みなさまの声 ― こんなご感想をいただきました
みなさまの声

こちらは、記念館を訪れてくださった皆様に館の感想をお聞きし、当サイトをご覧の方々に、記念館の雰囲気の一端を感じていただこうというコーナーです。

写真を掲載させていただいている皆様には、撮影許可を頂いております。

【2014年 03月】

滋賀県よりご来館

PHOTO

ビデオは全部みせてもらいましたが、ノート類は丁寧に読んでいません。

次回の楽しみにしておきます。(深夜便リスナーより)

---

東京都よりご来館

PHOTO

とても居心地の良い記念館でした。大きさもそれほど大きくなく、二階に展示があるわけではないのですが、それが逆に丁度良い感覚でした。建築目当てで来たので、正直伊丹十三さんを知らなかったのですけれど、こんな年の取りかたをしたいなと思える素敵な方でした。

---

愛媛県・松山市よりご来館

PHOTO

以前から、行きたいと思っていたので、念願かなってよかったです。伊丹十三さんの映画をよく拝見し、大好きでしたが、生い立ちや人となりを知り、ますます好きになりました。近いうちに、映画を楽しみたいと思います。ありがとうございました。

---

福岡県よりご来館

PHOTO

玄関をくぐって、娘と二人、ずっとずっと心満たされて、幸せな時間を過ごさせて頂きました。砥部焼を見に行く途中、バスを降りて立ち寄った訳ですが、寄り道が思いがけない至福のときをプレゼントしてくれました。人生も然り......でしょうか?明日はまた、夜の船で北九州へ帰りますが、ここでのことを、沢山の友人や、それから息子に伝えて、紹介したいと思っています。十三さん、私たちを呼んで下さって、ありがとうございました。

---

長野県よりご来館

PHOTO

伊丹十三さんの若かった頃からあこがれでした。男らしさとは、ユーモアと知性、それとこだわりということを学びました。大江健三郎さんとの交流についての企画展などを計画していただけるとうれしいです。松山へ来た時は、必ず行くべき(五つ星)と友人にも伝えます。楽しかったです。

"記念館 あたたかき影 中庭に"   (66歳)

  

---

北海道よりご来館

PHOTO

なつかしの伊丹作品の数々に再び出会うことができ、大満足でした。CM、エッセイ、映画......本当に数多くの作品が展示されていたので、僕の記憶の「引出し」もたくさん開ける事ができました。

---

愛媛県今治市・京都府よりご来館

PHOTO

娘夫婦が京都から帰って来たので来館しました。伊丹十三さんの映画はあまり見ていないのですが、コマーシャルや、テレビの画面でよく見ていました。松山の紹介をしていただき、東京や大阪に住んでいる時はなつかしく思っていました。やっぱり松山はいい所ですね。

---

愛知県よりご来館

PHOTO

「ほぼ日」での特集を以前読んで、ずっと興味を持っていましたが、やっと来館できました。マルチな才能を展示のすみずみに感じました。記念館もとても良いたてものだと感じました。私は展示を見て、ここで伊丹さんの映画を1本見ることができると良いなと思いました。小さな映写室があるとより楽しめると思います。

---

広島県よりご来館

PHOTO

雨の日の初来館でした。葉を全て落とした中庭の桂の枝に温かい春を呼ぶ雨の雫が、まるで宝石のように輝いていました。ひさしぶりに妻と二人でゆっくりとした時間を楽しむことができました。

---

ロサンゼルス、愛媛県・宇和島市よりご来館

PHOTO

大学時代の友人と松山で再会。道後温泉に一泊して来ました。伊丹十三さんの映画作品も好きですし、学生の頃十三さんのエッセイにもはまりました。宇和島の友人宅を訪ねる道中、是非立ち寄りたいと、二人で来ました。中村好文さんの建物もすばらしく伊丹ワールド堪能いたしました!

---

東京都よりご来館

PHOTO

母にテレビでやっていて面白そうだったとすすめられて来ました。本当に面白くて、特に本人の出ている映像が止まらないおかしさがあり、夢中になりました。

私も素敵なだんなさんが欲しいとも感じました。

---

神奈川県よりご来館

PHOTO

伊丹十三のあふれんばかりの表現はどこにあるのか、そしてシニカルさや180°違う茶目っ気と人なつっこさはどこから来るのか。まずは偉人と凡々たる人々が不思議に共存している松山に生まれた事。父を持った事。十三を上回る父の教養と愛情だったのだ...。あとは、父の言った通り人に惑わされず自分を信じて生きるだけだ。彼はそれを実践したのだろう。私は彼への一つの解釈を持った事が嬉しい。十三記念館よありがとう。

---

千葉県よりご来館

PHOTO

以前から伊丹十三記念館には足を運びたいと思ってました。展示品の数々は見やすく、ていねいな説明文でわかりやすかったです。特に興味をもったのが十一「精神分析啓蒙家」での月刊誌『モノンクル』、人生の後半に入った者でも新鮮で何かがふっきれた感覚がしました。もう一度訪れたいです。

---

大阪府よりご来館

PHOTO

妻の故郷が松山であることもあり、前々から訪れたかったので、今回夢がかなって非常にうれしかったです。超大雨の中での印象に残る一日でした。伊丹十三さんの人間くささと、こだわりの強い性格にほれました。監督業成功の裏には早すぎたお父さんとの死別、たびかさなる転校、休学、留年?などかなりの苦労があったことが意外でした。職員の方も親切で気持ちのよい滞在になりました!

---

兵庫県よりご来館

PHOTO

館内のすみずみまで伊丹さんが生きて指示をしている様な記念館。期待どおりで満足。チョコレートケーキとても美味しく上品。神戸からの一人ドライブ立ち寄ってよかったです。

---

滋賀県よりご来館

PHOTO

猫と伊丹十三さん。とっても素敵でした。

ドキュメンタリー番組の猫とのやりとりが、一番好きです。

---

東京都よりご来館

PHOTO

2度目の松山です。ガイドブックでこの記念館の存在を知り訪れました。本人の自筆のハガキや、原稿を目にできて貴重な時間を過ごせました。

---

愛媛県・伊予市よりご来館

PHOTO

伊丹十三の多才ぶりに圧倒されました。息子に宛てた絵葉書がとても人間味があって、温かい気持ちになりました。

---

広島県よりご来館

PHOTO

「やぁ、いらっしゃい!」と出迎えてくれる伊丹十三さんとても素敵でした。私は女性ですが、十三さんの生き方にとてもあこがれます。奥様とお子様への手紙がとても良かったです。タンポポコーヒーがおいしかったので、自宅に戻ったらさっそくお取り寄せしてみたいと思います。ありがとうございました。

---

愛媛県・今治市よりご来館

PHOTO

以前より思って居たる
来館出来て本当に良かったです。


ゆっくりと見られて良かったです。
才能の素晴らしさに感動しました。

---

兵庫県よりご来館

PHOTO

今回の旅行のメインイベントにさせていただきました。館長がいらっしゃったらどうしようとドキドキ。いらっしゃらなかったので、ホッとしましたが少し残念。後、とべ動物園のピースが元気になっていたので又々ホッとしました。

---

東京都よりご来館

PHOTO

威風堂々とした黒い外観の建物に、センスの良さが溢れる内装と沢山の展示物に興味津々...。欲を言えば監督された10本の映画(特にお葬式、タンポポ、マルサの女)についての情報や資料をもう少し多く展示して欲しかったが、概ね満足です。来てよかったです。あと、アゲハ蝶の生態の観察スケッチが素晴らしかった(笑)。

---

東京都よりご来館

PHOTO

松山出身者です。一六タルトのCM、懐かしかったです。今でも十分面白いですね。全シリーズを連続して観れると嬉しいです。他県出身者にもウケていました。文化的遺産...?

---

香川県よりご来館

PHOTO

「タンポポ」が大好きで、もう何回も観ています。伊丹十三さん直筆の原画に感動しました。昨日、古い芸術新潮の、この記念館の記事を偶然見つけてここまで足を運びました。私も猪のヤマイモ入り腸づめ食べてみたいです。

高校3年生のとき、美術の先生が「タンポポ」を見せてくれて以来、何回も見ています。「タンポポ」を見ると、いつもラーメンがすごく食べたくなります。素敵な映画をありがとうございます。

---

大阪府よりご来館

PHOTO

伊丹監督の映画を初めて見た時の衝撃を思い出しながら拝見しました。多才で、大胆で、かつ繊細な多面体のような人物だったことを改めて知りました。奥様の大活躍を監督は何とおっしゃるか、聞いてみたいものです。

---

東京都よりご来館

PHOTO

気付けば2時間、ずっしりと、心地良い疲労感。カフェのメニューも手間を感じられ、嬉しいおもてなしを受けました。ありがとうございました。

---

岐阜県よりご来館

PHOTO

初めて来させて頂きました。伊丹さんの多才なご活躍ぶりに、感心させられるばかりでした。建物や景観もとてもステキでした。帰ったら伊丹ワールド!!映画をみたいと思います。

---

東京都よりご来館

PHOTO

思わず書きとめてしまった伊丹さんの言葉がありました。映画だけでは知りえなかった伊丹さんの生き方にふれられ、いい時間、旅となりました。

---

広島県よりご来館

PHOTO

上質な空間と時間を夫婦で堪能することができて、幸せです。

---

大阪府よりご来館

PHOTO

大阪朝日放送で1980年頃生中継番組「ワイドサタデー」という番組で、伊丹さんが一年余りレギュラーでメインの司会番組をされていた時のADです。思い出は信楽での番組終了後、現地の方から狸の信楽焼を戴かれたのですが興味が無いらしく、私に「これ君にやるよ」と下さいました。懐かしい思い出です。

---

宮城県よりご来館

PHOTO

以前から大ファンだった伊丹十三氏の記念館に来ることができて、大満足です。伊丹氏の多様な才能に改めて感激しました。特に絵のすばらしさに驚きました。

---

東京都よりご来館

PHOTO

永年の願いがかなってやっと見学しました。よかった!!の一言です。

---

岡山県よりご来館

PHOTO

主人と二人初めて来させてもらいました。高校時代、伊丹十三さんの本を通学電車の中で読ませていただき、その後、映画も大好きになったので、本当に楽しみでした。何だかすぐそこで本当に、ほほ笑んでおられる様であたたかな気持ちになりました。主人は記念館に入る前のベントレーの前で、すでに動けなくなっていました。ありがとうございました。

---

東京都よりご来館

PHOTO

とても落ち着く空間であたたかい気持ちになりました。

また松山を訪れた際には、立ち寄りたい場所です。

---

愛媛県・宇和島市よりご来館

PHOTO

宮本館長さんに入口で「いらっしゃいませ」とお声をかけていただいて感激しました。旅をテーマにした企画展示、素晴らしく感動しました。今日は2回目でしたが、また参りたいと思っています。

---

兵庫県よりご来館

PHOTO

映画監督としての伊丹さんしか知らなかったけれど、亡くなられて、そして宮本さんを通して、より偉大な人である事が感じられた。本当に自由に生きられた方の様に思います。何事にも一生懸命されたその生き方に感動をいたします。またぜひ足をはこびたいと思います。ありがとうございました。

---

愛媛県・松山市よりご来館

PHOTO

近くに住んでおり、今日は宮本さんがいらっしゃるというのでやって参りました。改めて、伊丹十三さんの見識の深さと広さに感じ入りました。宮本さんとショットを撮らせていただけるなんて、とても幸せです。ありがとうございました。

---

愛媛県・松山市よりご来館

PHOTO

伊丹十三の絵がとても上手で驚きました。色々な才能に恵まれていた人だったんだと知ることができ、展示されている作品も

とてもおもしろかったです。

---

奈良県よりご来館

PHOTO

高校生の頃『ヨーロッパ退屈日記』で伊丹十三と出会った。それ以来、彼は私の「僕の好きなおじさん」であり続けた。大学に入り、岸田 秀を読み始めた。その2人が出会い、共に仕事をしてゆく、自分の好みの2人が合体することに夢中になった。あれから30年。ようやくここに来れた。

---

京都府よりご来館

PHOTO

伊丹十三記念館は、言葉の力で不思議に元気を与えてもらえる十三哲学館だ。

---