みなさまの声 ― こんなご感想をいただきました
みなさまの声

こちらは、記念館を訪れてくださった皆様に館の感想をお聞きし、当サイトをご覧の方々に、記念館の雰囲気の一端を感じていただこうというコーナーです。

写真を掲載させていただいている皆様には、撮影許可を頂いております。

【2020年 11月】

大分県よりご来館

PHOTO

伊丹十三さんというよりも、中村好文さんの建築が見たくて来ました。しかし、伊丹十三さんの作品は子供の頃に観たものもあり懐かしく思いました。収蔵庫も見たかったので、何かの際にまた来させていただきたいです。とても良い記念館でした。

---

千葉県よりご来館

PHOTO

伊丹さんの魅力がたくさん詰まった素敵な記念館でした。映画監督だけではない、伊丹さんのさまざまな顔を知ることができてとても興味深かったです。

---

愛媛県松山市よりご来館

PHOTO

記念館を建てられる程の方なので結構昔の方なのかなと思いましたが、観させて頂いて最近の方なんだとびっくりしました。(亡くなられた年が私が生まれた年でした。たぶん。)CMも出ていて本当に身近な方だったんだと思いました。

---

山梨県よりご来館

PHOTO

映画は何本か観ていますが「ヨーロッパ退屈日記」を読んでみたいと思いました。多感で多才な十三さん。父子の繋がりが感じられ、良い時間を過ごすことができました。

---

東京都よりご来館

PHOTO

東京から来ました。激しく予習をしていたのですが、充分楽しめました。カフェでラーメンが食べられたら最高と思います。ぜひご一考を。

---

静岡県よりご来館

PHOTO

館長・宮本信子さんのVTR、ご挨拶がすばらしくて(言葉のひとつひとつを大切に、日本人的なすばらしい表情で)思わず夫に見る事を勧めてしまいました。「お葬式」の映画からあとの十三さんしか知りませんでしたが、今日ここに来て、そこに至るまでの軌跡が分かってきました。自分を信じて、自分と向き合い、周りのものを自分の目で見ることの大切さを学んだように思います。すてきな記念館との出会いに感謝です。

---

愛知県よりご来館

PHOTO

「マルサの女」や「お葬式」など監督作品は昔からのファンでした。俳優、エッセイストなど多種多芸の威力を発揮するなど、好きな人の一人でした。自ら命を絶ったのが心悔やみですが・・・奥さんの宮本信子さんや長男の池内万作氏などドラマ等での活躍をこれからも期待します。

---

福岡県よりご来館

PHOTO

2年前初めて来ました。また来ようと思って、思いのほか早く2度目の来館ができました。やはり初回見られてないものが、目が慣れて見落としていたものが見られて良かったです。たぶん何年かしてまた来ると思います。

---

香川県よりご来館

PHOTO

伊丹十三さんと宮本信子さんには、「マルサの女」を観て興味を持ちました。館内でも作品に触れる事ができ、とても楽しく過ごせました。また、時々「クスッ」と笑え、愛嬌も感じられました。カフェでも中庭を見ながら、のんびり記念館を味わいました。ありがとうございます。

---

愛知県よりご来館

PHOTO

一人旅で初四国です。学生時代から伊丹さんの映画は観ていましたが、更に興味を持ったのは星野源さんが数年前に伊丹十三賞をとられたこと。1つのことにしばられず、いろんな分野で力を発揮するのは素晴らしいです。展示もわかりやすく、見やすくて堪能しました。

カフェのみかんジュースの飲み比べ、おすすめします!特に清見タンゴールが気に入りました。

---

愛媛県松山市よりご来館

PHOTO

伊丹万作さんのかるたのことを雑誌の記事で知り見に来ました。転勤生活が長くて地元におりませんでしたので、松山弁をきくと祖母のことなど思い出し、なつかしいです。私は大学生のころブラザーズフォーのファンでよくレコードをききましたが、「北京の55日」というフレーズがあり、のちに調べて同名の映画をみましたら、伊丹さんが軍服で出演しておられておどろいたのをおぼえています。

---

福岡県よりご来館

PHOTO

高倉健大好きなおじさん3人で来館しました。素敵なミュージアムでカフェも併設しており、センスの良さが光ってます。友人2人は大学の映研に在籍していただけに映画に関しては博識で楽しく四国旅行を過してます。伊丹十三の『居酒屋兆治』での怪演の大ファンです。

---

千葉県よりご来館

PHOTO

伊丹一三作「ヨーロッパ退屈日記」は、若い頃から私にとってのバイブルであり、未だに何度も読み返しております。見識豊かな伊丹さんがご存命であれば、今の世相にどのようなご意見をお持ちかお聞きしたいものです。

---

広島県よりご来館

PHOTO

展示されているすべてのものを見逃さないように、時間をかけてゆっくり観覧しました。多才な方であり、チャーミングで素適な男性だなと改めて感じました。ご本人そのままの場所ですね。

---

愛媛県八幡浜市、西条市よりご来館

PHOTO

初めて来館しました。一六タルトのCMがなつかしく母と笑いました。伊丹氏は本当に才能あふれる方だと改めて感じました。ゆずジンジャーペリエも美味しかったです。ありがとうございました。

---

岡山県よりご来館

PHOTO

もとろん伊丹十三監督の大ファンです。ようやく来ることができました。
多才で趣味人だった十三さまのエッセンスのつまった玉手箱に心が震えます。

---

東京都よりご来館

PHOTO

物心ついた頃から伊丹十三さんの映画を観てきた。軽快なテンポで社会の裏側をかいま見せて笑わせ、そしてホロリと泣かせる名作ばかりだ。その早すぎた死が残念でならないが、多彩な才能と遺された仕事に圧倒され、ますますファンになった!

---

奈良県よりご来館

PHOTO

長年行きたいと思って居りました記念館へお伺いすることが出来まして、大変嬉しい機会で御座居ました。
展示品から伊丹十三の人となりが感じられる様で、とても楽しめました。

---

島根県よりご来館

PHOTO

みかんの季節、コロナで外出を控えていましたが、少しは良いよネ、と出掛けて来ました。私のナビでは、ここ記念館はうまく指示してくれませんでしたが、おシャレな建物で即入館できました。いゃあ~、又、映画観たくなりました。

---

愛媛県松山市よりご来館

PHOTO

伊丹さんの作品に触れる良い機会になりました。近くに居るので、又刺激をもらいに来たいと思います。

---

東京都よりご来館

PHOTO

筒井康隆さんの講演会を聴きに松山に来たのですが、ふらっと伊丹十三さんにも会いに来ました。
お二人は僕の人格のかなりの部分をつくっている気がします。

---

愛知県よりご来館

PHOTO

建物や庭園の雰囲気が好きで、二度目の来館です。
母が来たがっていたのでお土産を買って帰ります。

---

山口県よりご来館

PHOTO

マルサの女、あげまん、ミンボーの女等々、夢中で観ていた頃を思いだし、またまた観たくなってきました。
本当に多才な魅力のある方ですね。
記念館の維持、コロナ禍で大変なことと存じますが、頑張って守って下さるようお願いします。

---

神奈川県よりご来館

PHOTO

初めての四国、初めての松山。こちらの記念館にだけ伺いたくて来ました。50代後半の私ですが、20代の時に読んだエッセイの影響をものすごく強く受けていることに再読して気づきました。ドレッシングは自分でつくる、スパゲティはアルデンテ。大切にしてきたことは、みんな伊丹さんからおしえてもらっていたのでした。本物の持つ温かさに触れた思いです。

---

京都府よりご来館

PHOTO

一六タルトのCMを見て、一層、一六さんと十三さんが好きになったのである。
"マイナス"から"プラス"へというお名前の由来が好きです。記念館に来て新しい発見がたくさんありました。

---

東京都よりご来館

PHOTO

建物見学目的で来館しました。展示を通し、伊丹十三さんについて知ることができ、良い機会となりました。カフェのチーズケーキも美味です。

---

富山県よりご来館

PHOTO

道後温泉目的の一人旅。久し振りに休みがとれ、自由気ままに散策。記念館があることを知り、バスに乗って来ました。一時間余り、ゆっくり見学する事ができました。なつかしい作品のタイトルにニヤニヤ(笑)「天才だ!!」と映画を観終わった時に感動した事を思い出しました。

---

?よりご来館

PHOTO

私の尊敬する人の第1位が伊丹さんかもしれません。存命ならどんな作品を作られたか、見る事も叶わず、残念です。

---

東京都よりご来館

PHOTO

伊丹十三さんの作品からはいつも進取の精神を感じます。そして猫を愛する者として、いつか記念館の展示を拝見したいと思っておりました。こちらに伺う前に愛媛の離島で島猫達と遭遇、住民の方々の優しさに触れて、素敵な故郷を伊丹さんはお持ちだったのだと思いました。

---

香川県よりご来館

PHOTO

パパの希望で来ました。とても興味深くおもしろかったようです。チョコレートケーキがおいしかったです。

---

皆様の声 BACK NUMBER