをもとに登場人物の動きやカメラワークを場面ごとに絵で示したもの)を描きました。
映画『お葬式』シナリオつき絵コンテノートには、映画の全シーンの絵コンテがシナリオとともに掲載されています。

(前略)
そして、全編にわたる綿密な絵コンテを作り、イメージを完璧に把握したうえで撮影にのぞみました。絵コンテの数、およそ300枚。高速道路をカーチェイスしながらサンドイッチを渡す場面では絵コンテにもスピード感があふれ、会葬のシーンでは登場人物の性格まで鮮やかに浮かび上がってきます。絵コンテはまさに、映画監督の映像イメージやさまざまなアイデアの源泉といえるものです。
(後略)

(映画『お葬式』シナリオつき絵コンテノートの冒頭より)

5235004_o1.jpg5235004_o2.jpg

読むだけでも映像のイメージが膨らみますし、『お葬式』をご覧になったことがある方なら、印象に残ったシーンが絵コンテでどのように描かれていたのかをみるのも面白いかもしれませんね。

『お葬式』は124分の映画です。その映像作品を今度は本で、自分なりの速さでページをめくって、味わってみてはいかがでしょうか。

スタッフ:山岡