記念館便り ― 記念館からみなさまへ

記念館便り

こちらでは記念館の最新の情報や近況、そして学芸員やスタッフによる日々のちょっとした出来事など、あまり形を決めずに様々な事を掲載していきます。

2018.06.18 「アレ」のある記念館

『ぼくの伯父さん』(つるとはな)の発売から半年が経ちました。
記念館グッズショップでのご好評ぶりから、全国の書店やインターネットでもたくさん売れているだろうな、と想像しています。
一気に読んだ方、ちょっとずつ読んだ方、往年の伊丹エッセイファンも初めての方も、思い思いに"四半世紀ぶりの新刊"を味わってくださったのではないでしょうか。

bokuoji.jpg記念館HPのオンラインショップでも扱っております!

さて、これまでの伊丹十三の著書がそうであったように、この"新刊"もまた、お読みいただいてから記念館へお越しいただきますと、「エッセイに書かれていたアレがある!」というお楽しみがございます。

たとえば、手書きテキストと挿絵が一体になった、愉快なスタイルのエッセイ「スーツケース」の原稿原画。「急須」の挿絵の"モデル"の実物。「丼めし」は挿絵の原画も実物も展示しています。「傘」は、取り寄せ販売の見本をグッズショップにディスプレイしております。

これらのほかに、『ぼくの伯父さん』ではビジュアルが紹介されていないもので、記念館で「アレはこういうものだったのね!」と知っていただける、ぜひご覧いただきたい展示品があります。

所収の一篇「父、万作のかるた」というエッセイに、こんなことが書かれています。

――父がこのカルタを描いたのは昭和十八年ですから、まだ日本が戦争に勝っていた頃だと思います。年の暮れになって突然父がカルタを作ると宣言して製作にとりかかった。
(中略)このカルタで随分遊びましたね。私も妹も、このカルタに出てくる芭蕉の俳句を全部憶えております。勿論、それが父の狙いだったんでしょうがね。
 で、実を申しますと、それ以来三十年、私はこのカルタを見たことがなかった。ある人が父から貰い受けてずっと所有していたんです。それが、その人の好意で、二年ばかり前に突然私のところに返されてきた。
 これはびっくりしましたねえ。まず、その力量に圧倒されましたね、私は。そしてまた、その絵や字の裏に流れている、なんともいえぬ人間の好さ、高さですね、これはもう参りましたね。ああ、ここまで行ってる人だったか、という思いがありましたね。
 父がこれを作った時、四十四歳くらいだったわけですから、考えてみれば私はそろそろ同じ年齢に達しようとしているわけでしょう。こりゃ考えますねえ、だって、これを描けるようになるには、また別の一生を必要とするようなものですよ、このカルタは――

『ぼくの伯父さん』をお読みになって、「挿絵も写真図版もないけど、どんなカルタなのかしら」と思った方、いらっしゃいませんか?
このエッセイの初出は、いろはかるたを特集したムック本『別冊太陽』No.9(平凡社、1974年11月)。すべての絵札がグラビアページに掲載されていました。それで文中「このカルタ」と記されているのです。

theSUN_karuta.jpg

「このカルタ」は、伊丹十三が書いているように、子供たちのために伊丹万作が手作りしたのですが、少し補足させていただきますと、伊丹万作が「あるカルタを裏返して」手作りしたものでした。
元は、子供トナリグミカルタという市販の玩具で、「ツクレ ツヨイ ダイトウア」など、軍国主義教育を目的とした標語がいくつも見受けられます。こんなもので我が子が遊ぶなんて!と憂えた万作が、自ら選んだ芭蕉の俳句と、それに対応する絵をすべての札の裏面に描いた、というわけです。
不治の病(結核)で長く生きられそうにない、世の中は戦争一色、そういうときでも譲れないことがある......幼子への思い、芸術家としての反骨心から生み出されたカルタなんですね。

現在、カルタは記念館に収蔵されておりまして、併設小企画「伊丹万作の人と仕事」に
*暦に応じた季語の読み札・絵札(実物 / 季節ごとに8組)
*このカルタを使って伊丹十三が作った一六タルトのCMシリーズ
*すべての読み札・絵札の両面の複製
を展示しています。

karuta2018summer.jpg夏の句のカルタ8組。「さみだれを~」や
「しづかさや~」など、お馴染みの句もあります。

karuta_c.jpgこちらは複製の壁面展示。
上2段が万作手作りの芭蕉カルタ。
下2段が子供トナリグミカルタです。

「伊丹万作の人と仕事」は展示順路の最後のコーナーです。
展示室2部屋の小さな記念館ですが、あますところなく、じっくりとご鑑賞くださいませ。

学芸員:中野

2018.06.11 宮本館長出勤のご報告&メンバーズ会員制度

6月8日と9日の2日間、宮本館長が出勤いたしました。

事前に出勤情報をキャッチして来館された方や、ご存じなく来館され、受付で「いらっしゃいませ!」と宮本館長に迎えられてびっくり、という方など、いろいろなお客様にお越しいただきました。ご来館くださった皆さま、まことにありがとうございました。

お客様をお迎えして一緒に写真を撮ったり話をしたり、その合間にはスタッフと打合せをしたりグッズをチェックしたり――梅雨のじっとり感も忘れてしまうくらい、宮本館長は元気に館長業務に励んでいました!
次回の出勤もどうぞお楽しみに。

201806-1.jpg201806-2.jpg201806-3.jpg201806-4.jpg

館長とパチリ!


館長出勤については日程が決まり次第当館のホームページ内「ニュース欄」でお知らせしていますが、残念ながら「見てなかったなぁ、その時知ってたら行ったのになぁ」というお声もよくうかがいます。

そんなときにぜひご検討いただきたいのが、当館の「メンバーズ会員制度」です。

3,000円もしくは5,000円の年会費をお支払いいただき、1年間入館料無料で何度でもご入館いただけるメンバーズに入会された方には、会員ならではの特典をご用意しています。その「会員特典」のひとつに、記念館の情報をメール等でお知らせする、というものがあるのです。もちろん館長出勤の情報もお届けします!
その他、各種イベントや展示替えなどをお知らせしたり、メンバーズ会員限定の収蔵庫ツアー(普段は公開していない収蔵庫 を学芸員のガイド付きでご覧いただくツアーです)を開催したりしています。

会員特典などの詳細はコチラをご確認ください。

1年間何度でもご入館いただけるということで、少し時間があいた時に来館され中庭のベンチやカフェでちょっと一息つく...なんて方や、情報をチェックしてイベント等に積極的に参加くださる方など、特典のご利用方法は様々です。

メンバーズ会員へのお申込みは記念館受付(※電話、メール、FAXでのお申し込みは承っておりませんので何卒ご了承ください。)で常時行っていますので、入ってみようかな~という方はお気軽に受付スタッフにお声がけくださいね。

card (300x200).jpg伊丹さんのイラストをプリントしたメンバーズ会員カードです

スタッフ:山岡

2018.06.04 第10回伊丹十三賞の贈呈式を開催いたしました!

5月24日(木)、第10回伊丹十三賞を磯田道史さんにお贈りする贈呈式を、東京の国際文化会館で開催いたしました。

受賞者磯田さんのご関係者さま、歴代受賞者・伊丹さんゆかりの方々・当財団の関係者の皆さま、あわせて約80名様にお集まりいただきました。

式典は、祝辞・正賞の贈呈・副賞の贈呈・受賞者スピーチ・館長挨拶の順に行われました。今回は、その模様をお届けいたします。

-----------



選考委員・中村好文さんの祝辞(一部抜粋)


" 磯田道史さん、このたびは、第10回「伊丹十三賞」受賞、おめでとうございます。
10回目という節目にあたる「伊丹十三賞」を磯田さんにお贈りすることになったとき、ぼくは、第1回目の糸井重里さんから、第9回目の星野源さんまでの歴代の受賞者の方々を、ひとりひとり、頭に思い浮かべてみました。
そして、そのあとに10人目の磯田道史さんに並んでもらって、10人のラインナップをあらためて想像してみたのですが、そうしてみると、「伊丹十三賞」は、今回、歴史学者の磯田さんが加わったことで、賞の「間口」が大きくひろがったように感じられました。また、その「奥行き」が、1歩も2歩も深まったように思いました。

そういう意味でも、今回は、まことにふさわしい方に「伊丹十三賞」を贈ることができたと、喜ばしく思っています。
「選考委員の自画自賛」と言われそうなので大声では言えませんが‥‥内心では‥‥「選考委員はよくやった!」「選考委員はえらかった!」と、ひそかに思っている次第です。"


080604_01.jpg選考委員・中村好文さん


――続けて中村さんは、磯田さんを密着取材したドキュメンタリー番組をご覧になったときのことを、お話しくださいました。


"この番組で、ぼくには忘れられないシーンがふたつあります。
ひとつは、用水沿いの小道を歩いていた磯田さんが、歩きながら、ふと、用水の底に落ちていた土器のかけらのようなモノを「目ざとく」見つけ、やにわにワイシャツの腕まくりをして道路に這いつくばり、用水の流れの中に手を突っ込んでその土器のようなモノを拾い上げるシーンでした。
その「目ざとさ」と、間髪を入れない「行動力」に、ぼくは目を瞠ったのでした。そして、その、人目をはばからず、脇目もふらない行動は、子供のように純真で、むき出しの「好奇心」と「探究心」に裏打ちされていると思いました。

もうひとつは、タクシーに乗った磯田さんが、これまた「目ざとく」運転手さんの珍しい名前に気づき、あれこれお喋りしているうちに、
「ああ、そうすると、小学校は何々小学校ですね?」と、その運転手さんの卒業した小学校の名前を言い当てるシーンでした。(場内笑い)

このシーンを観ていて、ぼくは思わず‥‥
「そうか、つまり、磯田さんは シャーロック・ホームズ なんだ!」
とつぶやいて、妙に納得してしまいました。
なぜ、シャーロック・ホームズなんかが頭に浮かんだかというと、シャーロック・ホームズの「緋色の研究」という作品の中に、ホームズが相棒のワトソン博士に向かって‥‥
「ぼくは、観察と推理の両方の天分に恵まれているんだよ‥‥」
と、話すくだりがあったことを、突然、思い出したからでした。

そして、たったいまご紹介したふたつのエピソードは、磯田さんが「観察と推理の両方の天分に恵まれている」ことを、はっきり物語っていると思ったのです。
さらには「観察と推理」こそが、歴史学者に不可欠な資質であることに思い至りました。
結局、ぼくの中では、このふたつのエピソードが、磯田さんを「伊丹十三賞」に推挙する大きな「決め手」となりました。"


――最後に中村さんは、「悔やまれること」として次のようにお話しなさり、祝辞を結んでくださいました。


"ここにいらっしゃる皆さんの中の、どれくらいの方々がご存知かはわかりませんが、伊丹十三は映画監督になる前の1970年代に、テレビで数多くの優れたドキュメンタリー番組を手掛けています。
なかでも「天皇の世紀」や「古代への旅」という歴史物は、歴史を過去のものとしてうしろ向きに解釈するのでなく、現在の問題として蘇らせる独自の視点と、独特のトーンを合わせ持った、すこぶる面白い、それこそ「目からウロコの落ちる」画期的な番組でした。

もし、1970年代のあのころに磯田さんがタイムスリップしていたら、伊丹十三は磯田さんのような歴史学者を決して「放っておかなかった」と思うのです。
そして、もし、この2人がコンビを組んでいたら、おそらく日本のドキュメンタリー史に残る、数多くの歴史物のドキュメンタリー作品が生まれていたにちがいありません。
さらに、この「名コンビ」なら、愉快な趣向を満載した、娯楽的で、刺激的で、独創的で‥‥、それでいて、人々の興味をかき立て、感動させずにはおかない深い内容をもった本が出版され、映画が製作されていたと思うのです。
このことを考えると、つくづく悔やまれてなりません。

せめて磯田さんに、ときどきは「伊丹十三とのコンビから生まれたであろう幻の作品」について思いを馳せていただき、これからの研究と活動を続けていただけますよう「お願い」して、ぼくのスピーチをしめくくりたいと思います。

磯田道史さん! このたびは「伊丹十三賞」受賞、ほんとうにおめでとうございます。心よりお祝い申しあげます。"



選考委員・平松洋子さんより正賞(盾)の贈呈

080604_02.jpg選考委員・平松洋子さんより贈呈
 
080604_03.JPG正賞の盾


宮本館長より副賞(100万円)の贈呈


080604_04.jpg伊丹十三記念館・宮本信子館長より贈呈



受賞者・磯田道史さんのスピーチ


080604_05.jpg受賞者・磯田道史さん


"この度は、第10回の伊丹十三賞をいただきまして、ありがとうございます。
また選考委員の皆さま、今日来てくださった各界の皆さま、記者の皆さま、御礼申しあげます。

わたし、この賞をもらって、ほんとうにうれしいのです。
うれしい理由はなぜだろうと思ってみると、この賞はあまり分野の壁が無い方に贈られている。
私は歴史しかしていないようですけれども、媒体はテレビだったり活字だったり新聞であったり、また、狂言を書いて国立能楽堂で上演してみたり。「いろんなことをやる」というのが、非常に大事だと思っています。
むかし、岡本太郎さんが、「あなたは画家をやっていて、小説も書いて、彫刻も作って、いったい何が専門なの?」と言われたときに、平然と「人間」と答えたというエピソードがありますが、それがいちばん健全なあり方だという考えを、わたしは持っています。

そして、昨今のいろいろな問題は、「ボーダーレス」ということで我々の社会を考えてみたら、わかりやすく解決できるんじゃないかと感じるようになりました。

なぜかというと、ネット社会になって、即時に物事を知ることができるようになったにも関わらず、ぼくらの社会、特に日本社会は、「ウチの論理」で間違える。あと、「上に逆らえぬ空気の支配」がある。
ほんとうはみんな、「これはやばいんじゃないかな」と思っていても、上の人が命令すると従ってしまう「同調圧力の恐ろしさ」というようなものを、ぼくらは見ている。

ただ、これを批判するだけでは何の解決にもならない。
ぼくらはいつからこうなっているのか?と思うんだけど、実はぼく、それを子供のころ考えたんですよ。古墳を歩きながら。(場内笑い)"


080604_06.jpg身振り手振りを交えてお話しなさる磯田さん


――ここで磯田さんは、取材に来ているマスコミの皆さんの中に愛媛の記者がいることを確認してから、こう続けられました。


" 必ず(伊丹十三記念館のある)愛媛に(受賞記念)講演にいきますから!(場内拍手)。
愛媛に上黒岩岩陰という遺跡があって、ぼく、小学生のときに、「どうしてもそこへ行きたい」と親にねだったんです。
なぜかというと、そこは縄文時代の遺跡で、犬の骨が出土しているんです。ぼくも犬を飼っていたんですが、そこは、飼っていた犬を丁寧に葬っている遺跡だと聞いたんです。人間が、違う種類の動物である犬をかわいがっている最古の状態に、子どもながらにすごく感じるものがあって、「その出土状況はどうか?」と。考古少年なので。
最近の分析によると、その犬は老齢で、もう役に立たないのに飼っていたというんですよね。
縄文の人たちの遺跡は、宗教的理由で周りに堀を掘っているものがあるにしても、そんなに上下の差はないんです。

ところが、あるときから周りにがっちりした堀を掘って土を盛り上げ、その上に首長だけが葬られ、結界がなされ、ウチとソトがはっきり分けられて、身分の上下がはっきりするんです。
元をたどると、渡来系の方形周溝墓が九州の糸島あたりにまずできる。それらを見て、「あなたとは違うんです」という感じを、ぼくは受けたんです。
つまり、渡来系の国家を形成するような論理が古代にやってきて、壁ができたんだと思うんです。それは、必ずしも悪い事ばかりではないです。
なぜ人間が「あなたとは違う」になるかというと、生き物には生存本能があって、生活資源を周りと競争するから。たとえば美味しい飯があったら、「俺が食いたい、他のやつが食ったら悲しい」。いい女やいい男がいたら、「私のものにしたい、とられたら悲しい」。それはありますよ。

でも、それがだんだん恐ろしいことになると、動物・いぬねこには見えない国境線をひいて、向こうに住んでいる国民とこちらに住んでいる国民が敵になったら、平気で核兵器を落とすわけですよね。
ぼくは考古学から物質文明を見ているので、その恐ろしさがよくわかるんです。

これを避けるにはどうしたらいいかというと、やっぱりボーダーレス。
つまり、壁を打ち破る。ウチを打ち破るというのかな。「あなたは専門だから」とか、そういうのは違う。本来、「人間」がいるのだと。
国境線とか、分野とか、上とか下とかいうものは幻想にすぎないんだということに、いまいちど戻るためにはどうしたらいいかというと、時空を超えた認識であるとか、自他の区別をなくすような発想というのが重要で、経済や権力の論理ではなくて、創作活動や表現活動による人間の感動こそが、それを支えているのであろうと、ぼくは、歴史を長いこと見ていて思う。

――ということで、なんとなく説教くさく、もっともらしい話にして終わりにしたいんですが......とにかく、愛媛には講演に行きますので!(場内笑い)
「松山とぼく」みたいな話を。大学時代に秋山真之とか調べはじめたら......ごめんなさい、もうやめますからね(場内笑い)。
たとえば秋山真之が戦争から帰って、松山中学の後輩たちにどういう講演をしたのか、「この人は頭の中で何を考えたのか」そういうことを探したくて、その講演録を探しに松山に行ったりしたので、そんな話を、ぜひさせていただければと思います。
ありがとうございました。"



宮本館長あいさつ


080604_07.jpg式典前の控室での様子をお話しする宮本館長


" 磯田さん、ほんとうにおめでとうございます。ご受賞ありがとうございました。
ほんとうに力強く、一生懸命、キラキラとお話しをされるお姿を間近で拝見いたしました。
さっきも控室で遺跡の犬の話が出たんです。そのお話をずっと聞きたかったんですけど、時間もあるからどうしましょうとなったら、「松山に行きます」とすぐ決めてくださった。「ほんとうに磯田さんはせっかちなんですね」って言ったら、「ものすごいんです」っておっしゃって(場内笑い)。すごく私はうれしかったです。
本当に、ありがとうございました。"


080604_08.jpg式典後に皆様で撮影
左から、選考委員・周防正行さん、宮本信子館長、受賞者・磯田道史さん、
選考委員・中村好文さん、南伸坊さん、平松洋子さん


-----------



以上、贈呈式の様子をご紹介させていただきました。
この後は集合写真を撮影し、引き続き、なごやかに祝賀パーティーが行われました。


080604_09_Ver2.jpg毎年恒例、庭園での集合写真


磯田さん、ご出席くださった全てのみなさま、誠にありがとうございました。厚く御礼申しあげます。

さて!磯田さんが受賞者スピーチで宣言してくださった通り、ぜひ松山で、受賞記念講演を開催させていただきたく存じております。
詳細がまとまりましたら当サイトでお知らせさせていただきますので、皆さま楽しみにお待ちくださいませ。

これからも、伊丹十三賞を、どうぞよろしくお願いいたします!


-----------


このレポートのお写真(盾の写真をのぞく)は、
撮影:池田晶紀さん(株式会社ゆかい
撮影協力:ほぼ日刊イトイ新聞乗組員のみなさん
です。ご協力、誠にありがとうございました。


スタッフ:淺野