みなさまの声 ― こんなご感想をいただきました
みなさまの声

こちらは、記念館を訪れてくださった皆様に館の感想をお聞きし、当サイトをご覧の方々に、記念館の雰囲気の一端を感じていただこうというコーナーです。

写真を掲載させていただいている皆様には、撮影許可を頂いております。

【2015年 02月】

大阪府・愛媛県八幡浜市よりご来館

PHOTO

来館の夢がやっと叶いました。伊丹さんは、俳優、映画監督と、一六タルトのCMの同郷人さん(笑)という認識でしたが、今回、エッセイや雑誌の文章に出会い、とても惹かれました。

友人に誘ってもらい来館しました。とても有意義なひとときでした。

---

福岡県よりご来館

PHOTO

はじめての"ひとり旅"で福岡から松山にやって来ました。
伊丹十三さんの映画ファンです。
この記念館の受付を済ませて、入口扉を開けた瞬間、伊丹さんが「やぁ、いらっしゃい」と迎えてくれる...。とてもすばらしい記念館でした。
喫茶店のコーヒーも美味しかったです。
次回は嫁と来ます。

---

東京都よりご来館

PHOTO

暮しの手帖の「私の好きな料理本」特集で伊丹さんの「女たちよ!」を挙げている方がいて、どんな料理本なのかな?と気になって手に取ったのが伊丹さんとの出会いでした。おいしいパスタのゆで方などが熱く語られていて、すぐにファンになりました。今日、ここに来られてよかったです。

---

岩手県よりご来館

PHOTO

伊丹映画の大ファンでした。
映画監督以外の活躍や才能を拝見することができました。
とても楽しい一時を過ごしました。
ありがとうございました。

---

神奈川県よりご来館

PHOTO

自分に近い人の価値観に風穴を開けてくれる"oncle"に遇えました。
ちょっと怖いけど、少し近づいてみます。

---

愛媛県松山市よりご来館

PHOTO

伊丹十三の個性がぎっしりつまっていて大変興味深いミュージアムでした。
早く亡くなったのが惜しいですね。
十三氏の志を引き継ぐ若者が世に出てくるともう少し面白い世界が見られるかもしれない。

---

東京都よりご来館

PHOTO

昔々、ヨーロッパの文化、日常の様々な素敵なもの、その奥の人間の暮らし等を紹介してくれた人。映画よりも書かれた物に接する事が多かったが、彼に感じていたニヒリズムの素が今回理解出来たと思う。
ますます好きになった。

---

京都府よりご来館

PHOTO

伊丹十三さんのエッセイを読んだ若い頃は、何となく彼の好みや美意識が好きというくらいでした。
今日この記念館で生い立ちから仕事や生活、子供たちへの思いなどを知り、本当に魅力的な人だったのですね。
展示はもちろんのこと、記念館全てから伊丹十三さんに対する深い愛情と敬意を感じました。

---

広島県よりご来館

PHOTO

映画は楽しさが一番!
久しぶりに伊丹さんに浸りました。
感激でした。
多才な伊丹さんに乾杯♬

---

神奈川県よりご来館

PHOTO

十三さん、やっぱりスバラシイ人ですね。
大好きです!

---

熊本県よりご来館

PHOTO

「猫好きの理由」のくだりは、すごく共感出来ました。
伊丹さんの才能をすごく感じました。

---

?よりご来館

PHOTO

私が覚えているのは、川喜多和子さんと結婚した頃の一三氏、キザを堂々と披露した文章家の一三氏、監督をした十三氏、一三と十三の間に何十年の旅の時代があったことをここで知りました。
知的だけれど興行収入ももたらした映画人を惜しみます。

---

愛媛県よりご来館

PHOTO

また伊丹カントクの映画が映画館で(!)観たくなりました。ビデオでしか知らない作品もあるので、上映会あるといいです。
しょうが湯おいしかったです。楽しい時間をありがとうございました。

---

岐阜県よりご来館

PHOTO

ずーっと前からいつか訪れてみたかった場所でした。中村好文さんの建物や伊丹さんの作品や展示品が素敵でした。Caféのみかんジュースも飲み比べできとても美味しく頂きました。
楽しい思い出になりました。

---

京都府よりご来館

PHOTO

時間をかけて伊丹十三さんの世界を堪能しました。

『マルサの女』のメロディを聴きつつ頂いたチョコレートケーキ、たいへん美味しかったです。

---

大阪府よりご来館

PHOTO

小学生の時から大好きでした。
なので書く事がみつからない位です。
チョコケーキは細かい部分まで再現されていて美味しかったです。
十三饅頭はありがたい感じデス。

---

愛知県よりご来館

PHOTO

来たくてたまらなかったこの場所。
伊丹さんは絵画、文筆、映像といろんな分野で活躍され、すてきな男性としての印象が深いです。また松山に来たときは訪れたい場所のひとつとなりました。

---

東京都よりご来館

PHOTO

○TVCMのコーナーで、あらためてその才能に感じ入りました。
○TV制作者のコーナー、映画監督のコーナー、それぞれもっと制作の秘密を知りたいと思いました。
○豊かな時間でした。

---

香川県よりご来館

PHOTO

企画展にあった、お父様の万作さんが十三さんにあてたメッセージがとても愛情にあふれていて感動しました。
初めてこちらに伺いましたがみどころが満載で十三ワールドを満喫できました。
みおわってとても優しい気持ちになれました。また伺いたいです。

---

東京都よりご来館

PHOTO

中庭がとても良いと思いました。
いつか2階にも上がってみたいです。
中村好文さんの伊丹十三さんへの愛が伝わってくる建物でした。

---

徳島県よりご来館

PHOTO

あぁ、何という敗北感。(親として)こんな心地よいさわやかな敗北感は久しぶりです。五十歳を過ぎて忘れていた親子の情感や生きていく上での謙虚さを思い出しました。ありがとうございました。

---

兵庫県よりご来館

PHOTO

開館された時から、行きたい!と思いつつ......本日となってしまいました。
伊丹十三さんという人、そして記念館を建てられた中村好文さん、館長・宮本信子さん、皆さんの想いにふれるとても良い施設だな~と、カフェでゆっくりしながら、思っています。本日は仕事の合間に寄ったのですが(内緒)、次は妻を連れてくることに決めました。

---

千葉県よりご来館

PHOTO

失礼ながらこの記念館の存在を知らなかった。千葉を出発し、昨日は京都、松山へは昼に着いた。
昼食に鯛飯をごちそうになった店の主人からこの記念館を教えられた。ベントレーがあるという。私が高校生の時、伊丹氏が運転するこのベントレーを見かけ、走って追いかけたことがあった。まさかの再会だった。
そういえば昨晩京都の十三やで娘につげ櫛の土産を購入し、何故か十数年前に読んだ山口瞳氏の「酒呑みの自己弁護」をまた読みたくなり書店で探していた。今回の旅はここが目的地だったのかな。

---

愛媛県宇和島市よりご来館

PHOTO

特に伊丹万作さんのいろはカルタに感激いたしました。

---

高知県よりご来館

PHOTO

妻の誕生日記念に久しぶりの夫婦旅行で来ました。妻が十三氏のファンで、今回初来館です。映像資料も交えた幼少期からの展示が素晴らしいと思います。小学生時代の肉筆画や書き文字の美しさ、デッサン力に、天才は子供の頃から凄いと強く感じました。TV時代の各地のルポVTRが面白かったです。晩年の映画人のところのエピソードや信子氏とのいろいろが、もう少しあるとなお良いと思います。

---

埼玉県よりご来館

PHOTO

宮本館長さんが、この記念館のことをテレビで話されていたのがきっかけで初めて訪れました。
さまざまのことに関心をもたれて、極められた伊丹十三氏の生涯に感動しました。

---

北海道よりご来館

PHOTO

軍国主義的な内容のカルタで遊ぶ子供達の姿がしのびず、芭蕉の句と絵をしたためたいろはカルタを手作りした万作監督。
深い父の愛を感じました。

---