みなさまの声 ― こんなご感想をいただきました
みなさまの声

こちらは、記念館を訪れてくださった皆様に館の感想をお聞きし、当サイトをご覧の方々に、記念館の雰囲気の一端を感じていただこうというコーナーです。

写真を掲載させていただいている皆様には、撮影許可を頂いております。

【2018年 01月】

広島県よりご来館

PHOTO

テレビで、宮本信子様・館長のお話をお聞きした時から気になっておりました。今回娘や孫のお蔭で貴重なお話や絵を見せて頂き、大満足です。ありがとうございました。

---

愛媛県よりご来館

PHOTO

中村好文さんの建築が見たくて、来ました。雰囲気がとても良く、気持ち良く回らせてもらいました。

---

大阪府よりご来館

PHOTO

二度目の来館です。前回もそうでしたが、伊丹十三ワールドに感激です。「ヨーロッパ退屈日記」の原画が、革の質感まで確認できて、すばらしかった。万作さんの岳彦さんへの手紙には、またもや涙しました。また訪れます。

---

広島県よりご来館

PHOTO

・センスの良い建物と静かなムードが良い

・伊丹十三さんのファンだったので満足しています。今私は70才ですが、今からの生き方をもう少しだけこだわりたいと思いました。感謝です。

---

大阪府よりご来館

PHOTO

こんなにも多才な方だとは思わなかったので、とても感動し、もっとファンになりました。私は、ヴァイオリンをやっているので伊丹先生と共感できてすごく嬉しいです。記念館に訪れて本当に良かったです。多謝!

---

神奈川県よりご来館

PHOTO

妹から「ヨーロッパ退屈日記」をすすめられて伊丹さんを知りました。念願かなって記念館に訪れることができて感激です。中村さんの建築も素敵でした。
チーズケーキは、びっくりするくらい美味しかったです。

---

香川県よりご来館

PHOTO

「伊丹十三のようになりたい!」と、本気で思いました。

---

香川県よりご来館

PHOTO

伊丹さんの多才な活動が良く分かる展示で、ついつい長居してしまいました。建物もどこか家のようで、居心地が良かったです。

---

愛媛県西条市よりご来館

PHOTO

企画展示が新しくなったので、年内にと思い、大掃除も年賀状作成もうちすてて、やってきました。
「おじさんのススメ」新しい切り口がまた面白い。決して"若い人"ではありませんが、いろいろ"教えて"いただけそうです。新しく出た伊丹さんの『ぼくの伯父さん』の本とともに。一日だけではもったいないので、また寄せてもらいます。

---

青森県よりご来館

PHOTO

伊丹十三記念館は、雑誌で見た事があり、ぜひ来館したいと思っていました。ただ場所が、はっきり判らなかったのですが、松山でパンフレットを偶然みつけ来館しました。建物も良くのんびりと展示物を楽しむ事が出来ました。

---

愛媛県宇和島市よりご来館

PHOTO

一六タルトなどで親しみのある伊丹さん、映画も全て拝見しました。万作氏の深い愛情を私も心から感じることができました。あたたかい記念館でした。

---

奈良県よりご来館

PHOTO

初めてきました。いろんな写真があり大変良かったです。国道より入口、入りにくいです。松山の人でも来た事がない人がいるので、もう少しアピールしたら良いと思います。

---

大阪府よりご来館

PHOTO

伊丹さんの多才さに感動しました。映画しか観た事がないので、他の作品も見たいと思います。

---

兵庫県よりご来館

PHOTO

映画現像所に勤めておりましたので"マルサの女"などで少し仕事をさせていただきました。松山へ旅行で来て、なつかしく思い来館し、映画以外にいろいろやって来られた方だから、映画監督として成功されたことを知りました。

---

東京都よりご来館

PHOTO

伊丹監督が多才な人物であり、時代と共に生きてこられた方であることを改めて感じました。常設展の仕掛けが素晴らしかったです。企画展を観にまた来ます。

---

香川県よりご来館

PHOTO

ふらりと立ち寄った記念館。思いがけず、すごく居心地良くて。猫のイラストがとても可愛らしくて、おどろきました。あと、あらためていろんな食事シーンがおいしそうで(笑)。家に帰ったら、またいろんな映画を観かえしたいと思います。(ひそかに、らせん階段、登りたかったです)

---

東京都、長野県よりご来館

PHOTO

松山は、すごく良い町でしたが、ここが一番気に入りました。カフェにシャンパンがあるのが最高です!にゃんこも最高!次回は中庭で寝そべって飲みたいです♡

---

神奈川県よりご来館

PHOTO

日本の芸能史きっての"才人""怪人"に触れた気がして、良い展示でした。「自分が好きな理屈と理屈にならない愛情が同居」という(展示の)文章は伊丹さんの最も本質を表しているなと、思わずうなりました。本当にかけがえのない"才人"を失ったなと悲しくもなりました。

---

茨城県よりご来館

PHOTO

ゆっくりと流れる時間の中で、十三さんの言葉に浸る贅沢なひと時を過ごさせて頂きました。猫の絵うますぎます。

---

京都府よりご来館

PHOTO

十三さんのチャーミングさに思わずニッコリなりました。お庭を眺めてのカフェの時間がとっても素敵です。十三さんありがとうございます。

---