記念館便り ― 記念館からみなさまへ

記念館便り

こちらでは記念館の最新の情報や近況、そして学芸員やスタッフによる日々のちょっとした出来事など、あまり形を決めずに様々な事を掲載していきます。

2014.01.27 辞書

エッセイ集『再び女たちよ!』(伊丹十三著)の中に、「辞書」という一遍があります。

"(前略)「ゆるす」という字の中では「赦す」という字が一番慈悲深いように思えるし、「飲む」「食う」という字からは格別の印象を受けないのに「呑む」「啖う」などには鮮やかなイメージを感じるのである。

(中略)

 知識をひけらかそうというんじゃ毛頭ない。その漢字の持つイメージに対する愛着が、その字を使わせてしまうのです。
 だから私は、たとえば「沈む」のほかに「淪む」「湎む」を使った。「赤い」のほかに「朱い」「紅い」「赫い」「丹い」「赭い」「緋い」を使った。(後略)"

伊丹さんの、漢字への深い愛情が窺えますね。同じエッセイの中で、漢字に凝っていた高校時代の話として、

"漢文の授業は、漢字と、その惹きおこすイメージの無限の宝庫であった"

 とも記しています。

そんな伊丹さんですから、日本語の用法にもこだわりを持ち、辞書を好んで使用していたそうです。

実は私、先日新しい辞書を1冊購入しました。日本語表記のルールをまとめた辞書です。

池上さんの講演を「音声」から「文章」に書き起こすにあたり、「漢数字と算用数字の使い分け」といった、表記上のルールを把握しておこうと思い、購入しました。参考書のようなつもりでその辞書を引いていたのですが、これがなかなかおもしろく、知りたい項目以外のページもついつい読んでしまいました。「へ~なるほど!」と何度つぶやいたことでしょう。

自分が知りたいこと以外の項目も目に入るのは、紙の辞書ならではのよさですよね。調べ物はサーチエンジンに頼ってばかりだったのですが、書き起こし作業をきっかけに、思いがけず紙辞書の魅力を再発見することができました。

ところで「音声の書き起こし」と言えば――伊丹さんは「聞き書き」の名手でもありました。

取材で得た人々の肉声をたくみに文章化していく手法は、『小説より奇なり』や『日本世間噺体系』といった著書でお楽しみいただけます(残念ながら『小説より奇なり』は絶版です)。

聞き書きならではの臨場感、おもしろいですよ。

Book 2.JPG


 
Design.JPG

【『小説より奇なり』の装幀ラフデザイン】


『小説より奇なり』は、装幀にもご注目を。旧漢字を駆使したデザインで、伊丹さんの漢字・ことばへのこだわりがいっぱいです。直筆ラフデザインを常設展に展示しておりますので、是非ご覧くださいませ。

スタッフ:淺野

2014.01.20 冬のお知らせ(インドア派のみなさまへ)

寒い日が続いていますがみなさまお元気でお過ごしでしょうか。今年も冬将軍は横綱相撲ですねぇ。

年末年始には長めの休みをもらって郷里の岩手へ帰省したわたくし、元日に松山に戻ってから数日の間は「松山は暑いぐらいですね」なんて勝ち誇ったように言っていたこの口で、毎日「寒い寒い」とこぼしています。夏には暑いと文句を言い、冬には寒いと文句を言い......まことに申し訳ありません。


0120taro.JPG名犬・鈴木太郎君と冬の太平洋。
(すみません、他家の子です...)

20代の頃はまだやせ我慢がきいていて、袖や裾の長い肌着を着ずに過ごせていたのに、今ではブクブクに着ぶくれております。
フと隣の同僚・淺野を見ると、彼女はいつもスッキリシャキっとしていることに気付き、「パッチとかはいてないの? まぁ、パッチっていうか今風に言えば"レギンス"だけど」と尋ねると、「はいてません、はきませんねぇ」と言うではありませんか! シンジラレナーイ!
「えぇっ、それで冬を過ごせるものなの!?」、「だからこれ(愛用の大判ひざ掛けを掲げて)が欠かせないんです」、「行き帰りは? 寒いでしょ!?」、「はい、寒いですよ~!(ニッコリ)」
なんて辛抱強いのでしょう......同僚が偉大な人物に見えて、思わず拝みそうになりました。


そんな淺野がパッチもはかず、寒さに震えながら夜なべで書き起こした池上彰さんの講演録ページがこのほど完成、公開を開始いたしました!

●第5回伊丹十三賞受賞記念・池上彰氏講演会 採録
 →http://itami-kinenkan.jp/award/award05_01.html


0120ikegamisan.jpg
定員900名に対して3000名を超えるご応募いただきましたので、残念ながら多くの方がご落選の結果に涙を呑まれた催しでしたが、ご来場くださったお客様やご取材の方からは「池上さんのお仕事の根底にあるお人柄に心が熱くなりました」というご感想をいくつもお寄せいただいた講演です。1時間半のお話をノーカット採録、全7ページ、最後まで読んであったまってください!


それから、インドア派向けにお知らせをもうひとつ。
俳優・伊丹十三の出演作品が2月に日本映画専門チャンネルで放送されます。

●『家族ゲーム』(1983年)
...森田芳光脚本監督。松田優作演じる大学生を次男の6人目の家庭教師として迎える沼田家のヘンテコきわまりないお父さん役で出演。目玉焼きの黄身に吸い付いて「(しっかり焼かれると)チュウチュウできないじゃないか」と苦言を呈するなどの名演技は必見です。

●『居酒屋兆治』(1983年)
...降旗康男監督、山口瞳原作。高倉健さん演じる主人公英治の営む居酒屋「兆治」の常連役で出演。酔っぱらってクダを巻く演技は絶妙に憎たらしくて最高です。(個人的には、居酒屋兆治の向かいにある、ちあきなおみの小料理屋「若草」に行ってみたいです。)

※日本映画専門チャンネルは申込みの必要な有料放送です。    
視聴方法などチャンネルに関する詳細情報はこちらをご覧ください。

どちらも『お葬式』で監督デビューする前年の出演作ですね。
この2作品では「怪演系」伊丹さんの演技を見ることができますが、これらと同時期の『細雪』(1983年・市川崑監督)、『瀬戸内少年野球団』(1984年・篠田正浩監督)では、渋い日本の男を演じています。キネマ旬報賞助演男優賞・報知映画賞助演男優賞を受賞し、高い評価を受けた俳優・伊丹十三の演技、機会があれば映画館やテレビ放送、DVDでぜひご覧ください。


屋内にこもりがちなこの季節は、じっくりと心の栄養補給。インドア派のみなさまも冬を楽しくお過ごしくださいね。

もちろん、当館の新企画展『旅の時代 ― 伊丹十三の日本人大探訪 ―』も猛烈におすすめいたします! 当館までの道中の寒さにちょっとだけ堪えてお越しいただければ、展示室にいながらにして、日本中、世界中、古代にだって行けちゃいますよ。お待ちしております。

(その後淺野はパッチデビューを果たし、革命的に暖かい冬を過ごしておるようですのでご心配なく! わたくしはといえば、実のところ、毛糸のレッグウォーマーをも着用しておりますが、これは淺野にはまだ明かしておりません。ヒミツですヨ......え、ズボンの裾からハミ出してバレてた......?)

0210mamawarmer.JPG母の手編みです。穿きすぎてノビノビヨロヨロ~


学芸員:中野

2014.01.13 正装

寒中お見舞い申し上げます。

仕事始めや新学期を迎え、巷では少しずつ日常に戻りつつある今日この頃ではございますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 

私事ですが、毎年年始には干支にちなんだものを部屋に飾るようにしており、今年2014年も、干支・午の置物を元旦に飾りました。また新たな気持ちで今年も精一杯努めますので、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

午 (640x427) (300x200).jpg

【部屋に飾った、幼いころに初詣に行った神社で買い求めた午の置物。今年の主役です!】

  

 

さて、本日1月13日は「成人の日」ですね。

 

成人式を行う日は地域によって異なるそうですが、それでもこの時期は、スーツ姿や振袖姿、羽織袴姿の成人の皆さまをよく拝見します。一番よくお見かけするのは振袖姿の方々でしょうか。

本当に華やかで見ていているだけでも楽しいですが、それを着ている成人の方の表情や佇まいに、いつもきりっとした印象を受けて、ほほえましく思います。

 

かくいう私も、かなり前のことになりますが、振袖を着て成人式に出席いたしました。華やかだったかどうかはアヤシイところですが、私の日常ではあまり多くない「正装」のひとつでした。もちろん、普段着慣れないぶん若干そわそわしてしまう面はありましたが、背筋がピンとなり、ちょっと誇らしいような気持ちになったことを覚えています。

こんな時、服装が気持ちに影響を及ぼすことはあるんだなぁと、実感してしまいます。

 

伊丹さんの著書『ヨーロッパ退屈日記』に、「正装」に関するエッセイが記載されていますので、一部ご紹介しますね。


正装する、ということは愉しいことである。社会の掟に、進んで身をまかせ、自らを縛する、というところに、一種の快い、引緊った安堵がある。タクシードを着て凛々しい快感を覚えぬ男があるだろうか。
(中略)
わたくしとても、最初から正装を好んだわけではない。仕方なく着せられて味をしめたに過ぎない。正装というものは、そういうものである。着れば必ず味をしめるのである。やはり本来的なもの、正統なものには、誰しも共感するのである。...(以下略)(『ヨーロッパ退屈日記』-正装の快感-)
 

 

これを読んだときは、たまには機会を作って「正装」して出かけるのもいいかもしれない...そう思いました。皆さまはいかがでしょうか。

 

最後になりましたが、成人の皆さま、誠におめでとうございます。

今後のご活躍を心よりお祈り申し上げます!

 

 

***********************************************************

【館長・宮本信子出勤のお知らせ】

 

  宮本館長.jpg

◇◇出勤日時◇◇

2月23日(日)14時頃~16時頃まで

2月24日(月)11時頃~13時頃まで

※当日の状況により、滞在時間は変更になることがありますのでご了承ください。

 

皆さまお誘い合わせのうえ、ぜひ記念館にお越しください。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。

スタッフ:山岡

2014.01.06 2014年スタート

あけましておめでとうございます。
皆さま、よき新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。

20「十三」年は幕を下ろしましたが、2014年は記念館の総入館者数が「十三」万人を突破する見込みで、今年もまた記念すべき一年となりそうです。

本年も皆さまのご期待にお応えできますよう、スタッフ一同精一杯努めてまいりますので、引き続きのご愛顧をお願い申し上げます。

さて、私事ではありますが、地元松山では「お椿さん」の通称で親しまれている神社「伊豫豆比古命神社」に初詣に行ってまいりました。

楼門が門松と提灯で彩られています。

roumon.JPG

 
拝殿に参拝し、おみくじを引きましたところ......

omikuji.JPG

daikichi.JPG

 
大吉でした!

1月3日の勤務を終えた帰り道、「今日もたくさんお客様がお越しくださったな」と、記念館のことを考えながら立ち寄った初詣で引いたおみくじです。これまでに記念館にお越しくださったお客さまや「記念館に行ってみようかな」と記念館便りをご覧くださっている方々にお届けしよう!と思い、ご報告させていただきました。2014年が皆さまにとって「大吉」でありますように。

そしてこちらは...

sasanqua.JPG
我が家の庭のサザンカです。寒空の下、元気に咲いています。

日々の寒さに、春までの道のりがずいぶん遠く感じられる寒の内、「大吉」と「寒さに負けずに咲くサザンカ」で、少しでも元気をお届けできましたら幸いです。

******************************************

【お知らせ】

 
「ほぼ日刊イトイ新聞」様より展覧会のお知らせをいただきました。

「ほぼ日」が、働くことを考える。「はたらきたい展。OSAKA」
 会期:2013年12月28日(土)~2014年1月19日(日)
 時間:10:30~21:00(入場は閉場時間の30分前まで)
    ※12月31日(火)~1月3日(金)は20:00閉店・閉場。
 会場:梅田ロフト7階 ロフトフォーラム
 入場料:一般500円、学生・電子マネー400円、ロフトカード300円、小学生以下無料

タイトルを見てお気づきの方もいらっしゃることと思いますが、この展覧会は、昨年6月に渋谷パルコミュージアムで開催された『「ほぼ日」が、働くことを考える。「はたらきたい展。」』の大阪巡回展です。

第一回 伊丹十三賞を糸井重里さんにご受賞いただいたことをきっかけに組んでいただいた「ほぼ日」の『伊丹十三特集』の中で、糸井さんと宮本館長が対談をしています(『伊丹さんに。宮本信子×糸井重里』)。その中で話題にのぼった伊丹さんならではの一言を、『99の「はたらく人」のことば。』の一つとして渋谷『はたらきたい展。』でご紹介いただいておりましたが、大阪巡回展でも引き続きご紹介いただいております。

会期中に大阪にいらっしゃる皆さん、ぜひ足を運んでみてくださいね。


スタッフ:淺野

2014.01.02 館長・宮本信子から新年のご挨拶

       

 

   

      

A HAPPY NEW YEAR

 

 

 

 

 

新企画展は伊丹十三の「旅」がテーマです。

 

 

私が大切にしていた、とってもプライベートな

品物を展示に出しました・・・エピソード付き!

 

 

今年もよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

                         

                    宮本信子  館長サイン2.jpg